藤枝静男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤枝 静男(ふじえだ しずお、1907年12月20日 - 1993年4月16日)は、日本の作家眼科医。本名勝見次郎。本人の言の通り、簡潔で硬質な力強い文体と自他を隔てず冷徹な観察眼において志賀直哉の影響を受けており、「心境小説」を幻想に推し進め、私小説の形をとりながら虚実のあわいに遊ぶような作品が多い。

静岡県藤枝出身。成蹊学園から名古屋旧制第八高等学校を経て1936年に千葉医科大学(現在の千葉大学医学部)を卒業。勤務医生活ののち独立し1950年から浜松市で眼科医院を営む傍ら、志賀直哉瀧井孝作の影響を受けて小説を書き続けた。1968年『空気頭』で芸術選奨文部大臣賞、1974年『愛国者たち』で平林たい子文学賞、1976年『田紳有楽』で谷崎潤一郎賞、1979年には『悲しいだけ』で野間文芸賞を受賞。

藤枝市では、毎年4月の命日に同市五十海の岳叟寺にて、藤枝静男墓前祭「雄老忌」を開催している。藤枝市出身の作家小川国夫が命名したものである。

2007年には、藤枝静男や小川国夫などの文学世界を展示紹介する藤枝市文学館が、市民憩いの場所蓮華寺池公園の郷土博物館に接続する形で開設された。

略歴[編集]

  • 1993年 4月16日 死亡。85歳。戒名藤翁静誉居士。墓は静岡県藤枝市五十海(いかるみ)4-8-14 岳叟寺
  • 2007年 藤枝市文学館開設。

作品[編集]

小説[編集]

  • 『犬の血』1957年6月・文藝春秋新社
    • 犬の血(『近代文学』1956年12月)
    • 瘦我慢の説(『近代文学』1955年11月)
    • 文平と卓と僕(『近代文学』1953年1月)
    • 龍の昇天と河童の墜落(『近代文学』1950年8月)
    • 家族歴(『近代文学』1949年12月)
    • イペリット眼(『近代文学』1949年3月)
    • 路(『近代文学』1947年9月)※処女作
  • 『凶徒津田三蔵』1961年5月・講談社/1979年4月・同文庫
    • 凶徒津田三蔵(『群像』1961年2月)
    • 阿井さん(『新日本文学』1958年3月)
    • 明かるい場所(『群像』1953年8月)
  • 『ヤゴの分際』1963年9月・講談社(※―再録)
    • 雄飛号来たる(『文藝春秋』1957年7月)
    • 家族歴(『近代文学』1949年12月)※
    • 春の水(『群像』1962年4月)
    • 文平と卓と僕(『近代文学』1953年1月)※
    • 路(『近代文学』1947年9月)※
    • ヤゴの分際(『近代文学』1947年9月)
  • 『壜の中の水』1965年7月・講談社
    • わが先生のひとり(『群像』1964年11月)
    • 鷹のいる村(『群像』1964年4月)
    • 壜の中の水(『展望』1965年4月)
    • 掌中果(『群像』1957年7月)
    • 魁生老人(『群像』1965年6月)
  • 『空気頭』1967年10月・講談社/1973年2月・『欣求浄土』との合本で同文庫/1990年6月・「空気頭」のみ『田紳有楽』との合本で同文芸文庫
    • 硝酸銀(『群像』1966年2月号)
    • 一家団欒(『群像』1966年9月号)※のち『欣求浄土』に連作の一篇として再録
    • 冬の虹(『群像』1967年4月号)
    • 空気頭(『群像』1967年8月号)
  • 『欣求浄土』1970年8月・講談社/1973年2月・『空気頭』との合本で同文庫/1988年12月・『悲しいだけ』との合本で同文芸文庫
    • 欣求浄土(『群像』1968年4月)
    • 土中の庭(『展望』1970年5月)
    • 沼と洞穴(『文藝』1968年8月)
    • 木と虫と山(『展望』1968年5月)
    • 天女御座(『季刊芸術』1968年夏季号)
    • 厭離穢土(『新潮』1969年2月)
    • 一家団欒(『群像』1966年9月号)
  • 『或る年の冬 ある年の夏』1971年10月・講談社/1993年11月・同文芸文庫
    • 或る年の冬(『群像』1969年4月)
    • ある年の夏(『群像』1970年3月)
    • 怠惰な男(『群像』1971年8月)
  • 『愛国者たち』1973年11月・講談社
    • 愛国者たち(『群像』1972年8月)
    • 孫引き一つ(『季刊芸術』1973年春季号)
    • 接吻(『文藝』1970年11月)
    • 山川草木(『群像』1972年12月)
    • 風景小説(『文藝』1973年1月)
    • 私々小説(『すばる』1973年6月)
    • キエフの海(『文學界』1971年3月)
    • 老友(『群像』)
  • 『異床同夢』1975年8月・河出書房新社
    • 武井衛生二等兵の証言(『文藝』1972年9月号)
    • 異床同夢(『文藝』1974年4月号)
    • 盆切り(『文藝』1973年10月号)
    • 一枚の油絵(『文藝』1975年1月号)
    • しもやけ・あかぎれ・ひび・飛行機(『季刊芸術』1975年春季号)
    • 疎遠の友(『季刊芸術』1973年秋季号)
    • 聖ヨハネ教会堂(『海』1974年7月号)
    • プラハの案内人(『新潮』1975年1月号)
  • 『田紳有楽』1976年5月・講談社/1978年11月・同文庫/1990年6月・『空気頭』との合本で同文芸文庫
    • 『群像』1974年1月号・7月号・75年4月号・76年2月号分に加筆
  • 『悲しいだけ』1979年2月・講談社/1988年12月・『欣求浄土』との合本で同文芸文庫
    • 滝とビンズル(『文藝』1976年5月号)
    • 在らざるにあらず(『群像』1976年8月号)
    • 出てこい(『群像』1976年10月号)
    • 雛祭り(『海』1977年8月号)
    • 悲しいだけ(『群像』1977年10月号)
    • 庭の生きものたち(『群像』1977年11月号)
    • 雉鳩帰る(『群像』1978年4月号)
    • 半僧坊(『文体』1978年夏季号)
  • 『虚懐』1983年2月・講談社
    • みな生きものみな死にもの(『群像』1979年2月号)
    • ゼンマイ人間(『群像』1980年1月号)
    • やっぱり駄目(『群像』1980年11月号)
    • 二ハ二(『群像』1981年3月号)
    • みんな泡(『群像』1981年12月号)
    • 黒い石(『海燕』1982年1月・創刊号)
    • 人間抜き(『海』1982年1月号)
    • 虚懐(『群像』1982年9月号)
    • またもや近火(『群像』1982年10月号)
  • 『今ここ』1996年5月・講談社 ※前半部分が遺漏短篇
    • Tさん(『三田文学』1948年6月号)
    • 一日―昭和三年―(同上)
    • ハムスターの仔(『群像』1983年4月号)
    • 武蔵川谷右ヱ門・ユーカリ・等々(『群像』1984年6月号)
    • 老いたる私小説家の私倍増小説(『文學界』1985年5月)
    • 今ここ(『群像』1985年9月号)

随筆[編集]

  • 『落第免状』1968年10月・講談社
  • 『寓目愚談』1972年9月・講談社
  • 『小感軽談』1975年7月・筑摩書房
  • 『茫界偏視』1978年11月・講談社
  • 『石心桃夭』1981年10月・講談社
  • 『今ここ』1996年5月・講談社 ※後半部分が遺漏エッセイに当たる
全集
  • 藤枝静男著作集(講談社 1977年 全6巻)

※『欣求浄土』までのほぼ全作品とエッセイを網羅。また「空気頭」の初稿を収めている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第31回-第40回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]