宇波彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宇波 彰(うなみ あきら、1933年1月 - )は、日本の哲学者、文芸・芸術評論家。明治学院大学名誉教授。

来歴[編集]

静岡県浜松市生まれ。東京大学仏文科卒業、同大学院哲学科修士課程修了。埼玉県立川越高校、同所沢高校等の教諭をしながら、雑誌等に評論を発表するほか、フランス現代思想の翻訳を数多く上梓する。1990年明治学院大学文学部教授。2001年定年退職、札幌大学教授。2005年退職。

著書[編集]

  • 言語論の思想と展開 三一書房 1972
  • 引用の想像力 冬樹社 1979
  • 批評する機械 ナツメ社 1980
  • 記号のエコロジー 青土社 1983 (「記号論の思想」として講談社学術文庫 1995)
  • 批評のパトロジー 差異・分裂・引用 青土社 1986
  • メドゥーサの眼 写真の社会学 青弓社 1986
  • 同時代の建築 八人の建築家たち 青土社 1988
  • 反市民の文学 対話的批評を求めて 白地社 1991
  • 引用の想像力 冬樹社 1991
  • 誘惑するオブジェ 時代精神としてのデザイン 紀伊国屋書店 1991
  • 誘惑するメディア 同時代を読む哲学 自由国民社 1994
  • 映像化する現代 ことばと映像の記号論 ジャストシステム 1996
  • デザインのエートス <人>と<物>のアイデンティティをめぐって 大村書店 1998
  • 力としての現代思想 崇高から不気味なものへ 論創社 2002 (増補新版 2007)
  • 旅に出て世界を考える 論創社 2004
  • 記号的理性批判 批判的知性の構築に向けて 御茶の水書房 2007
  • 書評の思想 論創社 2009.5

翻訳[編集]

  • 象徴の想像力 G.デュラン せりか書房 1970
  • 言語表現と象徴 エドモン・オルティグ せりか書房 1970
  • 言語表現の哲学 クロード・ピゲ せりか書房 1972
  • 儀礼 タブー・呪術・聖なるもの J.カズヌーヴ 三一書房 1973
  • ベルクソンの哲学 ジル・ドゥルーズ 法政大学出版局 1974
  • プルーストとシーニュ 文学機械としての『失なわれた時を求めて』 ジル・ドゥルーズ 法政大学出版局 1974
  • 構造主義とマルクス主義 アンリ・ルフェーブル, アンドレ・マルチネ他 福村出版 1974
  • 心理学とマルクス主義 ジャン・ピアジェ, ポール・リクール他 福村出版 1974
  • 科学論とマルクス主義 ジャック・モノー 福村出版 1975
  • プロデメの変貌 フランスのコミューン エドガール・モラン 法政大学出版局 1975
  • 自己批評 スターリニズムと知識人 エドガール・モラン 法政大学出版局 1976
  • カフカ マイナー文学のために ジル・ドゥルーズ, フェリックス・ガタリ 岩田行一共訳 法政大学出版局 1978
  • 時代精神 1-2 エドガール・モラン 法政大学出版局 1979-82
  • 物の体系 記号の消費 ジャン・ボードリヤール 法政大学出版局 1980
  • 生産の鏡 ジャン・ボードリヤール 今村仁司共訳 法政大学出版局 1981
  • 文化としての時間 エドワード・T.ホール ティビーエス・ブリタニカ 1983
  • 写真と人間 社会学=心理学的考察 ジャン・A.ケイム ありな書房 1983
  • 誘惑の戦略 ジャン・ボードリヤール 法政大学出版局 1985
  • 大衆プロパガンダ映画の誕生 ドイツ映画『ヒトラー青年クヴェックス』の分析 グレゴリー・ベイトソン 平井正共訳 御茶の水書房 1986
  • 意味の論理学 ジル・ドゥルーズ 岡田弘共訳 法政大学出版局 1987
  • 哲学の救済 ジャン・フランソワ・スクリュプチャク他 青弓社 1987
  • 象徴の想像力 ジルベール・デュラン せりか書房 1990
  • 家族に介入する社会 近代家族と国家の管理装置 ジャック・ドンズロ 新曜社 1991
  • 精神のエネルギー H.ベルクソン 第三文明社(レグルス文庫) 1992
  • 分裂分析的地図作成法 フェリックス・ガタリ 吉沢順共訳 紀伊國屋書店 1998
  • 思考と運動 H.ベルクソン 第三文明社(レグルス文庫) 2000
  • カルチュラル・アイデンティティの諸問題 誰がアイデンティティを必要とするのか? スチュアート・ホール, ポール・ドゥ・ゲイ 大村書店 2001
  • 世界を変えた、ちょっと難しい20の哲学 フランソワ・ダゴニェ PHP研究所 2006

外部リンク[編集]