悲観主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
このグラスには水があと半分も入っているか、それとも半分しか入っていないか、どう答えるかという質問に対して、楽観主義者は「半分も水が入っている」 と選ぶが、悲観主義者は「半分しか入っていない」という解答をする。

悲観主義(ひかんしゅぎ)とは、ペシミズム(pessimism)の訳語の一つ。厭世観(えんせいかん)とも言う。語源はラテン語で最悪のものを意味する pessimum に由来する。

元来は哲学の分野で用いられる語で、この世界は悪と悲惨に満ちたものだという人生観をさす。反対語は楽天主義(オプティミズム)である。ジャコモ・レオパルディの世界観と世界は盲目的な意志によって動かされているとするショーペンハウアーの思想が悲観主義の代表である。ショーペンハウアーの悲観主義は、『強さのぺシミズム』を説いた『悲劇の誕生』におけるフリードリヒ・ニーチェグスタフ・マーラー交響曲大地の歌』、エミール・シオランの思想に影響を与えた。

ショーペンハウアーは楽天主義的な予定調和説を説いたゴットフリート・ライプニッツ充足理由律を発展させて、独自の主意主義的悲観主義を構築した。華厳の滝に身を投じた藤村操もその死に臨んで記した『厳頭の観』を「大いなる悲観は大いなる楽観に一致するを」と締め括っていた。

悲観主義はしばしばうつ状態に伴って現れ、自分自身・世界・将来についての悲観的考えが支配的となる。認知療法では、患者の悲観的考えを同定しその妥当性を再検討することを治療技法として行う。また、アドレリアンは子供の発達において励ましが不可欠であることを説き、不用意な批判がペシミズムを招き、発達を阻害することの危険性を説いている。

古代、ヘラクレイトス、ソフィスト、ディオゲネスなどの思想に、その萌芽がみられる。また、作家のジュール・ヴェルヌの作品にもその傾向が見られる。

執筆の途中です この「悲観主義」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。