バイエルン国立歌劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン国立歌劇場

バイエルン国立歌劇場(バイエルンこくりつかげきじょう、Bayerische Staatsoper)は、ドイツバイエルン州ミュンヘンにある歌劇場。実際の運営はバイエルン州とミュンヘンの補助金が大半を占めていることからバイエルン州立歌劇場とも呼ばれるが、日本では昔から「国立歌劇場」の名称で紹介されて広く知られている。ちなみに、ドイツの州立歌劇場はこれに限らず国立歌劇場と訳されることが多い。起源がバイエルン選帝侯国の宮廷劇場にある(17世紀に選帝侯妃ヘンリエッテ・アーデルハイトが設立した歌劇団を嚆矢とする)ことや、各州が首相以下の政府を擁して強い自治権を持つことから、「国立歌劇場」で間違いではないとする意見もある。

概要[編集]

ドイツを代表する歌劇場の一つであり、ブルーノ・ワルターハンス・クナッパーツブッシュゲオルク・ショルティ、ヨーゼフ・カイルベルトなどが音楽監督を務めてきた。特に1970年代から80年代にかけてのヴォルフガング・サヴァリッシュ時代は、常連のカルロス・クライバーらとともに全盛期を築き、活発な録音録画や訪日公演などで日本でも広く親しまれた。クライバーはここの管弦楽団に強い信頼を寄せ、しばしばオペラ以外にコンサートを開催。映像や録音も残されている。現在、音楽監督はケント・ナガノが務めている。なお、短期間のフリッチャイ時代を除いては、一貫してドイツ(オーストリア)人音楽監督を据え続けてきた(ショルティも当時はドイツ国籍)が、1998年以降はこの伝統は絶えている。

歴代音楽総監督[編集]

歴史[編集]

バイエルン国立歌劇場
この間、戦争により公演が中止される。
  • 1958年 キュリヴィエ劇場が再建
  • 1963年 ナツィオナール・テアーターが再開

来日公演[編集]

  • 2006年9月24日-10月9日、2011年9月23日-10月10日(予定)[2]

出典[編集]

  1. ^ 公式サイトの「GESCHICHTE」
  2. ^ 独歌劇場の80人、日本公演拒否(ロイター通信2011年9月17日)同日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度8分24.3秒 東経11度34分43.4秒