マリア・ブラウンの結婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ブラウンの結婚
Die Ehe der Maria Braun
監督 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
脚本 ペーター・メルテシャイマー
ペア・フレーリッヒ
出演者 ハンナ・シグラ
音楽 ペール・ラーベン
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーー
ユリアーネ・ローレンツ
配給 フランス映画社
公開 西ドイツの旗 1979年2月20日BIFF
日本の旗 1980年2月2日
上映時間 120分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 DEM 1,975,000
テンプレートを表示

マリア・ブラウンの結婚』(: Die Ehe der Maria Braun: The Marriage of Maria Braun)は、1979年に制作された西ドイツ映画。この作品と1981年の『ローラ』、1982年の『ベロニカ・フォスのあこがれ』の3本でファスビンダーの「西ドイツ三部作」とも呼ばれている。

キャスト[編集]

  • ハンナ・シグラ:マリア・ブラウン
  • クラウス・レーヴィッチェ:ヘルマン・ブラウン
  • イヴァン・デニ:カール・オズワルド
  • エリザベト・トリッセナー:ベティ
  • ゴットフリート・ヨーン:ウィリー
  • ビル:ジョージ・バード
  • クラウス・ホルム:医師

ストーリー[編集]

第二次世界大戦後期、混乱するベルリンでマリアとヘルマンは略式の結婚式を上げた。しかし半日と一夜を共に過ごした後、ヘルマンは戦場へと向かってしまう。

戦争が終わり、マリアは友人のベティと共にそれぞれの夫を探しに行く。ベティの夫ウィリーは無事に戻ってくるが、しかしヘルマンは戦死したと告げられる。

評価[編集]

外部リンク[編集]