ウディ・アレンの重罪と軽罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウディ・アレンの重罪と軽罪
Crimes and Misdemeanors
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 ロバート・グリーンハット
製作総指揮 ジャック・ローリンズ
チャールズ・H・ジョフィ
出演者 マーティン・ランドー
ウディ・アレン
ミア・ファロー
アンジェリカ・ヒューストン
音楽 フランツ・シューベルト
撮影 スヴェン・ニクヴィスト
編集 スーザン・E・モース
配給 オライオン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年10月13日
日本の旗 1990年4月6日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ウディ・アレンの重罪と軽罪』(原題: Crimes and Misdemeanors)は、1989年に公開された、ウディ・アレン監督、脚本、主演のアメリカ映画

あらすじ[編集]

記録映画の監督である冴えない男とリッチな眼科医の話が同時進行で進んでゆく。映画監督はある哲学者の講義を映画に収めているが、私生活では妻との関係も冷えており、実妹がデートで恋人に変態行為を迫られたりもして、暗い気持ちが晴れない。一方、眼科医は仕事は順調、家族とも円満だが、不倫相手に関係をばらされそうになって、裏社会に身を落とした弟にヒットマンを依頼する。そして事態は思わぬ展開に…。ラストには、報われない映画監督と、悪事に手を汚しながらも順風満帆の眼科医が出会い、自らの人生を語り合う。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

  • ウォルドルフ=アストリア
  • 今夜、宇宙の片隅で』:三谷幸喜の脚本によるテレビドラマ。最終回の、酒場で主人公の西村雅彦とある老紳士(安井昌二)が語り合うシーンは、本作からの影響が見られる。ただ、本作は「映画のようなラスト」が嘲笑されるバッドエンドという趣であるが、三谷はそれを反転させて「映画のようなラスト」について語るハッピーエンドにした。

外部リンク[編集]