カイロの紫のバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイロの紫のバラ
The Purple Rose of Cairo
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 ロバート・グリーンハット
製作総指揮 ジャック・ローリンズ
チャールズ・H・ジョフィ
出演者 ミア・ファロー
ジェフ・ダニエルズ
ダニー・アイエロ
音楽 ディック・ハイマン
撮影 ゴードン・ウィリス
編集 スーザン・E・モース
配給 オライオン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年3月1日
日本の旗 1986年4月26日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000
興行収入 $10,631,333[1]
テンプレートを表示

カイロの紫のバラ』(The Purple Rose of Cairo)は、1985年アメリカ映画。監督はウディ・アレン

あらすじ[編集]

舞台は1930年代のニュージャージー州。妻のセシリア(ミア・ファロー)はウェイトレスをして、失業中の夫モンク(ダニー・アイエロ)との生活を支えている。惨めな生活とモンクとの愛のない結婚から逃れるため、セシリアは映画館に通っているのだが、今上映されている「カイロの紫のバラ」という映画に彼女は夢中になっているのだった。「カイロの紫のバラ」の登場人物トムと、トム役を演じる俳優のギルの二役をジェフ・ダニエルズが演じている。トムは第四の壁を破り、白黒のスクリーンからカラフルな現実の世界へ現れる。「カイロの紫のバラ」の監督はトムが映画から逃げたのに気づき、ギルとともに事件が起こっているニュージャージーの映画館にやってくる。この映画はトムとギル、セシリアを巻き込んだ普通ではない三角関係を描いている。エンディングでは、ギルがセシリアを見捨てハリウッドに戻ってしまう。これまで恋人も仕事も家庭も持てなかったセシリアは、映画館の席について『トップ・ハット』のフレッド・アステアジンジャー・ロジャースのダンスを見つめている。自分の悲惨な状況を忘れ、映画に夢中になっているセシリアを映し映画は終わる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
セシリア ミア・ファロー 高島雅羅
トム・バクスター / ギル・シェパード ジェフ・ダニエルズ 富山敬
モンク ダニー・アイエロ 島香裕
ヘンリー エドワード・ハーマン
ジェイソン ジョン・ウッド
リタ デボラ・ラッシュ
伯爵夫人 ゾーイ・コールドウェル
ラリー・ワイルド ヴァン・ジョンソン
キティ・ハインズ カレン・エイカーズ
ドネリー神父 ミロ・オーシャ
エマ ダイアン・ウィースト
映画館の客 ジョージ・マーティン

トム・バクスター / ギル・シェパードには、当初は、アレンが出演作を気に入っていたマイケル・キートンがキャスティングされていた。アレンの監督作品ならと、割安な出演料で出演を引き受けたキートンだったが、後にアレンは、キートンがあまりにも現代的で、時代性を帯びた役に据えるのは難しいと思い始めた。10日間にわたって撮影を行なった末に、両者は友好的な合意の上で仕事を打ち切ることにし、キートンの代わりにダニエルズがこの役に据えられた[2]

撮影現場[編集]

トムとセシリアのシーンの多くはバートランドアイランド・アミューズメントパークで撮影されている。この施設は映画製作の前に閉鎖されていた。ニュージャージー州サウス・アムボイのラリタン・ディナーでも撮影された。

受賞[編集]

本作は英国アカデミー賞セザール賞最優秀外国映画賞を受賞した。また『タイム』の「ALL-TIME 100 best films」にも選ばれた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]