人生万歳!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人生万歳!
Whatever Works
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 レッティ・アロンソン
スティーヴン・テネンバウム
製作総指揮 ブラヒム・シウア
ヴァンサン・マラヴァル
撮影 ハリス・サヴィデス
編集 アリサ・レプセルター
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年4月22日
(トライベッカ映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2009年6月19日 (限定)
日本の旗 2010年12月11日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 $35,097,815[2]
テンプレートを表示

人生万歳!』(Whatever Works)は、2009年アメリカ映画である。ウディ・アレン監督の長編映画第40作目であり、『メリンダとメリンダ』以来となるニューヨークを舞台としたコメディ映画である。

ストーリー[編集]

いきなり中年男たちが神を議論していてボリスは「宗教をビジネスにしているのがおかしい、人は本的に善であるという間違った前提に立っている」とまくし立てる。「彼らに言えよ」と言われ、『闇の奥』でカーツ大佐は「恐怖だ!」といった話などを交えながら観客に話しかける[3]。ボリスは、かつてはノーベル賞物理学賞候補になりながら「政治」で取れなかったという。コロンビア大学弦理論を教えていたというが、落ちぶれている。へ理屈で妻と離婚後も問題ばかり起こしている。前の妻と喧嘩して窓から飛び降りるが自殺未遂で足を引きずる。

ある夜、アパートに帰ろうとしたボリスは、ミシシッピの家から逃げてきた若い女性、メロディに「何か食べさせて」と声をかけられる。気の毒に思ったボリスは数晩だけという約束で泊めてやることにする。ボリスは「ハッピーバースデートゥーユー」を2度歌えば細菌を洗い流せると信じている。世間知らずのメロディは婚前交渉して罪を犯したとか、暗闇恐怖症で「深淵(アビス)を見た」といわれて「その映画見てないわ」などとボケ満載。冴えないボリスとNY観光したり1ヶ月も暮らすうちに、彼こそ運命の人だと勘違いして結婚しようという。ボリスは「尺取り虫の脳の娘が好きだと?」「私なりのピグマリオンだ」と観客に訴える。犬の散歩のアルバイトで出会った男とデート。頭が悪いといってボリスと結婚。

1年後。ベートーベンの「運命」を聞いている時にドアを叩く音。愛する娘の後を追ってメロディの母親が夫が女と逃げて家も売ったといってNYに来る。最初は観光や日本映画祭を楽しむが、ボリスの友人が写真を誉めて「性的倒錯」と「人間の自由」を表現した芸術家になって別の友人とも三角関係になる。母親は意中のランディと娘をユニクロで会うようしむける。父親が現れ、当然振られ、やけ酒を飲んでいるとゲイと出会い、同棲を始まる。メロディは別れ話を持ち出されたボリスは2度目の自殺をするが、占い師の上に落ち、助かる。

大晦日の夜にみんなが集まり、ボリスは大勢に見られているぞ、というが誰も信じず、「ほら、全体像が見えるのは僕だけだ」。


キャスト[編集]

ボリス・イェルニコフ - ラリー・デヴィッド
偏屈な初老の物理学者。かつてはノーベル賞候補にもなったが、今は落ちぶれている。
メロディ・セント・アン・セレスティン - エヴァン・レイチェル・ウッド
南部の田舎町から家出して来た少女。ボリスに恋をする。
マリエッタ・セレスティン - パトリシア・クラークソン
メロディの母。保守的な女性だったが、ニューヨークで写真家として成功し、奔放な生活を送るようになる。
ランディ・リー・ジェイムズ - ヘンリー・カヴィル
俳優の卵。マリエッタがメロディの相手として気に入り、何かと手引きをする。
ジョー - マイケル・マッキーン
ボリスの友人。
レオ・ブロックマン - コンリース・ヒル
ボリスの友人。マリエッタの恋人となり、彼女の写真家としての才能を見出す。
アル・モーゲンスターン - オレク・クルパ
レオのビジネスパートナー。マリエッタの恋人となり、レオと3人で暮らすようになる。
ジョン・セレスティン - エド・ベグリー・Jr
メロディの父。妻の親友と不倫して家を出るが、捨てられて戻ってくる。保守的な男だったがニューヨークで本来の自分に目覚める。
ハワード・カミングス(カミンスキー) - クリストファー・エヴァン・ウェルチ
ジョンがバーで出会ったゲイの男。パートナーと別れて傷心だったがジョンと意気投合する。
ジェシカ - キャロリン・マコーミック
ヘレナ - ジェシカ・ヘクト
ボリスが自殺しようと飛び降りた下にいて大怪我をした女性。これをきっかけにボリスの恋人になる。
ペリー - ジョン・ギャラガー・Jr
メロディに惹かれてデートをするが、メロディにボリスの魅力を気付かせるだけに終わる。

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは、50%(151名中75名)の評論家が本作に肯定的な評価を下し、また平均点は10点満点で5.4点となった[4]

脚注[編集]

  1. ^ Whatever Works (2009) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年3月23日閲覧。
  2. ^ Whatever Works (2009)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月23日閲覧。
  3. ^ 観客を巻き込む「メタフィクション映画」の手法はアレン監督の『カイロの紫のバラ』にもある。
  4. ^ Buried Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster, Inc.. 2010年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]