第82回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第82回アカデミー賞
開催日 2010年3月7日
会場 コダック・シアター
プレショー ジェス・ケイグル
キャシー・アイアランド
シェリー・シェパード英語版[1]
司会 アレック・ボールドウィン
スティーヴ・マーティン[2]
プロデューサー ビル・メカニック英語版
アダム・シャンクマン[3]
ディレクター ハミッシュ・ハミルトン英語版[4]
ハイライト
作品賞 ハート・ロッカー
最多部門受賞 『ハート・ロッカー』(6)
最多部門
ノミネート
アバター』/『ハート・ロッカー』(9)
TV放映
放送局 ABC
開催時間 3時間37分[5]
視聴率 4162万人
24.89%(ニールセン調査)[6]
 < 第81回 アカデミー賞 第83回 > 

第82回アカデミー賞の授賞式は映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、2009年の映画を対象としており、2010年3月7日にロサンゼルス市ハリウッドコダック・シアターで午後5時30分(PST)より開始された。授賞式は例年は2月下旬に行われていたが、今回はバンクーバーオリンピックとの競合を避けるために3月開催となった[7]。アメリカ合衆国ではABCによって放送され、プロデューサーはビル・メカニック英語版アダム・シャンクマン、司会はアレック・ボールドウィンスティーヴ・マーティンが務めた。マーティンは第73回第75回以来3度目、ボールドウィンは初めての司会起用となった。また、複数の司会者が起用されたのは第59回以来であった[8]

2009年6月24日、アカデミー会長のシド・ギャニス英語版は授賞式への関心をより集めるため作品賞のノミネート枠を5作品から10作品へ拡大することを発表した[9]。ノミネート枠が10作品となるのは第16回以来のことである。2010年2月20日、カリフォルニア州ビバリーヒルズビバリー・ウィルシャー・ホテル英語版エリザベス・バンクス司会によりアカデミー技術貢献賞英語版の授賞式が行われた[10]

最多受賞作品は『ハート・ロッカー』であり、作品賞監督賞を含む6部門を受賞した。同作によりキャスリン・ビグローは監督賞を受賞した史上初の女性となった[11][12]。この他に『アバター』が3部門、『クレイジー・ハート』と『プレシャス』、『カールじいさんの空飛ぶ家』がそれぞれ2部門、『ザ・コーヴ』、『イングロリアス・バスターズ』、『しあわせの隠れ場所』、『ロゴラマ』、『Music by Prudence』、『The New Tenants』、『瞳の奥の秘密』、『スター・トレック』、『ヴィクトリア女王 世紀の愛』がそれぞれ1部門で受賞を果たした。北米では約4200万人の視聴者を獲得したが、これは第77回以来の高数値であった。

ノミネートと受賞[編集]

第82回アカデミー賞のノミネートは2010年2月2日の午前5時38分(PST)にカリフォルニア州ビバリーヒルズサミュエル・ゴールドウィン・シアター英語版でアカデミー会長のトム・シェラックと女優のアン・ハサウェイによって発表された[13]。最多ノミネートは『アバター』と『ハート・ロッカー』の9個であった[14]

授賞式は2010年3月7日に行われた[15][16]キャスリン・ビグローは監督賞を受賞した史上初の女性となった[17]。『カールじいさんの空飛ぶ家』は1991年の『美女と野獣』以来史上2作目の作品賞ノミネートを果たしたアニメ映画となった[14]。脚色賞を受賞したジェフリー・S・フレッチャー英語版はアフリカ系アメリカ人としては史上初の脚本賞受賞者となった[18]

一覧[編集]

太字は受賞である[19]

また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考にする。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。
監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー
主演男優賞を受賞したジェフ・ブリッジス
主演女優賞を受賞したサンドラ・ブロック
助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツ
助演女優賞を受賞したモニーク
脚本賞を受賞したマーク・ボール
長編アニメ映画賞を受賞したピーター・ドクター
長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したフィッシャー・スティーヴンス
録音賞を受賞したレイ・ベケット英語版
衣裳デザイン賞を受賞したサンディ・パウエル
編集賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
長編アニメ映画賞 外国語映画賞英語版
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編映画賞 短編アニメ賞
  • The New Tenants - Joachim BackTivi Magnusson
    • The Door - Juanita Wilson、James Flynn
    • Instead of Abracadabra - Patrik Eklund、Mathias Fjellström
    • Kavi - Gregg Helvey
    • Miracle Fish - Luke Doolan、Drew Bailey
作曲賞 歌曲賞
音響編集賞 録音賞
美術賞 撮影賞
メイクアップ賞 衣裳デザイン賞
編集賞 視覚効果賞

特別賞[編集]

2009年11月14日に第1回ガヴァナーズ賞英語版が行われた[20][21][22]

アカデミー名誉賞[編集]

アービング・G・タルバーグ賞[編集]

複数ノミネート及び受賞作品[編集]

ノミネート数 作品
9 アバター
ハート・ロッカー
8
イングロリアス・バスターズ
6 プレシャス
マイレージ、マイライフ
5
カールじいさんの空飛ぶ家
4 第9地区
NINE
スター・トレック
3 17歳の肖像
クレイジー・ハート
プリンセスと魔法のキス
ヴィクトリア女王 世紀の愛
2 しあわせの隠れ場所
ファンタスティック Mr.FOX
インビクタス/負けざる者たち
Dr.パルナサスの鏡
終着駅 トルストイ最後の旅
メッセンジャー
シリアスマン
シャーロック・ホームズ
白いリボン
受賞数 作品
6
ハート・ロッカー
3
アバター
2 クレイジー・ハート
プレシャス
カールじいさんの空飛ぶ家

イン・メモリアル[編集]

『イン・メモリアル』トリビュートはチャック・ワークマン英語版がプロデュースし[23]、女優のデミ・ムーアがプレゼンターを務めた。トリビュートの際にジェームス・テイラービートルズの「イン・マイ・ライフ」を歌った[24]

参考文献[編集]

  1. ^ “ABC announces Oscar pre-show hosts”. USA Today (Gannett Company). (2010年3月1日). http://content.usatoday.com/communities/entertainment/post/2010/03/abc-announces-oscar-pre-show-hosts/1 2010年4月9日閲覧。 
  2. ^ Natalie Finn (2009年11月3日). “Alec Baldwin & Steve Martin Tapped for Oscar Duty”. E! Entertainment. http://www.eonline.com/uberblog/b152058_alec_baldwin_steve_martin_tapped_oscar.html 2009年11月4日閲覧。 
  3. ^ Bill Mechanic and Adam Shankman Named Oscar Telecast Producers”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (2009年10月20日). 2009年10月20日閲覧。
  4. ^ Rebecca Paiement (2009年11月20日). “Hamish Hamilton to direct 82nd Academy Awards”. AOL. http://www.aol.com.au/tv/story/Hamish-Hamilton-to-direct-82nd-Academy-Awards/2396725/index.html 2009年11月27日閲覧。 
  5. ^ Lowry, Brian (2010年3月9日). “The 82nd Annual Academy Awards”. Variety (PMC). http://www.variety.com/review/VE1117942363?refCatId=32 2010年3月9日閲覧。 
  6. ^ Kissell, Rick (2010年3月9日). “FOX tops ABC's big week”. Variety (PMC). http://www.variety.com/article/VR1118016263.html?categoryid=14&cs=1 2010年3月9日閲覧。 
  7. ^ Hedley, Caroline (2009年3月26日). “Oscars ceremony moved to prevent clash with Winter Olympics”. The Daily Telegraph (London: Telegraph Media Group). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/5052370/Oscars-ceremony-moved-to-prevent-clash-with-Winter-Olympics.html 2010年3月13日閲覧。 
  8. ^ Droganes, Constance (2010年2月1日). “Oscars try the buddy system for host this year”. CTV News (Bell Media). http://www.ctvnews.ca/oscars-try-the-buddy-system-for-host-this-year-1.478885 2010年2月7日閲覧。 
  9. ^ “82nd Academy Awards to Feature 10 Best Picture Nominees”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). (2009年6月24日). オリジナル2010年4月8日時点によるアーカイブ。. //web.archive.org/web/20100408200952/http://www.oscars.org/press/pressreleases/2009/20090624.html 2010年4月9日閲覧。 
  10. ^ O'Neil, Tom (2010年2月12日). “Elizabeth Banks to emcee sci-tech Oscars”. Los Angeles Times (Tribune Company). オリジナル2010年2月17日時点によるアーカイブ。. //web.archive.org/web/20100217030923/http://goldderby.latimes.com/awards_goldderby/2010/02/elizabeth-banks-to-emcee-scitech-oscars-.html 2010年3月4日閲覧。 
  11. ^ Marszalek, Keith I. (2010年3月7日). “The winners of the 82nd Annual Academy Awards”. The Times-Picayune (Advance Publications). http://www.nola.com/movies/index.ssf/2010/03/and_the_oscar_goes_to_2010_aca.html 2010年5月21日閲覧。 
  12. ^ King, Susan (2010年3月8日). “'Hurt Locker' wins best picture”. Los Angeles Times (Tribune Company). オリジナル2010年4月30日時点によるアーカイブ。. //web.archive.org/web/20100430000427/http://theenvelope.latimes.com/awards/oscars/env-oscar-show7-2010mar07,0,5076292.story 2010年5月6日閲覧。 
  13. ^ “Anne Hathaway to Join Academy President Tom Sherak for Oscar Nominations”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). (2010年1月26日). https://www.oscars.org/press/pressreleases/2010/20100126.html 2010年2月7日閲覧。 
  14. ^ a b Cieply, Michael (2010年2月2日). “‘Avatar’ and ‘Hurt Locker’ Lead the Oscar Field”. The New York Times (The New York Times Company). http://carpetbagger.blogs.nytimes.com/2010/02/02/avatar-and-hurt-locker-lead-the-oscar-field/?_r=0 2010年6月17日閲覧。 
  15. ^ Nominees & Winners for the 82nd Academy Awards”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. AMPAS. 2010年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月11日閲覧。
  16. ^ “List of Academy Award nominations”. CNN (CNN.com). (2010年2月2日). オリジナル2010年2月3日時点によるアーカイブ。. //web.archive.org/web/20100203183717/http://www.cnn.com/2010/SHOWBIZ/Movies/02/02/academy.award.nominations.list/index.html 2010年2月3日閲覧。 
  17. ^ Block, Sheri (March 7, 21010). “War drama 'The Hurt Locker' wins best picture Oscar”. CTV News (Bell Media). http://www.ctvnews.ca/war-drama-the-hurt-locker-wins-best-picture-oscar-1.489922 2010年5月21日閲覧。 
  18. ^ Johnson, Reed (2010年3月8日). “Kathryn Bigelow, Geoffrey Fletcher make Oscar history”. Los Angeles Times (Tribune Company). http://articles.latimes.com/2010/mar/08/entertainment/la-et-oscars-historic8-2010mar08 2010年8月29日閲覧。 
  19. ^ The 82nd Academy Awards (2010) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. AMPAS. 2011年11月10日閲覧。
  20. ^ Bacall, Calley, Corman, and Willis to Receive Academy's Governors Awards”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. AMPAS. 2010年10月8日閲覧。
  21. ^ Honorary Academy Awards - Oscar Statuette & Other Awards”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. AMPAS. 2010年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月6日閲覧。
  22. ^ Irving G. Thalberg Memorial Award - Oscar Statuette & Other Awards”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. AMPAS. 2010年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月6日閲覧。
  23. ^ Cohen, Sandy (2010年3月3日). “Oscar's In Memoriam segment is touching to watch, painful to make”. USA Today (Gannett Company). http://www.usatoday.com/life/movies/movieawards/oscars/2010-03-03-oscar-memorial-segment_N.htm 2010年3月8日閲覧。 
  24. ^ Brooks, Xan (2010年3月7日). “Oscars 2010 liveblog: the 82nd Academy Awards as it happened”. The Guardian (London: Guardian Media Group). オリジナル2010年3月9日時点によるアーカイブ。. //web.archive.org/web/20100309224442/http://www.guardian.co.uk/film/filmblog/2010/mar/07/oscars-2010-liveblog 2010年3月31日閲覧。 

外部リンク[編集]