美女と野獣 (アニメ映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美女と野獣
Beauty and the Beast
監督 ゲーリー・トゥルースデイル
カーク・ワイズ
脚本 リンダ・ウールヴァートン
製作 ドン・ハーン
製作総指揮 ハワード・アッシュマン
出演者 ペイジ・オハラ
ロビー・ベンソン
音楽 アラン・メンケン
編集 ジョン・カーナカン
配給 ブエナ・ビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年11月22日
香港の旗 1992年8月20日
日本の旗 1992年9月23日
イギリスの旗 1992年10月9日
フランスの旗 1992年10月21日
イタリアの旗 1992年12月2日
上映時間 劇場公開版:84分
アイマックス公開版:92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $377,350,553[1]
次作 美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント
テンプレートを表示

美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast)は、フランス民話美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。日本での公開は1992年9月23日。また、2002年にはIMAXシアター向けに同作品を作り直して上映、2010年にはディズニーデジタル3-D版が上映された。

概要[編集]

アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品(第64回)である(第82回アカデミー賞で「カールじいさんの空飛ぶ家」がノミネートされるまでは、この作品が唯一であった)。また、作曲賞歌曲賞を受賞した。

アメリカでは1992年10月30日にホームビデオが発売され、1週間で700万本、1ヶ月で1420万本という売上を記録し、当時1300万本余を販売していた『ファンタジア』を上回る当時の米国記録を達成した[2]

日本では1993年9月17日にブエナビスタジャパンからビデオが発売された。日本で初めて、セルビデオ(販売用ビデオテープ)のみで100万本を出荷した作品となった[3]。それまでの記録は『ファンタジア』の80万本(レーザーディスクを含めるとミリオンセラー)であった。本作の日本でのセルビデオ累計出荷本数は115万本[4]

2009年に『エンターテイメント・ウィークリー』誌が発表した「1983年以降に製作された恋愛映画の名作25本」では、第25位に選出された[5]

IMAX版では大画面の観覧に耐えるよう、細かい部分で書き足しなどを行っている。また最初の上映時には無かった「人間に戻りたい」などの家来たちの心情をアニメーション化するなど、一部シーンが追加されている。エンディングテロップもスクロールではなく、全面表示の切り替わりとなっており、IMAX向けに丁寧に作られていた。それらは後にDVD版として発売された。

ウォルト・ディズニー1950年代からこの作品をアニメ化する構想を練っていた。当時の構想は原作の民話やボーモン夫人の話に近いものだったが、最終的に頓挫している。

2010年には『ディズニーデジタル3D』としてオーストラリアやスペイン、日本(2010年10月9日公開)などで公開された。なお、3D版はアメリカでは2012年1月13日に公開されている。

ストーリー[編集]

森の奥にある城にとても傲慢な王子が住んでいた。ある日の夜、醜い老女が城を訪ね、一輪のバラをあげるかわりに城に一晩泊めてほしいと頼む。しかし王子はそれを断り、老女がもう一度頼んでも王子は聞く耳を持たず、追い返そうとした。するとその瞬間に老女は美しい魔女に変わり、優しい心を持たない王子と、王子をそのように育てた召使いたち、さらにその城全体に魔法をかけてしまう。そして王子は恐ろしい野獣の姿に、召使いたちは家財道具の姿になってしまった。魔女はどんな物をも映し出す魔法の鏡、そして初めに見せた一輪のバラの花を置き消えていった。そのバラの花びらが全部散るまでに、王子が人を愛し人に愛されるという「真実の愛」を見つけなければ、王子たちにかけられた魔法が解けることはない。

それから十年の歳月が流れた。とある街に住む発明家モーリスの娘・ベルは街一番の美貌の持ち主で、読書と空想が大好きな父親想いの娘だった。読書好きで夢見がちゆえに静かで平凡な街の暮らしに馴染めないベルは、街一番のハンサムで人気者だが乱暴で下品なうぬぼれ屋であるハンターのガストンの求婚にも辟易していた。

モーリスが発明大会に出かけた日、愛馬フィリップが父を乗せぬまま戻ってきたのを見たベルは、父に何かあったに違いないと考え、フィリップと共にモーリスとはぐれた森の奥地の城へとやってくる。フィリップとはぐれ、城に行き着き一夜の宿を頼んだモーリスは、城の主である野獣に不法侵入者として牢に捕らえられていたのだ。解放を願うベルが、父の解放と引き換えに自分が城に留まることを申し出ると、野獣はその条件を受け入れ、反対するモーリスを強制的に魔法の馬車に乗せ街へと追い返す。

こうして城に残ることになった失意のベルは、蝋燭のルミエール、置き時計のコグスワース、ポットのポット夫人ら、家財道具に変えられた城の召使たちの歓待を受け気を取り直すが、礼儀知らずで我がままな野獣の凶暴な振る舞いに耐えかね、城を飛び出してしまう。吹雪の中で野生の狼に襲われるが、すんでの所で駆けつけてきた野獣に救われる。その事件をきっかけに、ベルは醜く横暴な野獣の心の中に残る優しさに気づき、野獣も彼女の優しさに触れ、お互いに心を通わせるようになる。日々をともに過ごしていく中で野獣は徐々に人間らしい心を取り戻していき、ベルに想いを寄せるようになる。そしてベルもまた、野獣に惹かれていくのだった。

2人だけの舞踏会を開いた日の夜のこと、楽しさの中にも父のことを想い沈んだ表情を隠せないベルのために、野獣は魔法の鏡を与え、モーリスの姿を映し出させる。そこに映し出されたのは、病身のままベルを探し求めて森をさまよい、行き倒れそうになっているモーリスの姿だった。狼狽するベルの姿を見た野獣は、自分の中のベルへの愛情を自覚しつつ、愛するベルの気持ちを思いやり、ベルに魔法の鏡を与えた上で解放する。自分に対するベルの愛情を確かめられぬまま彼女を手放してしまえば、2度と呪いが解けないことを知りながら。

父を助け街に戻ってきたベルは、ガストンが自分の結婚を承諾させるためにモーリスを狂人として精神病院にいれようと企んでいることを知り、激しく彼を拒絶。モーリスの言うことが事実であることを証明するために魔法の鏡で野獣の姿を見せるが、嫉妬に駆られたガストンは野獣が恐ろしい存在であると街の人々に吹聴する。野獣を殺せと焚きつけて人々を扇動し、野獣への密告を防ぐためベルとモーリスを自宅の地下室に幽閉してしまう。ふたりは途方に暮れるが、城からベルの服のポケットに隠れてやってきたティーカップのチップの妙案により、脱出。野獣に城の襲撃を知らせるため、城へと引き返す。

城の召使たちはガストンたちの襲撃に気がつくが、ベルを失って絶望に塞ぐ野獣は自暴自棄になり、どうなっても構わないと投げやりに言い放つばかりだった。城と主人を守るべく、ルミエールの一計で本物の家財道具になりすました召使たちは一斉にガストンら侵入者たちに反撃を開始、撃退することに成功する。

騒ぎの中で独り、野獣の居場所を突き止めたガストンは背後から矢を放って奇襲し、野獣をバルコニーに追い詰めて徹底的に痛めつける。それでもなお、力なく倒れたまま野獣は動こうとしなかった。ガストンが止めを指すそうとした刹那、駆けつけてきたベルの声を耳にして生気を取り戻し、野獣はついに咆哮と共にガストンに反撃する。ついにガストンを追い詰め怒りと共にバルコニーから落とそうとした野獣だが、命乞いをする彼の姿を見て命を奪うことは思いとどまり、出て行けと言い放った。屋根を伝ってバルコニーに上り、ベルと念願の再会を果たした直後、背後からガストンが短剣を野獣の脇腹に突き立てた。ガストンはバランスを崩して落下して果てたが、野獣もまた、虫の息だった。途切れ途切れに愛と別れの言葉を口にし事切れた野獣の亡骸にすがり、ベルは涙を流しながら野獣への愛を告白するのだった。

悲しみの中、空から流星が振りそそぎ、野獣は光に包まれながら元の人間の王子だった頃の姿に戻った。ベルの愛の告白により、ついに野獣は愛し愛されることを学ぶ試練を乗り越え、自身と城にかけられた呪いから解き放たれたのだ。

こうして、城の召使たちと父モーリスの祝福の中、2人は結ばれ、末永く幸せに暮らすのだった。

登場キャラクター[編集]

詳細は各キャラクターの記事を参照。

ベル
物語のヒロイン。容姿も心ばせも美しい娘。読書が大好きで、町の人からは少々風変わりな娘だと思われている。父モーリスがビーストの城で捕らえられ、父の身代わりとして自分が城で暮らすことを決める。そして、短気で乱暴だが根は優しいビーストと次第に心を通わせ、結ばれる。「ベル」とはフランス語で「美しい」という意味。
野獣(ビースト)
人を見かけで判断し冷たく振舞う傲慢な性格ゆえに魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿となった王子。魔法のバラが全て散るまでに「真実の愛」を見つけなければ人間の姿に戻ることができない。絶望の内に日を送っていたが、ある日偶然捕えたモーリスの身代わりとなったベルと城で過ごす内に人間らしい感情と優しさを取り戻してゆき、最後はベルの愛によって呪いから解き放たれ彼女と結ばれる。イノシシ、クマ、オオカミなどの動物をあわせたデザインになっている。
ガストン
ハンサムで力持ちな町のリーダー的存在。本作のヴィランズ。狩りの名人で女性にも人気がある。一見陽気で気さくな性格だが内面は野獣そのもの。乱暴で教養は低く、ナルシストで傲慢な性格をしている。ベルの美貌に惚れ込んでいるが、ベルからはその性格の悪さから嫌われている。ベルを妻として我がものにしようと陰謀を巡らしベルと懇意にある野獣を殺すべく村人を扇動して野獣の城へ攻め込み野獣を亡き者しようとするが、塔から転落して死亡する。
ルミエール
城のウェイター頭で、呪いで燭台付きの蝋燭の姿になっている。ゲストのもてなしが得意。スマートで陽気、城の中に敷かれた規則を気にしない大らかな性格から几帳面で律儀な性格のコグスワースとは度々ぶつかっている。あせると蝋燭がとける。
コグスワース
城の執事で、呪いで時計の姿になっている。生真面目で口うるさい性格のためにこの姿になった。時計の針がくるくる回る。人間の姿ではを着用している。
ポット夫人
城のメイドで、呪いでポットの姿になっている。優しく温かい性格で、ベルには母親のように接する。
チップ
ポット夫人の子供。呪いでティーカップの姿になっている。ベルを好いていつも傍にいたがる。同じ姿の兄弟が何人もいるが、チップは縁が欠けている。
ミュージカル版ではカップの中にコーヒー豆がはいっている。
モーリス
ベルの年老いた父で発明家をしている。森でに襲われて道に迷い、辿り着いた野獣の城で暖を求めたが野獣に一蹴され、不法侵入の罪で牢屋に入れられてしまう。その後かけつけたベルが代わりに捕らえられたことで解放され、一方的に城から追い出されてしまう。
ル・フウ
ガストンの手下で、いつもガストンについて回って持て囃している小太りの男。茶目っ気がありどこか憎めないが、ガストンのためなら何でもすると豪語する。
フェザーダスター
城のメイドで、ルミエールの恋人。呪いで羽根ばたきの姿になっている。ラストでベルと人間の姿に戻った野獣がダンスをしているとき、ルミエールの目の前を通っていく。
ワードローブ
城の着付け係で、呪いで洋服ダンスの姿になっている。元の姿はラストシーンの後姿のみしか出てきていない。

声の出演[編集]

役名 原語版声優 日本語吹替
ベル ペイジ・オハラ 伊東恵里
野獣
(ビースト)
ロビー・ベンソン 山寺宏一
ガストン リチャード・ホワイト 松本宰二
ルミエール ジェリー・オーバック 江原正士
歌:若江準威知
コグスワース デヴィッド・オグデン・スティアーズ 熊倉一雄
ナレーター 鈴木瑞穂
ポット夫人 アンジェラ・ランズベリー 福田公子
歌:ポプラ
チップ ブラッドリー・ピアース 山口淳史
モーリス レックス・エヴァーハート あずさ欣平
ル・フウ ジェシー・コーティ 中丸新将
洋服ダンス
(ワードローブ)
ジョー・アン・ウォーリー 近藤高子
歌:白石圭美
羽根ばたき
(フィフィ)
キミー・ロバートソン 横尾まり
シェフ・ブーンス ブライアン・カミングス 渡部猛
ムッシュー・ダルク トニー・ジェイ
本屋 アルヴィン・エプスタイン 矢田稔
ガストンに憧れる三人の町娘 メアリー・ケイ・バーグマン
キャス・スーシー
不明
フットスツール
(サルタン)
フランク・ウェルカー 原語版流用
フィリップ ハル・スミス

挿入歌[編集]

  • 朝の風景」(歌:伊東恵里、松本宰二)
  • 強いぞ、ガストン」(歌:中丸新将、松本宰二)
  • ひとりぼっちの晩餐会」(歌:若江準威知、ポプラ)
  • 愛の芽生え」(歌:伊東恵里、山寺宏一、若江準威知、ポプラ、熊倉一雄)
  • 人間に戻りたい」(歌:ポプラ、白石圭美、若江準威知、熊倉一雄)
  • 美女と野獣」(歌:ポプラ)
  • 夜襲の歌」(歌:松本宰二)

スタッフ[編集]

日本語版制作スタッフ[編集]

原作との違い[編集]

この作品は原作の民話やボーモン夫人の『美女と野獣』とは大きくストーリーが異なり、現代的なフェミニズム要素を含むストーリーになっている。有馬哲夫は著書『ディズニーの魔法』[6]において、この違いを詳しく記している。原作では試練のもと成長するのはベルであり、外観ではなく中身の大切さを学び美徳に磨きをかけるが、本作では成長するのは野獣であり、粗暴さを改め、女性を尊重して愛することを学ぶ。野獣は心を入れ替えていくのに対し、ガストンは悔い改めないセクシストであるとしている。

原作にはガストンのような粗暴な求婚者は存在しないが、ジャン・コクトーの映画『美女と野獣』(1946年)では似たような役割の男性が登場する。また原作では「ベル」というのは彼女の本名ではなく、「美女」という意味のあだ名である。本名は作中では明かされない。

性差別内容に対する批判[編集]

本作の3年前に制作された『リトル・マーメイド』において、ディズニー社はヒロインの人魚姫アリエルに海の世界の友達や家族を捨てさせ、白人の王子の下に駆け落ちさせるラストを与え、多くの女性団体から抗議を受けている。

「ディズニーによる原作原典の改竄」の一環としての識者からの多くの批判と併せ、「ヒロインが最終的には男性の下で結婚し、幸せになる」というディズニー映画の普遍のパターンは、女性の生き様を狭く限定するものとして、絶えず受け続けている批判である。この『リトル・マーメイド』での各方面からの抗議に対し、ディズニー社は以後の作品では「より慎重に女性の役割について考える」と公式に約束した。こうして制作された本作では、ディズニー社は脚本家に女性を起用し、主人公のベルの性格設定について「現代的な女性で、活動的なフェミニストにした」と表明、公開された。

人権団体「New Internationalist(NI)」は、ディズニー映画の性差別主義的内容に対し、それが幼い子供たちを観客主体とすることによる危険性について、長年批判と抗議を行ってきている。「NI」は、この映画での「野獣」が、民話や原作と異なって乱暴な人物にされており、この荒れ狂う「野獣」が、ヒロインのベルの愛情によって「心を入れ替えていく」という内容に改竄されているとして、「これは若い女性への別の危険なメッセージです。ベルが現実世界の人間なら、彼女はほぼ確実に夫から虐待を受ける妻になるでしょう」と警告、批判を行っている。

「NI」やイスラエルの人権団体「Haaretz」 は、ディズニーの主人公ベルに対する「フェミニストとしての性格付け」が、「単に読書好きのキャラクター」になっただけであって、「結局は父親のために自己を犠牲にする旧態依然のディズニーヒロインである」としている。

また、登場直後は「教育を受け独立した女性」だったベルが、結局は映画の展開の中で「人生における目標は、良い夫を見つけることである」とするただの女性になってしまっており、何の反省もないディズニーのいつものステレオタイプな性差別指向であるとして批判している[7][8]

派生作品[編集]

  • 宿納森の獅子[9][10]
    • 沖縄で2004年、同作品に構想を借り制作された新作組踊。ディズニー映画に構想を借りた作品であるが、その内容は現存する組踊の大部分の例に漏れず、仇討物である。

関連項目[編集]

  • 美女と野獣 (実写映画)
  • ガーゴイルズ
    • 1994年にディズニーが制作したテレビアニメ。本作の正式な半リメイク作品である。全体的なストーリーのプロットはほぼ同じで、本作と同様に傲慢な王女のために城に呪いがかけられてしまうなど、共通点が多い。主人公のゴライアスの外見と内面も野獣に酷似したものとなっており、野獣になる前の王子にそっくりな性格のキャサリン王女なども登場している他、ポット夫人チップにそっくりな母子のメリーとトムが登場しており、苦悩する王女を励ますという本作を連想させる行動をとっている。本作の流用シーンとして、ゴライアスとエリサ・マーザがエリサがベルと同じドレスを着てダンスを踊るシーンも描かれている。
    • ただし、野獣=ゴライアスとベル=エリサとでは立場が全く逆で、本作ではなんとかベルの好意を得ようとする野獣と野獣を警戒してしまうベルという関係であるが、『ガーゴイルズ』ではなんとかゴライアスの信頼を得ようとする人間のエリサに対し、警戒心と恐怖心を抱いてしまう魔物のゴライアスという関係となっている。また、登場人物の一人デモーナは最初から主人公と同じ城に住んでおり、親友同士で自分からプロポーズして結婚し、子供をもうけたということになっており、映画「美女と野獣」で人権団体から受けたベルに対する性差別批判を意識したキャラクターとなっている。
  • Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ - ベルや野獣なども登場するゲーム。

脚注[編集]

  1. ^ a b Beauty and the Beast (1991)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年1月8日閲覧。
  2. ^ 「ディズニーのアニメ『美女と野獣』 販売史上最高」『日経産業新聞』1992年12月9日、3面。
  3. ^ 「『美女と野獣』がミリオンセラー」『日経産業新聞』1993年12月6日付、7面。
  4. ^ 日経BP社技術研究部 『進化するアニメ・ビジネス―世界に羽ばたく日本のアニメとキャラクター』日経BP社、2000年、42頁。ISBN 4822225542
  5. ^ 最近25年間の恋愛映画の名作25本、第1位はあの大ヒット映画 「eiga.com」2009年3月4日配信
  6. ^ 新潮社[新潮新書]ISBN 4106100444, 2003年)
  7. ^ 『ディズニー映画は反ユダヤ主義と人種差別を促進しているのか?』(Haaretz、2009年8月17日付記事)
  8. ^ 『The Disneyfication of Folklore: Adolescence and Archetypes』(Wendy Friedmeyer、2003年)
  9. ^ 組踊公演「宿納森の獅子」 - 国立劇場おきなわ
  10. ^ 沖縄県立芸術大学 音楽学部 琉球芸能専攻

外部リンク[編集]