リー・ダニエルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リー・ダニエルズ
Lee Daniels
Lee Daniels
ロサンゼルス第16回全米映画俳優組合賞でのダニエルズ(2010年1月)
本名 Lee Louis Daniels
生年月日 1959年12月24日(54歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
職業 俳優映画監督映画プロデューサー
活動期間 1979年 - 活動中
公式サイト leedanielsentertainment.com
主な作品
サイレンサー
プレシャス
大統領の執事の涙

リー・ルイス・ダニエルズLee Louis Daniels, 1959年12月24日 - )は、アメリカ合衆国の俳優映画監督映画プロデューサーである。『プレシャス』はアカデミー賞作品賞監督賞を含む6部門にノミネートされた。

生い立ち[編集]

1959年のクリスマスイブにフィラデルフィアで生まれる。ラドナー高等学校英語版を卒業した後はリンデンウッド大学英語版に通った[1]

映画学校に通う経済的余裕がなかったため、ミズーリ州のリベラルアーツカレッジに進学。カリフォルニア州で看護施設の受付として働き始めるも、自ら経営したほうが向いていると気付き、21歳のときには5,000人を超す看護師を抱えていた。彼は事業を売却し、80年代から映画マネージング会社を興し、キャスティングディレクターやマネージャーとして活動する。

キャリア[編集]

2001年、自身が興した製作会社である「リー・ダニエルズ・エンターテインメント」の第1作『チョコレート』が公開され、主演のハル・ベリーが非白人として初めてアカデミー主演女優賞を獲得した。

2004年、ダニエルズ製作、ケヴィン・ベーコンキーラ・セジウィックモス・デフ出演の『The Woodsman』がサンダンス映画祭でプレミア上映された。同作によりダニエルズはインディペンデント・スピリット賞にノミネートされた。

2009年のトライベッカ映画祭にて。

2004年、ビル・クリントン大統領から非白人の投票率を上げるキャンペーンの公共広告制作を依頼され、LL・クール・Jアリシア・キーズを起用した。

2005年、ヘレン・ミレン出演の『サイレンサー』でダニエルズは監督デビューし、同作は2006年のトロント国際映画祭で上映された。またサン・セバスティアン国際映画祭では新人監督賞にノミネートされた。

2008年、ダニエルズは友人のマライア・キャリー出演の『Tennessee』を製作した。

次にダニエルズは映画『プレシャス』を監督・製作した。この映画はニューヨーク市ハーレムに住む16歳の非識字者、肥満体の少女プレシャスが父親と母親から性的・精神的虐待を受けるという物語である。同作は2009年のサンダンス映画祭で上映され、賞賛を浴びた[2]。さらに同作によりダニエルズは第82回アカデミー賞作品賞監督賞にノミネートされた。

2012年にはピート・デクスターの小説を原作とした監督第3作『ペーパーボーイ 真夏の引力』が公開された。同作にはマシュー・マコノヒーザック・エフロンジョン・キューザックニコール・キッドマンが出演した。第65回カンヌ国際映画祭でプレミア上映された[3][4]。作品自体の評価は伸びなかったものの、ニコール・キッドマンの演技は高く評価された。

2013年には8人のアメリカ合衆国大統領に仕えたユージーン・アレンの生涯を題材とした『大統領の執事の涙』が公開された。批評家と観客の双方から高評価を得て、2週連続で、北米興行収入ランキングのトップとなり[5][6]、制作費3000万ドルに対して興行収入は1億ドルを超えた。本作の演出によって、彼はハリウッド映画祭監督賞を受賞した[7]

私生活[編集]

スパイダーマン3』のワールド・プレミアでのダニエルズと息子と娘(2007年)。

ニューヨーク市在住のアフリカ系アメリカ人。同性愛者。彼と彼の元パートナーのキャスティング・ディレクターのビリー・ホピキンスは、ダニエルズの実の甥リアムと姪クレアを養子としている[8][9]。ダニエルズはホプキンスと2009年に別れ、Andy Sforziniと付き合っている[10]

フィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Snodgrass, Mary Ellen. “Lee Louis Daniels: Biography”. About.com. http://www.answers.com/topic/lee-louis-daniels 2007年9月3日閲覧。 .
  2. ^ McCarthy, Todd (2008年12月3日). “Sundance unveils competition lineup”. Variety. http://www.variety.com/index.asp?layout=festivals&jump=story&id=2470&articleid=VR1117996739&cs=1 2009年11月5日閲覧。 
  3. ^ 2012 Official Selection”. Cannes. 2012年4月19日閲覧。
  4. ^ Cannes Film Festival 2012 line-up announced”. timeout. 2012年4月19日閲覧。
  5. ^ Cunningham, Todd (2013年9月2日). “Oprah Winfrey's 'The Butler' Powers Past 'One Direction' for 3rd Straight Box-Office Win”. The Wrap. http://mc-3596-1705542522.us-west-2.elb.amazonaws.com/movies/article/oprah-winfrey-s-butler-powers-past-one-direction-3rd-straight-box-office-win-114621 2013年9月2日閲覧。 
  6. ^ McClintock, Pamela (2013年8月25日). “Box Office Report: 'The Butler' Wins Again With $17 Million, Crosses $50 Million”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/box-office-report-butler-wins-614083 2013年8月26日閲覧。 
  7. ^ Lee Daniels, director of “Lee Daniels’ The Butler,” to be feted with the Hollywood Director Award at the 17th Annual Hollywood Film Awards”. 2013年10月6日閲覧。
  8. ^ Boykin, Kieth (2006年3月29日). “Shadowboxing with Lee Daniels”. KiethBoykin.com. 2007年8月2日閲覧。
  9. ^ Lynn Hirschberg (2009年10月21日). “The Audacity of ‘Precious’”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/10/25/magazine/25precious-t.html 2009年11月5日閲覧。 
  10. ^ http://blackgaygossip.com/index.php/2010/03/24/lee-daniels-credits-wendy-williams-with-outing-him-it-was-liberating/#more-12646

外部リンク[編集]