ジョセフ・ワイズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョセフ・ワイズマン
Joseph Wiseman
生年月日 1918年5月15日
没年月日 2009年10月19日(満91歳没)
出生地 カナダの旗 カナダケベック州モントリオール
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン
国籍 カナダの旗 カナダ
職業 俳優
配偶者 Pearl Lang
主な作品
007 ドクター・ノオ

ジョセフ・ワイズマンJoseph Wiseman, 1918年5月15日 - 2009年10月19日)は、カナダ俳優

略歴[編集]

モントリオール出身。その後アメリカへ移住。1930年代から10代でブロードウェイの舞台に立つ。1950年に映画デビュー。翌年、ウィリアム・ワイラー監督の映画『探偵物語』の精神異常者役で話題をさらう。1962年『007 ドクター・ノオ』では敵役のノオ博士を演じ、伝説の悪役となった。演じる為に東洋人風のメイクアップを施している。

他の出演作品は、マイケル・ウィナー監督の『追跡者』、『許されざる者』、『USAブルース』など。

2009年10月19日、マンハッタンの自宅で病死[1]。 娘のマーサはロサンゼルス・タイムズ紙の中で、「父は、舞台俳優として名前を覚えてもらいたがっていたので、ドクター・ノオ役だけで知られることを恐れていました」と語っている。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fox, Margalit (2009年10月20日). “Joseph Wiseman, James Bond’s Dr. No, Dies at 91”. The New York Times. 2009年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]