ナターシャ・リチャードソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナターシャ・リチャードソン
Natasha Richardson
Natasha Richardson
本名 ナターシャ・ジェーン・リチャードソン
Natasha Jane Richardson
生年月日 1963年5月11日
没年月日 2009年3月18日(満45歳没)
出生地 ロンドン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク市
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
ジャンル 映画舞台など
活動期間 1984年 - 2009年
配偶者 ロバート・フォックス(1990年 - 1992年)
リーアム・ニーソン(1994年 - 2009年)

ナターシャ・ジェーン・リチャードソンNatasha Jane Richardson1963年5月11日 - 2009年3月18日)は、イギリス出身の女優

生涯[編集]

生い立ち[編集]

ロンドン出身。父親は映画監督のトニー・リチャードソン、母親は女優のヴァネッサ・レッドグレイヴ[1]。祖父母は俳優のマイケル・レッドグレイヴレイチェル・ケンプソン[1]。妹のジョエリー・リチャードソンも女優である。彼女が4歳の時に両親は離婚している[2]

キャリア[編集]

4歳の時に父親の監督作品『遥かなる戦場』の端役で出演[1]ロンドンセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで学び.[3]シェイクスピアの『夏の夜の夢』や『ハムレット』、ユージン・オニールの『アンナ・クリスティ』など数々の舞台に立ち高い評価を得てきた。

1984年に本格的に映画デビューし、多くの映画作品に出演。

1998年には、サム・メンデスが舞台監督を務めたミュージカル『キャバレー』で、トニー賞 ミュージカル主演女優賞を受賞。

私生活[編集]

1990年に映画プロデューサーのロバート・フォックスと結婚したが、1992年に離婚[4]。1994年に北アイルランド出身の俳優リーアム・ニーソンと再婚。1995年に長男(マイケル・リチャード・アントニオ)を、1996年に次男(ダニエル・ジャック)を出産。

2009年3月16日にカナダモントリオールのスキー場でスキーをしている時に転倒、帰宅後、激しい頭痛が起き、ニューヨーク市内の病院に入院。その後、昏睡状態になり脳死状態になった[5]。二日後の18日、事故前の本人の希望に従い、人工呼吸器を含めた全ての生命維持装置が取り外されニューヨーク市内の病院で死去、45歳の若さだった[6][7]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1986 ゴシック
Gothic
メアリー・シェリー
1987 ひと月の夏
A Month in the Country
アリス
1988 テロリズムの夜/パティ・ハースト誘拐事件
Patty Hearst
パティ・ハースト
1999 シャドー・メーカーズ
Fat Man and Little Boy
ジェーン
1990 侍女の物語
The Handmaid's
ケイト
迷宮のヴェニス
The Comfort of Strangers
メアリー
1991 美女と時計とアブナイお願い
The Favour, the Watch and the Very Big Fish
シビル
1992 ミッドナイト25時/殺しの訪問者
Past Midnight
ローラ・マシューズ
1994 ネル
Nell
ポーラ・オルセン
1998 ファミリー・ゲーム/双子の天使
The Parent Trap
エリザベス・ジェームズ
2001 シャンプー台のむこうに
Blow Dry
シェリー・アレン
チェルシーホテル
Chelsea Walls
メアリー
2002 メイド・イン・マンハッタン
Maid in Manhattan
キャロライン
2005 上海の伯爵夫人
The White Countess
ソフィア・ベリンスカヤ伯爵夫人
アサイラム/閉鎖病棟
Asylum
ステラ
2007 いつか眠りにつく前に
Evening
コンスタンス・ロード
2008 ワイルド・ガール
Wild Child

舞台[編集]

邦題
原題
役名 備考
1985 かもめ
The Seagull
ニーナ
夏の夜の夢
A Midsummer Night's Dream
ヘレナ
ハムレット
Hamlet
オフィーリア
1993 アンナ・クリスティ
Anna Christie
アンナ
1998 キャバレー
Cabaret
サリー・ボウルズ トニー賞 ミュージカル主演女優賞受賞
1999 クローザー
Closer
アナ
2003 The Lady from the Sea
2005 欲望という名の電車
A Streetcar Named Desire
ブランチ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “Natasha Richardson part of legendary acting family”. CNN. (2009年3月18日). http://edition.cnn.com/2009/SHOWBIZ/Movies/03/18/richardson.career/?iref=mpstoryview 2009年3月18日閲覧。 
  2. ^ Arnold, Laurence; Peter S. Green (2009年3月19日). “Natasha Richardson, Actress of Elegance, Pedigree, Dead at 45”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601088&sid=aXuH_CcQz_Vs&refer=muse 2009年3月19日閲覧。 
  3. ^ Singh, Anita (2009年3月19日). “Natasha Richardson skiing accident in Canada: profile of actress”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/celebritynews/5004753/Natasha-Richardson-skiing-accident-in-Canada-profile-of-actress.html 2009年3月19日閲覧。 
  4. ^ Obituaries - Natasha Richardson”. Telegraph (2009年3月19日). 2012年6月4日閲覧。
  5. ^ シネマトゥデイ (2009年3月19日). “スキー事故、 ナターシャ・リチャードソン脳死状態に”. 2009年3月19日閲覧。
  6. ^ シネマトゥデイ (2009年3月19日). “スキー事故のナターシャ・リチャードソン、45歳で死去”. 2009年3月19日閲覧。
  7. ^ Natasha Richardson dead after ski accident | Irish News”. IrishCentral. 2011年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]