ぶな屋敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぶな屋敷
著者 コナン・ドイル
発表年 1892年
出典 シャーロック・ホームズの冒険
依頼者 バイオレット・ハンター
発生年 不明
事件 遺産簒奪
テンプレートを表示

ぶな屋敷」(ぶなやしき、The Adventure of the Copper Beeches)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち12番目に発表された作品である。「ストランド・マガジン」1892年6月号初出。同年発行の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』(The Adventures of Sherlock Holmes) に収録された[1]

ドイルの母が物語のアイディアを思いついた作品である。ドイルはホームズ物語を打ち切るつもりでいたが、この作品のアイディアを得たことで、ホームズは命長らえることになった。

あらすじ[編集]

ぶな屋敷」と呼ばれる邸宅で住み込みの家庭教師を引き受ける事になった若い女性バイオレット・ハンターが依頼人として訪れる。彼女は毎週、女性の家庭教師紹介所へ行っていたが、ある日そこの事務室には担当の女性の他にルーカッスルという男性がいた。彼はバイオレットを見て、「これ以上の人はいない」と絶賛し、100ポンドという(当時の貨幣価値で)高額の年俸を約束する。だがその雇用条件には、亡母からも喜ばれていた長い金髪を切り、ショートにして来てほしいなどの奇妙なものがあり、その場では断ってしまう。

しかし、生活が苦しくなっているところへせっかく舞い込んだ働き口を切り捨ててしまった事にバイオレットは後悔する。そこへ、ルーカッスル本人から“是非再考を求める”という手紙が届く。そこには何と、スカウトに応じてもらえるなら年俸を当初条件から20パーセント加算する用意があるとも書いてあった。

あまりの高額な給料に不安を感じたバイオレットは、シャーロック・ホームズに調査を依頼する。

そしてホームズの調査により、ぶな屋敷の秘密が明らかになる。ルーカッスルは前妻との間に生まれた娘が亡き妻から受け継いだ莫大な遺産の横取りを狙っており、バイオレットの存在が娘の替え玉として必要だったのだ。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、285頁