メアリー・シェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メアリー・ウルストンクラフト・ゴドウィン・シェリー(Mary Wollstonecraft Godwin Shelley、1797年8月30日 - 1851年2月1日)は、イギリス小説家

ゴシック小説フランケンシュタイン』で名を残したが、SFの先駆者と呼ばれたり、あるいは創始者と見なす者も少なくない。フェミニズムの創始者、あるいは先駆者とも呼ばれるメアリ・ウルストンクラフトを母、無神論者でアナキズムの先駆者であるウィリアム・ゴドウィンを父として生まれた。詩人のパーシー・シェリーは夫。日本では単にシェリー夫人と呼ばれることもあった

年譜[編集]

メアリー・シェリー

本人に関するもの[編集]

  • 1756年 父・ウィリアム・ゴドウィン誕生。
  • 1759年 母・メアリ・ウルストンクラフト誕生。
  • 1789年 フランス革命
  • 1792年 夫となるパーシー・ビッシュ・シェリー誕生。
  • 1797年 ゴドウィンとウルストンクラフトが結婚。
    • 8月30日 ロンドンでメアリが生まれ、メアリ・ウルストンクラフト・ゴドウィンと名付けられる。
    • 9月10日 母・ウルストンクラフト、産褥熱で死去。
  • 1801年 父・ゴドウィン、メアリ・ジェーン・クレモントと再婚。
  • 1813年ごろ パーシー・シェリーと出会う。
  • 1814年 シェリーとの恋愛に父が激怒。メアリは大陸へ駆け落ち。帰国。
  • 1816年1月24日 息子ウィリアム誕生。
    • 5月 バイロンに誘われ、レマン湖畔で過ごす。バイロンの提案(ディオダディ荘の怪奇談義)をきっかけに小説『フランケンシュタイン』の着想を得、執筆に取りかかる。
    • 9月 イギリスに帰国。
    • 12月 シェリーの妻が自殺したため、メアリはシェリーと結婚。
  • 1817年5月 『フランケンシュタイン』脱稿。
    • 9月2日 娘クレアラ誕生。
  • 1818年1月1日 『フランケンシュタイン』初版をロンドンの小出版社 Harding, Mavor & Jones から匿名で出版。
  • 1818年3月11日 『フランケンシュタイン』初版に夫シェリーの序文を付けて再度匿名で出版。この日、子どもを連れてイタリアへ。
    • 9月24日 娘クレアラ死亡。
  • 1819年6月7日 息子ウィリアム死亡。
    • 11月12日 息子パーシー・フローレンス誕生。
  • 1822年7月8日 夫・パーシーがスペツィア湾でヨットの事故で死亡。
  • 1823年2月 『フランケンシュタイン』第二版を出版。
    • 8月 帰国。
  • 1824年4月19日 ギリシャ独立戦争でバイロンが病死。
  • 1826年 『最後の人間』(The Last Man)出版。
  • 1831年 『フランケンシュタイン』第3版(改訂版)を出版。
  • 1851年2月1日 メアリ死去

メアリー・シェリーの登場する映画[編集]

  • 1935年、『フランケンシュタインの花嫁』:監督 ジェームズ・ホエール、メアリー・シェリーとモンスターの花嫁(タイトルロール)役エルザ・ランチェスター
  • 1986年、『ゴシック』GothicVirgin Vision:監督ケン・ラッセル監督、メアリー・シェリー役ナスターシャ・リチャードソン
  • 1988年、『幻の城 バイロンとシェリー』Remado al Viento (Rowing with the Wind / Rowing in the Wind):ゴンザロ・スアレス監督、メアリー・シェリー役リジー・マッキナニー
  • 1997年、『クローン・オブ・エイダ』Conceiving Ada:監督 リン・ハーシュマン=リーソン、メアリー・シェリー役エスター・マリガン

評価[編集]

ブライアン・オールディス他多くの作家・文芸評論家により、現代SFの起源となっていると言われている。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • 十返千鶴子著『世紀末ロンドンを翔んだ女 メアリ・ウォルストンクラフトを追う旅』新潮社、1990年10月、ISBN 4103530022

外部リンク[編集]

リソースサイト[編集]