マイケル・ジアッキーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ジアッキーノ
Micheal Giacchino
 第82回アカデミー賞授賞式にて、彼の姉妹とともに。}
第82回アカデミー賞授賞式にて、彼の姉妹とともに。
基本情報
出生 1967年10月10日(47歳)
ジャンル 映画音楽
ゲームミュージック
職業 作曲家

マイケル・ジアッキーノ(Michael Giacchino; イタリア語発音: [dʒakˈkiːno]1967年10月10日 - )はアメリカ合衆国作曲家。アメリカ、ニュージャージー州ヴァーサイド生まれ。血液型 は O型。

音楽家としての活動を始めたのは1995年頃で、当初は家庭用ゲームアーケードゲームなどの音楽の作曲を中心としていた。その後、徐々に知名度を上げ、やがてテレビドラマやハリウッド映画の音楽も担当するようになり、2009年のアニメ映画『カールじいさんの空飛ぶ家』ではアカデミー作曲賞を受賞した。

概要[編集]

1999年、『メダル・オブ・オナー』での音楽が高評価を受ける。

2001年にJ・J・エイブラムスのテレビドラマ『エイリアス[1]の音楽を担当したのがきっかけで、エイブラムス製作によるテレビ番組(『LOST』『FRINGE』『Alcatraz』)の音楽を続けて担当。

2004年、『Mr.インクレディブル』(ピクサーのアニメ映画、ブラッド・バード監督)で劇場作品の音楽を初担当。続けて、同じバード監督の『レミーのおいしいレストラン』でも起用され、さらには『カールじいさんの空飛ぶ家』(アカデミー作曲賞グラミー賞を受賞)と、ピクサー作品の音楽を次々と担当。

実写映画では、2006年にエイブラムスの劇場版初監督作品となったアクション映画ミッション:インポッシブル3』の音楽を担当し、やはりエイブラムスが製作した『クローバーフィールド/HAKAISHA』や『スター・トレック』でも続投。その合間に、『スピード・レーサー』といった話題作の音楽も担当している。

2008年度のアカデミー賞授賞式では音楽監督を務めた。

2011年12月公開の映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では、エイブラムス(製作・脚本)とバード(監督)の両者と組んだ。

ディスコグラフィー[編集]

テレビゲーム音楽[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場映画[編集]

その他[編集]

賞与[編集]

受賞
  • 2001 Interactive Achievement Awards - Original Music Composition:『メダル・オブ・オナー アンダーグラウンド』
  • 2003 Game Developers Choice Awards - Excellence in Audio:『メダル・オブ・オナー アライドアサルト』
  • 2003 Original Music Composition - Original Music Composition:『メダル・オブ・オナー 史上最大の作戦』
  • 2004 International Film Music Critics Association - スコア・オブ・ザ・イヤー:『Mr.インクレディブル』
  • 2004 IFMCA Award for Composer of the Year
  • 2004 Game Developers Choice Awards for Excellence in Audio:『コール オブ デューティー』
  • 2005 エミー賞シリーズ部門劇中曲賞:『LOST』
  • 2007 Film & TV Music Award for Best Score for a Short Film - Lifted
  • 2007 StreamingSoundtracks.com Award for Composer of the Year
  • 2008 グラミー賞 for Best Score Soundtrack Album for a Motion Picture, Television or Other Visual Media:『レミーのおいしいレストラン』
  • 2009 アカデミー作曲賞:『カールじいさんの空飛ぶ家』
ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ 『エイリアス』のオープニング・テーマ曲はJ・J・エイブラムスが作曲した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]