しあわせの隠れ場所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しあわせの隠れ場所
The Blind Side
監督 ジョン・リー・ハンコック
脚本 ジョン・リー・ハンコック
原作 マイケル・ルイス
ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟
製作 ブロデリック・ジョンソン
アンドリュー・A・コソボ
ギル・ネッター
製作総指揮 ティモシー・M・ボーン
モリー・スミス
アーウィン・ストフ
出演者 サンドラ・ブロック
ティム・マッグロウ
クィントン・アーロン
キャシー・ベイツ
音楽 カーター・バーウェル
撮影 アラー・キヴィロ
編集 マーク・リボルシー
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年11月20日
日本の旗 2010年2月27日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $29,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $255,959,475[1]
世界の旗 $309,208,309[1]
テンプレートを表示

しあわせの隠れ場所』(原題: The Blind Side)は、2009年アメリカ映画2009年のNFLドラフト1巡目でボルチモア・レイブンズに指名されて入団したマイケル・オアーのエピソードに基づく[2]マイケル・ルイスのノンフィクション『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』を映画化。2010年の第82回アカデミー賞において作品賞と主演女優賞にノミネートされ、主演女優賞で受賞。第67回ゴールデングローブ賞では主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞した。

ストーリー[編集]

家族と共に車で帰路に着く途中、リー・アン(サンドラ・ブロック)は、一人で雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オアー(クィントン・アーロン)に目を留める。彼を放っておけなかったリー・アンは自宅に連れ帰りマイケルの境遇を知ると、一家に迎え入れることにした。リー・アンがアメリカン・フットボールでのマイケルの持つ才能を見い出したことから、彼は一気にスター選手へと開花していく。当初は学力不足だったオアーは家庭教師に学ぶなどの努力の結果、NCAA1部校の奨学金に必要なGPA2.50を上回る成績になった。オーバーン大学トミー・テュバーヴィルルイジアナ州立大学ニック・セイバンサウスカロライナ大学ルー・ホルツテネシー大学フィリップ・ファルマーアーカンソー大学ヒューストン・ナット、ミシシッピ大学のエド・オージェロンらによるリクルーティングを受けたオアーはテューイ夫妻の母校、ミシシッピ大学への進学を決意する。しかしNCAAの調査員からリクルーティングに関するルール違反が行われていたのではないかと調査を受け[3]、自分がリー・アンの家庭に迎え入れられたのは下心があったのではないかと疑いを持ち家を飛び出してしまう。

原題の「ブラインドサイド」とは、クォーターバックの利き手逆側の、死角になり易いサイドの事で、右利きクォーターバックの場合は左側である。パスプレイの際、クォーターバックの体は利き手側に向くため(右利きの場合右方向)、逆側は死角になりやすい。よってブラインドサイドのオフェンスタックルは、オフェンスライン内でも特に重要とされ、高い能力が求められる。映画の冒頭ではワシントン・レッドスキンズジョー・サイズマンローレンス・テイラーにサックされ再起不能となったプレーが映し出される[4]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版
リー・アン・テューイ サンドラ・ブロック 佐々木優子
マイケル・オアー クィントン・アーロン かぬか光明
ショーン・テューイ ティム・マッグロウ 押切英希
スー夫人 キャシー・ベイツ 弥永和子
コリンズ・テューイ リリー・コリンズ 武田華
S・J・テューイ ジェイ・ヘッド 小平有希
バート・コットン レイ・マッキノン
  • 日本語吹き替え:DVDにのみ収録。同時発売されたBlu-rayには収録されていない。

評価[編集]

興行収入[編集]

北米では3110館で公開され、約3400万ドルを記録して初登場2位をとなる(1位は『ニュームーン/トワイライト・サーガ』)。これはサンドラ・ブロック主演作品で2番目に高いオープニング数字でもある。公開2週目で1億ドルを超え、3週目で週末成績1位となる。公開7週目で2億ドルを超えた。

主な受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c The Blind Side (2009)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月24日閲覧。
  2. ^ 映画化された巨漢Tオアーの驚愕エピソード”. NFL JAPAN (2009年11月10日). 2010年1月20日閲覧。
  3. ^ 河田剛 (2011年6月27日). “JIM TRESSEL Resigned(JIM TRESSELが辞任)”. TKこと河田 剛のUSA情報. 2012年3月29日閲覧。
  4. ^ オアーとテイラーの皮肉な関係。~映画『しあわせの隠れ場所』とNFLの伝説的スーパースター~”. Sports Graphic Number author=芝山幹郎 (2010年2月7日). 2012年3月29日閲覧。


実話との相違点[編集]

映画の原作になったノンフィクションがマイケル・オアーの波乱万丈の半生やアメフトの世界に焦点を当てているのに対して、本作は彼の里親になったヒューイ家の主婦リー・アンを主人公にしたため、少なからず脚色が加えられている。

  • マイケル・オアーは、リー・アンと出会う前の2002年には、通っていた高校のアメフト部でオフェンスラインマンとして活躍していて、テネシー州のオールファーストチームにも選出されている。

外部リンク[編集]