リリー・コリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リリー・コリンズ
Lily Collins
Lily Collins
シャドウハンター』のプロモーションにて、2013年撮影。
本名 Lily Jane Collins
生年月日 1989年3月18日(25歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドサリー州ギルフォード
職業 女優・司会者
活動期間 2002[1]–現在
著名な家族 フィル・コリンズ(父)

リリー・コリンズ(Lily Jane Collins 1989年3月18日- [2])はイギリス出身のアメリカ人女優、モデル、司会者兼テレビタレント。 父はイギリスのミュージシャンであるフィル・コリンズ

生い立ち[編集]

イングランドサリー州ギルフォードにてミュージシャンである父フィル・コリンズと、彼の2番目の妻であるジルの間に生まれる。2歳でBBCのドラマに出演。両親の離婚後、5歳で母と共にアメリカカリフォルニア州ロサンゼルスへ移住し演劇を学んだ[3]。現在は、南カリフォルニア大学大学院のアンネンバーグコミュニケーション学部に通っている[4]。大学初の代表として、メープルカウンセリングセンターの評議委員を務め、10代の子供とその親が心を開いて会話ができるプログラム"トーク・モア・クリエイト・コネクションズ"を設置した。

キャリア[編集]

彼女が初めて女優として出演したのはテレビシリーズ『愉快なシーバー家』の英国版で彼女が2歳の時だった。

ジャーナリズムに対して非常に興味を持っており、10代の頃に英ファッション誌ELLE GirlでLAコンフィデンシャルという欄を開設し、読者にロサンゼルスのトレンドやホットスポットを紹介する記事を書いた。ロサンゼルス・タイムズなどにもコラムを書いている。 また、米雑誌Seventeenのために民主党と共和党大会を取材し、2008年にはニコロデオン放送の番組"Kids Pick the President"のキャンペーンのためにSeventeen.comにブログを書いた。リリーはニコロデオンの顔として、7歳から12歳くらいの年齢層にエンターテインメントやポップカルチャーなどの最新情報を届けており、ニコロデオン史上初の就任式放送である米大統領のバラク・オバマ氏の就任式なども含まれる。ニコロデオンの"Hollywood Hang"の司会を務め、同番組で放送されるテレビシリーズの撮影現場や映画のプレミア会場、授賞式の中継など様々なイベント会場でレポートを行っており、2008年ヤングハリウッド賞の"レッドカーペット新人調査員賞"を受賞している。

彼女はモデルとしても活動しており、2008年にはスペインのグラマー誌で"最優秀国際モデル賞"に選ばれ、2009年に同誌の表紙を飾った。2013年10月には2014年よりフランスの化粧品ブランド「ランコム」の新たなミューズに就任することが発表された。[5]

2008-2009シーズンの『新ビバリーヒルズ青春白書』(90210)シーズン1の最終話を含む2話に出演し、同じ2009年にはアメリカの雑誌MAXIMの"ザ・ホッテストドウター・オブ・ロックスター(最も人気のあるロックスターの娘の意)"の一人に選ばれた。 また、この年に公開された映画『幸せの隠れ場所』にサンドラ・ブロック演じるレイ・アン・テューイの娘コリンズ・テューイ役で出演した。 2011年には映画『プリースト』でのルーシー役や、テイラー・ロートナー主演の『ミッシング ID』のカレン・マーフィー役で出演している。

2012年には『白雪姫と鏡の女王』の白雪姫の役で初主演を務め、英テレグラフの記者ロビー・コリンは彼女を「リリーはとても愛らしく、素晴らしく、オードリー・ヘップバーンリアム・ギャラガーの眉をつけたような完璧な顔をしている。彼女の笑顔は理想的なほどの純粋さとセクシーさを兼ね備えている」と表現した[6] 。また、リリーはこの作品のダンスシーンで使われている"I Believe(in Love)"で父親譲りの歌声を披露している。

現在は"Stuck in Love"や"The English Teacher"などの公開が控えており、カサンドラ・クレアの人気小説を原作とする映画『シャドウハンター』では主人公のクラリー・フライを演じた。

人物[編集]

米NYLON誌のインタビューで「イギリスの田舎で育った私は野原を駆け回って自分で物語を作っていた。本を読んで頭で映像を作るような女の子だった」「私は遊び歩いたりしないし、パーティーにもいかないの。お酒やドラッグをやったこともない。そんなのは私じゃないしこれからもそうはならないと思う。」と語っている[7]

プライベートでは、過去にテイラー・ロートナーザック・エフロンと噂があり、2013年7月までは俳優のジェイミー・キャンベル・バウアーと交際していた。

主な出演作品[編集]

公開 邦題
原題
役名 備考
2009 新ビバリーヒルズ青春白書
90210
フィービー・エイブラムス テレビドラマ
しあわせの隠れ場所
The Blind Side
コリンズ・テューイ
2011 プリースト
Priest
ルーシー・ペース
ミッシング ID
Abduction
カレン
2012 白雪姫と鏡の女王
Mirror Mirror
白雪姫
2013 シャドウハンター
The Mortal Instruments: City of Bones
クラリー・フライ
2014 あと1センチの恋
Love, Rosie
ロージー・ダン

出典[編集]

  1. ^ Alexander, Hilary (2002年12月19日). “Lily's mix and match”. The Daily Telegraph. 2009年11月26日閲覧。
  2. ^ Lansden, Pamela (1989年4月10日). “Take One”. People. 2009年11月29日閲覧。
  3. ^ Bio of Lily Collins, Tribute Magazine. Retrieved December 2, 2009
  4. ^ Cable, Simon (2008年12月4日). “My, hasn't Phil Collins's little Lily blossomed?”. Daily Mail. 2009年11月25日閲覧。
  5. ^ http://www.cinemacafe.net/article/2013/10/07/19578.html
  6. ^ Collin, Robbie (2012年3月30日). “Mirror, Mirror – review”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/culture/film/filmreviews/9175658/Mirror-Mirror-review.html 2012年3月30日閲覧。 
  7. ^ Lily Collins: You'll Never See Me Drinking or Doing Drugs”. USウィークリー (2012年2月24日). 2014年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]