M83 (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M83
}
基本情報
出身地 フランスの旗 フランス アンティーブ
ジャンル エレクトロニカ
シンセ・ポップ
ドリーム・ポップ
シューゲイザー
ポストロック
アンビエント
ニュー・ウェーヴ
活動期間 2001年 -
レーベル Gooom Disques
Mute Records
公式サイト Official website
メンバー
Anthony Gonzalez
Jordan Lawlor
Morgan Kibby
Loïc Maurin
Ian YoungMaulini
旧メンバー
Nicolas Fromageau
Pierre-Marie Maulini
Yann Gonzalez
Phillip Kern

{{{Influences}}}

M83は、フランスミュージシャン、アンソニー・ゴンザレスによるソロプロジェクトである。プロジェクト名は、渦巻銀河のひとつであるM83に由来する。2001年にフランスのアンティーブで、アンソニーとニコラ・フロマジョ(脱退)によって結成された[1]。楽曲にはリバーブやささやくようなヴォーカル、ノイズ等が多用されており、ジャンルとしてはシューゲイザーエレクトロニカ等に分類される。

M83

歴史[編集]

2001年の春に、自らのバンド名を冠したアルバム『M83』をリリース。当初はヨーロッパのみで発売されたが、2005年に Mute Records から再発され、ヨーロッパ以外にも広く発売された。ファーストアルバム発売後、ほぼ2年に1枚のペースでアルバムをリリースしている。

2008年12月には、キングス・オブ・レオンのサポートメンバーとして全英ツアーに参加。[2]2009年にはザ・キラーズのサポートメンバーとして全米ツアーも行った[3]他、 デペッシュ・モードイタリアドイツフランスのツアーにも参加した[4][5]。同年7月には、日本フジロックフェスティバルにも参加し、来日を果たした[6]

2010年の春、フランス映画『L'Autre Monde (Black Heaven)』のサウンドトラックに2曲の新曲と、既発の5曲を提供。

6thアルバム『Hurry Up, We're Dreaming』は、ピッチフォークが選出する2011年度の年間ベストアルバム50で3位。[7] シングル部門では「Midnight City」が年間1位に選ばれた。[8]

2013年には映画『オブリビオン』のサウンドトラックを手掛けている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • M83 (2001年)
  • Dead Cities, Red Seas & Lost Ghosts (2003年)
  • Before the Dawn Heals Us (2005年)
  • Digital Shades Vol. 1 (2007年)
  • Saturdays = Youth (2008年)
  • Hurry Up, We're Dreaming (2011年)

サウンドトラック[編集]

シングル[編集]

  • Slowly/Sitting (2002年)
  • Run into Flowers (2003年)
  • 0078h (2003年)
  • America (2004年)
  • A Guitar and a Heart/Safe (2004年)
  • Don't Save Us from the Flames (2005年)
  • Teen Angst (2005年)
  • Couleurs (2008年)
  • Graveyard Girl (2008年)
  • Kim & Jessie (2008年)
  • We Own the Sky (2008年)
  • Black Hole (2010年)
  • Midnight City (2011年)
  • Reunion (2012年)
  • OK Pal (2012年)
  • Steve McQueen (2012年)
  • Wait (2012年)

リミックス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ M83 : AllMusic
  2. ^ M83 opening for Kings of Leon on U.K. tour - Prefix Magazine
  3. ^ M83 Killers Tour - antiMUSIC News
  4. ^ M83 - Tour of the Universe
  5. ^ M83 For Depeche Tour - 25 March 2009 | Clash Music
  6. ^ FRFヒストリー
  7. ^ Staff Lists: The Top 50 Albums of 2011 | Features”. Pitchfork (2011年12月15日). 2012年3月31日閲覧。
  8. ^ http://pitchfork.com/features/staff-lists/8726-the-top-100-tracks-of-2011/10/

外部リンク[編集]