ニュームーン/トワイライト・サーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュームーン/トワイライト・サーガ
The Twilight Saga: New Moon
監督 クリス・ワイツ
脚本 メリッサ・ローゼンバーグ
原作 ステファニー・メイヤー
製作 マーク・モーガン
ウィック・ゴッドフレイ
製作総指揮 マーティ・ボーウェン
音楽 アレクサンドル・デプラ
撮影 ハビエル・アギーレサロベ
編集 ピーター・ランバート
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 アスミック・エース/角川映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年11月20日
日本の旗 2009年11月28日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $709,827,462[1]世界の旗
$296,623,634[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$1,927,976[1] 日本の旗
前作 トワイライト〜初恋〜
次作 エクリプス/トワイライト・サーガ
テンプレートを表示

ニュームーン/トワイライト・サーガ』(原題: The Twilight Saga: New Moon)は、2009年アメリカ映画ステファニー・メイヤーの小説『トワイライト』の第二期シリーズ『New Moon』を原作としており、2008年の映画トワイライト〜初恋〜』の続編でもある。

ストーリー[編集]

雨と霧の街、フォークスに越してきた転校生のベラは、美しいクラスメイト・エドワードと恋に落ちる。だが彼は、100年以上も生き続けてきたヴァンパイアだった。彼の正体を知っても、恋心を止められないベラは、エドワードとともに生きる為、自らもエドワードと同じ運命をたどるべく、ヴァンパイアになりたいと思い始めた、ある日のこと、彼女は18歳の誕生日を迎えた。だが、誕生日にもらった箱を開けようとしたその時、血が流れた。それを見たジャスパーは、襲いかかった。そして、エドワードは、自分といるとベラにつらい思いをさせると思い、彼女に別れを告げ、行方をくらませてしまう。突然最愛の人を失い、ゾンビのような状態になってしまったベラ。そんな彼女の心を開き、また笑顔を引き出したのは、幼なじみのジェイコブだった。が、ジェイコブも、ある理由でベラから距離を置くようになった。その理由を探るため、ベラは、ジェイコブの家に電話などをかけ、ついに家まで・・・。ジェイコブがべラの前から去った理由はサム・ウーレイと、キラユーテ族の歴史がかかわっていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替1 日本語版2
ベラ・スワン クリステン・スチュワート 木下紗華 桐谷美玲
エドワード・カレン ロバート・パティンソン 櫻井孝宏 ウエンツ瑛士
ジェイコブ・ブラック テイラー・ロートナー 細谷佳正 小野塚貴志
チャーリー・スワン ビリー・バーク 田中正彦 岩崎ひろし
カーライル・カレン ピーター・ファシネリ 井上倫宏 森田順平
エズミ・カレン エリザベス・リーサー 林佳代子 中村綾
アリス・カレン アシュリー・グリーン 中司ゆう花 小島幸子
ジャスパー・ヘイル ジャクソン・ラスボーン 中川慶一 野島健児
ロザリー・ヘイル ニッキー・リード 樋口あかり 弓場沙織
エメット・カレン ケラン・ラッツ 青木強 茶花健太
ヴィクトリア レイチェル・レフィブレ 甲斐田裕子 松谷彼哉
ローラン エディ・ガテギ 志村知幸
アロ マイケル・シーン 家中宏
ジェーン ダコタ・ファニング 佐古真弓
カイウス ジェイミー・キャンベル・バウアー 野島健児
マーカス クリストファー・ハイアーダール 巻島康一
アレック キャメロン・ブライト 阪口周平
サム・ウーレイ チャスク・スペンサー 坂詰貴之
ポール アレックス・メラズ 藤井啓輔
ジャレッド ブロンソン・ペルティエ 野島健児
エンブリー・コール キオワ・ゴードン 茶花健太
  • 日本語版1:DVD版
  • 日本語版2:「トワイライト 特別篇」版 日本テレビ「金曜ロードショー特別版」2010年11月12日(金)

サウンドトラック[編集]

  1. ミート・ミー・オン・ジ・エクイノックス - デス・キャブ・フォー・キューティー
  2. フレンズ - バンド・オブ・スカルズ
  3. ヒアリング・ダメージ - トム・ヨーク
  4. ポシビリティ - リッキ・リー
  5. ア・ホワイト・デーモン・ラヴ・ソング - ザ・キラーズ
  6. サテライト・ハート - アンヤ・マリーナ
  7. アイ・ビロング・トゥ・ユー(ニュー・ムーン・リミックス) - ミューズ
  8. ロズリン - ボン・アイヴァー&セイント・ヴィンセント
  9. ダン・オール・ロング - ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ
  10. モンスターズ - ハリケーン・ベルズ
  11. ザ・ヴァイオレット・アワー - シー・ウルフ
  12. シューティング・ザ・ムーン - オーケー・ゴー
  13. スロー・ライフ - グリズリー・ベア
  14. ノー・サウンド・バット・ザ・ウィンド - エディターズ
  15. ニュー・ムーン(ザ・メドウ) - アレクサンドル・デプラ
日本版のボーナストラック
  1. Destiny - 加藤ミリヤ

評価[編集]

興行収入[編集]

北アメリカでは4024館で公開され、1億4284万ドル(約128.5億円)を記録し初登場1位を記録。この数字は『ダークナイト』、『スパイダーマン3』に次ぐ歴代3位のオープニング成績となった[2]

日本では初登場6位を記録。

受賞/ノミネート[編集]

受賞はしていないが、第30回ゴールデンラズベリー賞にワースト脚本賞、ワーストリメイク・続編賞、ワースト助演男優賞、ワースト・スクリーン・カップル賞にノミネートされた。

MTVムービー・アワード2010では、作品賞、男優賞(ロバート・パティンソン)、女優賞(クリステン・スチュワート)、キス・シーン賞(クリステン・スチュワート&ロバート・パティンソン)・グローバル・スーパースター賞(ロバート・パティンソン)を受賞した。グローバル・スーパースター賞では、クリステン・スチュワートとテイラー・ロートナーもノミネートされた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]