レイチェル・レフィブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイチェル・レフィブレ
Rachelle Lefevre
Rachelle Lefevre
本名 Rachelle Lefevre
生年月日 1979年2月1日(35歳)
出生地 カナダの旗 カナダ ケベック州モントリオール
活動期間 1999年 -

レイチェル・レフィブレ、あるいはラシェル・ルフェーブル[1]Rachelle Lefevre, 1979年2月1日 - )は、カナダ出身の女優

来歴[編集]

ケベック州モントリオール出身。父親はフランス系の英語教師、母親は心理学者[2]マギル大学で学んだ[3]

大学在学中に女優を目指しながらウェイトレスとして働いていたとき、常連客であったプロデューサーの目に留まり[4]シットコムのオーディションを受けることになる。その役は逃したが、それがきっかけでキャスティング・ディレクターの目に留まり、1999年にドラマ『ハイスクール・ウルフ』でデビューした[3]。撮影しながら大学に通ったが、結局学位を得ることはなかった[5][6]

映画『トワイライト』シリーズでは吸血鬼ヴィクトリアを演じているが、三作目からブライス・ダラス・ハワードに変更となった。

主な出演作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

日本語題
原題
役名 備考
1999 ハイスクール・ウルフ
Big Wolf on Campus
ステイシー・ハンソン 22エピソード
2003 チャームド〜魔女3姉妹
Charmed
オリヴィア 第6シーズン第5話「霊界からの愛」
2005 Life on a Stick リリー 13エピソード
BONES
Bones
エイミー・モートン 第1シーズン第7話「32時間の命」
2006 ヴェロニカ・マーズ
Veronica Mars
マージョリー 第3シーズン第2話「社交クラブ初体験」
2006-2007 恋するブライアン
What About Brian
ヘザー / サマー 計11話出演
2007 ママと恋に落ちるまで
How I Met Your Mother
サラ 1エピソード
クローザー
The Closer
ミシェル・モーガン 第3シーズン第3話「それぞれの素顔
CSI:ニューヨーク
CSI:NY
デヴォン・マックスフォード 第4シーズン第3話「消されたスパイ」
2008 ボストン・リーガル
Boston Legal
ダナ 計3話出演
Swingtown メリンダ 5エピソード
CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
第9シーズン第5話「そばにいてほしい
弁護士イーライのふしぎな日常
Eli Stone
第2シーズン第4話「決断のとき」
パンデミック 20XX年人類消滅
The Summit
レオニー ミニシリーズ
2011 OFF THE MAP 〜オフ・ザ・マップ
Off the Map
ライアン・クラーク 計13話出演
2011-2012 A Gifted Man ケイト 計14話出演
2013-継続中 アンダー・ザ・ドーム
Under the Dome
ジュリア・シャムウェイ メインキャスト

映画[編集]

日本語題
原題
役名 備考
1999 レジェンド・オブ・スリーピー・ホロウ
The Legend of Sleepy Hollow
カタリーナ・ヴァン・タッセル テレビ映画
2002 コンフェッション
Confessions of a Dangerous Mind
Tuvia(25歳)
2004 トリコロールに燃えて
Head in the Clouds
アリス クレジットなし
2006 ブッチ&サンダンス/伝説のアウトロー
The Legend of Butch & Sundance
エッタ・プレイス テレビ映画
2008 トワイライト〜初恋〜
Twilight
ヴィクトリア
2009 ニュームーン/トワイライト・サーガ
The Twilight Saga: New Moon
ヴィクトリア
2010 ロビイストの陰謀
Casino Jack
エミリー・ミラー
バーニーズ・バージョン ローマと共に
Barney's Version
2011 恐怖ノ黒電話
The Caller
メアリー
アメリカン・ドリーマーズ
The Pool Boys
ローラ
2012 Omertà ソフィー
2013 ホワイトハウス・ダウン
White House Down
メラニー
Pawn Shop Chronicles サンディ
バトルフロント
Homefront
スーザン・ハッチ

脚注[編集]

  1. ^ 本来の発音はラシェル・ルフェーヴルが近い。また、ミドルネームはMarieではない。Twitter / RachelleLefevre: Okay @IMDb, little poem for ...”. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ Castillo, Sara (12 August 2008). "Love Totally Bites! We Talk with 'Twilight's' Edward and Victoria!". FEARnet. Retrieved on 14 August 2008.
  3. ^ a b "Canada's hottest up-and-coming directors, actors and writers". Playback. 5 July 2004. Retrieved on 23 August 2009.
  4. ^ Malcom, Shawna (29 October 2009). "'Twilight' boosts Rachelle Lefevre's career". Variety. Retrieved on 5 November 2009.
  5. ^ Williamson, Kevin (22 November 2008). "'Twilight' star enjoys villainous role". Jam!. Retrieved on 23 November 2008.
  6. ^ Aurthur, Kate (2013年8月26日). “Cake Decorating With "Under The Dome" Star Rachelle Lefevre”. BuzzFeed. 2013年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]