コンフェッション (2002年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンフェッション
Confessions of a Dangerous Mind
監督 ジョージ・クルーニー
脚本 チャーリー・カウフマン
原作 チャック・バリス
製作 アンドリュー・ラザー
製作総指揮 スティーヴン・ソダーバーグ
スティーヴン・エヴァンス
ジョナサン・ゴードン
ランド・ラヴィンチ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 サム・ロックウェル
ドリュー・バリモア
音楽 アレックス・ワーマン
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
編集 スティーヴン・ミリオン
製作会社 セクション・エイト・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年12月31日
日本の旗 2003年8月16日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $33,013,805[1]
テンプレートを表示

コンフェッション』(原題: Confessions of a Dangerous Mind)は、2002年製作のアメリカ映画

概要[編集]

俳優のジョージ・クルーニーの監督デビュー作。

米国で60-80年代にかけて活躍した、著名なテレビプロデューサーのチャック・バリスの伝記が原作になっている。

ストーリー[編集]

ABC放送の臨時職員として働いていたチャックは、今までにない新しいTV番組を作ろうと考えるが上手くいかない。そんな彼の前にジム・バードと名乗る謎の男が現れる。男はチャックにある仕事を持ちかける。その仕事とは、CIAの秘密工作員となって、合衆国にとって邪魔な存在を消していくというものだった。

その後チャックは『デート・ゲーム』や『ザ・ゴングショー』などの人気番組を生み出し、TVプロデューサーとしても秘密工作員としても成功していく。しかし、番組は次第に世論から叩かれていくようになってしまい、自分自身も工作員の命を狙う何者かに追い詰められていく。

キャスト[編集]

役名: 俳優 (ソフト版日本語吹き替え)

インタビュー映像[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Confessions of a Dangerous Mind (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]