ロバート・パティンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・パティンソン
Robert Pattinson
Robert Pattinson
2012年
本名 Robert Douglas Thomas Pattinson
生年月日 1986年5月13日(28歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 185センチ
職業 俳優・モデル・ミュージシャン
活動期間 2004年 -
主な作品
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
トワイライト』シリーズ
備考
サイン
Robert Pattinson signature.svg

ロバート・ダグラス・トーマス・パティンソンRobert Douglas Thomas Pattinson1986年5月13日 - )は、イギリス俳優モデル歌手

来歴[編集]

生い立ち[編集]

イングランドロンドン出身。父親のリチャードはクラシック・カーの輸入業、母親のクレアはモデル事務所で働いていた[1]。姉(リジー、ヴィクトリア)がいる。12歳の時に一定期間の間だけモデルをしていたことがある。15歳の時にアマチュア劇団バーンズ・シアター・グループの一員として本格的に演劇をはじめる。

キャリア[編集]

2004年にテレビ映画『ニーベルングの指環』でデビュー。同年公開の『悪女』に出演したが、劇場版では出演シーンがカットとなってしまった(DVD版では収録されている)。翌年公開の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のセドリック・ディゴリー役で注目を集める。

2008年公開の『トワイライト〜初恋〜』で主人公ベラ・スワンの恋人エドワード・カレン役でブレイクした。『トワイライト〜初恋〜』においては、サム・ブラッドリーと共作してロバートが歌ったNever Thinkという楽曲が挿入歌として使用されており、曲はサウンドトラックに収録されている。

トワイライト』シリーズでは、全作にわたってエドワード・カレン役を演じている。

2009年には第81回アカデミー賞のプレゼンターを務め、同年公開の『天才画家ダリ 愛と激情の青春』では画家のサルバドール・ダリを演じた。

資産・金銭[編集]

2010年7月、ニューヨーク・マガジンによると、映画『トワイライト』シリーズで一躍トップスターになったロバートだが、その出演料も破格の額に上がっているという。ロバートはトワイライトの最終章の『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』と『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』の2部作でそれぞれ2,500万ドル(日本円で約22億5,000万円)の出演料が約束されており、作品がヒットすればさらにプラス1,600万ドル(日本円で約14億4,000万円)を手にすることになるという。ハリウッドにおいて2,000万ドル以上の出演料を手にするのは、ウィル・スミストム・クルーズなどの『A級リスト俳優』と呼ばれる一握りの人物に限られており、若手俳優としては異例である[2]

2010年11月、英ヒート・マガジンが最もリッチな30歳以下のイギリス人スターランキングを発表し、ロバートは推定総資産額1,850万ポンド(日本円で約24億1,400万円)で5位にランクインした。ちなみにこのランキングの上位5位はシンガーではなく映画俳優が独占した。

2011年5月、イギリスの30歳未満の億万長者リストが発表され、ロバート・パティンソンは総資産額は3,200万ポンド(約42億2,400万円)で昨年の14位から8位に大幅に順位を上げた[3]

2011年6月、経済誌『フォーブス』が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」を発表し、2010年の5月からの1年間で2,000万ドル(日本円で約16億円)稼いで15位にランクインした。このランキングのトップ20はミュージシャンとスポーツ選手が占めており、俳優はロバートとクリステン・スチュワートだけだった[4]

私生活[編集]

趣味は音楽の演奏で、ギターキーボードが得意だという[5]

2009年、エイズのチャリティ・イベントのためにロバートの頬にキスをできる権利をオークションにかけ、2人がそれぞれ2万ユーロ(日本円で約222万円)で落札したという。

2010年12月、charitybuzz.comによると、ロバートは世界中の恵まれない子供達を救うチャリティー団体『GO Campaign』に寄付するために映画『トワイライト』シリーズの第4弾となる『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』の撮影地を見学する権利をオークションにかけ、3万2500ドル(日本円で約273万円)で落札されたという。プランの内容はオークションの落札者とゲスト3人に対し、2011年の2月から4月中旬の間にカナダのバンクーバーで行われる『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』の撮影現場を1日見学し、出演者のクリステン・スチュワートテイラー・ロートナーダコタ・ファニングと面会する機会を与えるとともにフォーシーズン・ホテルに2泊し、VIPリムジンでホテルと撮影現場を送迎するという[6]

交友関係[編集]

映画『トワイライト』シリーズで共演した女優クリステン・スチュワートと交際している。報道当初は否定していたが、2010年2月にロバート本人が認めた。「トワイライト」の撮影時はクリステンが17歳で交際を禁止されていたため、正式に付き合いだしたのは『ニュームーン』撮影中の2009年夏頃である。2010年10月、トワイライトの最終章の撮影地であるニューオリンズで撮影のためにクリステンと共に月5000ドル(日本円で約40万5000円)の家を借りた。関係者は「クリステンは『試験的結婚みたいね』とジョークを言っています」とコメントしている。

2012年にスチュワートの浮気報道後破局、その後復縁したが再度破局[7]

過去に女優のカミーラ・ベルと交際していたことがある、と報道されていたがロバート本人が交際の噂を否定している。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2004 悪女
Vanity Fair
ラウディ・クロウリー クレジット表記なし
ニーベルングの指環
Ring of the Nibelungs
ギゼルハー テレビ映画
2005 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Harry Potter and the Goblet of Fire
セドリック・ディゴリー
2006 The Haunted Airman トビー・ジャグ テレビ映画
2007 The Bad Mother's Handbook ダニエル・ゲール テレビ映画
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter and the Order of the Phoenix
セドリック・ディゴリー
2008 真夜中のギタリスト
How To Be
アート DVD:2010年11月3日発売
トワイライト〜初恋〜
Twilight
エドワード・カレン
The Summer House リチャード
2009 天才画家ダリ 愛と激情の青春
Little Ashes
サルバドール・ダリ WOWOW:2012年3月3日放送
ニュームーン/トワイライト・サーガ
New Moon
エドワード・カレン
2010 リメンバー・ミー
Remember Me
テイラー
エクリプス/トワイライト・サーガ
Eclipse
エドワード・カレン
Unbound Captives フィニアス
2011 恋人たちのパレード
Water for Elephants
ジェイコブ
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1
The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 1
エドワード・カレン
2012 コズモポリス
Cosmopolis
エリック・パッカー
ベラミ
Bel Ami
ジョルジュ・デュロア
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2
The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2
エドワード・カレン

参考文献[編集]

外部リンク[編集]