アバウト・ア・ボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アバウト・ア・ボーイ』(About a Boy)は、ニック・ホーンビィの小説。1998年初版。

2002年イギリスで映画化され、アカデミー脚色賞にノミネートされた。また、サウンドトラックをバッドリー・ドローン・ボーイが手掛けている。

あらすじ[編集]

ノース・ロンドンに住む36歳独身のウィル・フリーマンは、父親の遺した印税収入により、何もせず気ままに暮らしていた。人生を謳歌していると自分で語るウィルだが、周りからは精神的に成長していないと見られている。たくさんの女性とデートはするものの、その関係は2カ月以上持ったためしがない。たまたまシングルマザーの女性と交際し、その気楽さに味をしめたウィルは、片親が互いに励ましあうグループ:SPATに参加。うまくスージーという女性とデートの約束を取り付けるが、デートには彼女の友人フィオナの息子マーカスも一緒だった。

マーカスは、精神的に不安定かつヒッピー風で奇妙な母:フィオナの影響で学校に溶け込めずにいたが、フィオナはそれに気づいていない。マーカスは、フィオナと自分を支えてくれるよう、ウィルを頼り、放課後ウィルの家に遊びに来るようになった。ウィルは、周りの子供と同じような外見をさせてやろうと、マーカスにアディダスのスニーカーを購入するが、学校でさっそく盗まれてしまう。これがきっかけで、フィオナにウィルとの交遊がばれ、フィオナとウィルは激しい口論となり、マーカスはウィルに会えなくなる。

マーカスは盗難について校長に呼び出され、そのときに出会った不良風の上級生:エリーに一目惚れする。マーカスは再びウィルの下に出向き、エリーが心酔するカート・コバーンのことを教わる。カート・コバーンの話題をきっかけに、マーカスはエリーと友達になった。ウィル、そしてエリーとの交流によって、マーカスは精神的に成長していく。

一方、ウィルはイラストレーターのレイチェルを真剣に愛するようになる。レイチェルの思い込みからマーカスに息子のふりをしてもらうが、最終的には真実を話すも実質破局となる。

マーカスはエリーを誘い、実父に会うためケンブリッジへ向かった。その途上、カート・コバーンの死[1]を知ったエリーは、ショックからウォッカを飲み、さらに途中下車した町のレコードショップで窓ガラスを割るという事件を起こし、マーカスも一緒に補導されてしまう。マーカスの実父、フィオナ、ウィル、エリーの母、レコード店主らが一堂に会し、誤解を乗り越え、互いに理解し合う。

映画化[編集]

アバウト・ア・ボーイ
About a Boy
監督 クリス・ワイツ
ポール・ワイツ
脚本 ピーター・ヘッジズ
クリス・ワイツ
ポール・ワイツ
原作 ニック・ホーンビィ
製作 ジェーン・ローゼンタール
ロバート・デ・ニーロ
ブラッド・エプスタイン
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
製作総指揮 リン・ハリス
ニック・ホーンビィ
出演者 ヒュー・グラント
ニコラス・ホルト
トニ・コレット
音楽 デーモン・ゴフ
撮影 レミ・アデファラシン
編集 ニック・ムーア
製作会社 スタジオカナル
トライベッカ・プロダクションズ
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 イギリスの旗 2002年4月26日
日本の旗 2002年9月14日
上映時間 100分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $30,000,000[2]
興行収入 $130,549,455[2]
テンプレートを表示

キャスト[編集]

原作小説との相違点[編集]

  • ウィルの年齢が、38歳になっている
  • 後半のストーリー展開
    • マーカスとエリーの逸話の割愛
    • クライマックスが、マーカスの学校のコンサートになっている

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1994年4月5日に自殺
  2. ^ a b About a Boy (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2010年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]