オーケー・ゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーケー・ゴー (OK Go)
}
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
ジャンル オルタナティブ・ロック
インディー・ロック
パワー・ポップ
活動期間 1999年 -
レーベル キャピタル・レコード
Paracadute Recordings
公式サイト www.okgo.net
メンバー
ダミアン・クーラッシュ
ティム・ノードウィンド
ダン・コノップカ
アンディ・ロス
旧メンバー
アンディー・ダンカン

オーケー・ゴー (OK Go) は、アメリカ合衆国シカゴ出身の4人組インディー・ロックバンド。1999年結成。近年は楽曲のみならず、アイデアに富んだ破天荒なPVも高い評価を得ている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • ダミアン・クーラッシュ (Damian Kulash) – ボーカル、ギター
  • ティム・ノードウィンド (Tim Nordwind) – ベース、ギター、ボーカル
  • ダン・コノップカ (Dan Konopka) – ドラム、パーカッション
  • アンディ・ロス (Andy Ross) – キーボード、ギター、ボーカル

旧メンバー[編集]

  • アンディー・ダンカン (Andy Duncan) - キーボード、ギター (2005年脱退)

来歴[編集]

11歳の時にダミアンとティムが子供達のインターナショナル・アーツ・キャンプというサマーキャンプで行われた卓球で出会ったのをきっかけに、The Greased Ferrets というバンドを結成。椅子をドラム代わりにして演奏していた。

ダミアンはグラフィックデザインを、ティムは音楽を選択していた。バンド名の由来は、ダミアンとティムのアートの先生が絵を描かせるときに「Ok...Go!!」と言っていたことから。

2人は高校に入り、アンディ・ダンカン (2005年脱退)、大学にてダンと出会い、1999年デビュー。アンディ・ダンカン脱退後、アンディ・ロスが加入。

2010年1月、久々の新作『オブ・ザ・ブルー・カラー・オブ・ザ・スカイ』をリリース。しかしリリース間もない同年3月にEMIとの契約を解消し、同アルバムを自身のレーベルParacadute Recordingsから再リリースする予定であることが発表された[1]

ダンス映像[編集]

2ndアルバム『オー・ノー』に収録された「ヒア・イット・ゴーズ・アゲイン」のPVで数台のトレッドミル(ウォーキングマシン)を利用しコミカルに踊るメンバーの姿が話題を呼び、2007年度のグラミー賞(Best Short Form Music Video)を受賞。またYouTubeにてYouTubeビデオアウォーズ受賞作品となった(#外部リンク参照)。日本ではMTVにプッシュされ、話題を呼んだ。振り付けにダミアンの姉が関わっている。

同じく2ndアルバム収録曲「ア・ミリオン・ウェイズ」のメンバーが踊るPVのダンスコンテストをYouTube内で行った。同曲のPVはダミアンの自宅裏庭で撮影された。このPVでもダミアンの姉は振り付けに関わっている。

ディスコグラフィー[編集]

  • オーケー・ゴー - OK Go (2002年9月)
  • オー・ノー - Oh No (2005年8月)
  • オブ・ザ・ブルー・カラー・オブ・ザ・スカイ - Of the Blue Colour of the Sky (2010年1月)

脚注[編集]

  1. ^ OK Go Splits With EMI”. ビルボード (2010年3月10日). 2010年3月17日閲覧。

外部リンク[編集]