第70回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第70回アカデミー賞は1998年3月23日に発表・授賞式が行われた。司会はビリー・クリスタル。14部門にノミネートされていた『タイタニック』が作品賞を始めとする11部門を受賞したが、演技部門の受賞は逃した。

受賞結果一覧[編集]

式典[編集]

3時間45分にわたりシュライン・オーディトリアムで行われた授賞式は、『タイタニック』人気もあってか、これまでで最高の視聴率となった。70回目という節目の年を迎えた式典では、これまで作品賞を受賞した70本の作品が紹介された。

日本に関連のある作品としては、第二次世界大戦中に、ユダヤ人を救った外交官杉原千畝のドキュメンタリー『ビザと美徳』が短編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。

In Memoriam[編集]

前年に亡くなった映画人を追悼するIn Memoriamのプレゼンターはウーピー・ゴールドバーグで、俳優のロイド・ブリッジス三船敏郎クリス・ファーレイバージェス・メレディスロバート・ミッチャムJ・T・ウォルシュジェームズ・スチュワート、監督のサミュエル・フラー、撮影監督のスタンリー・コルテス、海洋学者でドキュメンタリー作品も手がけたジャック=イヴ・クストーなどの功績を称えた。

候補と受賞の一覧[編集]

太字は受賞である。 また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。

作品賞[編集]

監督賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

脚本賞[編集]

脚色賞[編集]

撮影賞[編集]

編集賞[編集]

美術賞[編集]

衣装デザイン賞[編集]

メイクアップ賞[編集]

作曲賞[編集]

ドラマ部門[編集]

ミュージカル/コメディ部門[編集]

歌曲賞[編集]

録音賞[編集]

音響編集賞[編集]

視覚効果賞[編集]

外国語映画賞[編集]

長編ドキュメンタリー映画賞[編集]

短編ドキュメンタリー映画賞[編集]

  • A Story of Healing – ドナ・デューイ、キャロル・パステルナーク
  • Alaska: Spirit of the Wild – ジョージ・ケイシー、ポール・ヌヴロス
  • Amazon – キース・メリル、ジョナサン・スターン
  • Still Kicking: The Fabulous Palm Springs Follies – メル・ダムスキ、Andrea Blaugrund
  • Daughter of the Bride – テリー・ランダル

短編アニメ映画賞[編集]

  • ゲーリーじいさんのチェス - ジャン・ピンカヤ
  • 老婦人とハト - シルヴァン・ショメ
  • Famous Fred – ジョアンナ・クイン
  • The Mermaid - アレクサンドル・ペトロフ
  • Redux Riding Hood - スティーヴ・ムーア

短編実写映画賞[編集]

  • ビザと美徳 - クリス・タシマ、クリス・ドナヒュー
  • Dance Lexie Dance – ピアース・ムーア、ティム・ロアネ
  • It's Good To Talk – ロジャー・ゴールドバイ、バーニー・ライス
  • Skal vi være kærester? (Sweethearts?) - Birger Larsen、Thomas Lydholm
  • Wolfgang – キム・マグヌセン、アンダーソン・トーマス・ヤンセン