フィフス・エレメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィフス・エレメント
Le Cinquième élément
The Fifth Element
監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
原案 リュック・ベッソン
製作総指揮 パトリス・ルドゥー
出演者 ブルース・ウィリス
ミラ・ジョヴォヴィッチ
音楽 エリック・セラ
撮影 ティエリー・アルボガスト
編集 シルヴィ・ランドラ
配給 フランスの旗 ゴーモン
アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 フランスの旗 1997年5月7日
アメリカ合衆国の旗 1997年5月9日
日本の旗 1997年9月13日
上映時間 126分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 9000万ドル
興行収入 $263,920,180[1]
テンプレートを表示

フィフス・エレメント』(仏題:Le Cinquième élément、米題:The Fifth Element)は1997年フランスアメリカ合作製作のSFアクション映画映画。

リュック・ベッソン監督、ブルース・ウィリス主演。ミラ・ジョヴォヴィッチの出世作でもある。1997年5月9日カンヌ国際映画祭プレミア公開。

あらすじ[編集]

1914年エジプトピラミッドで世界を救う5番目の要素「フィフス・エレメント」と、世界を滅ぼす邪悪な存在が予言されていることが発見された。突如円盤で飛来したモンドシャワン人により、鍵となる4つの石が隠し部屋より持ち出される。

300年後の未来2214年、世界は全ての攻撃を吸収してしまう「ミスター・シャドー」に脅かされていた。リンドバーグ大統領はモンドシャワン人の意思を受け継ぐコーネリアス神父より、モンドシャワン人と5番目の要素(フィフス・エレメント)を知らされ、彼らを地球に呼び寄せるが、彼らは宇宙の殺し屋マンガロワ人の攻撃を受けて殺害されてしまう。

科学者は、回収された腕の細胞から美女リー・ルーを遺伝子再生するが彼女は脱走。偶然通り掛ったタクシー運転手コーベン・ダラスに拾われる。

登場人物[編集]

コーベン・ダラス(ブルース・ウィリス
本作の主人公。2214年のニューヨークに住むタクシー運転手。退役軍人で元少佐。特殊部隊のエリートとして、あらゆる武器を扱い宇宙船の操縦もこなせる戦闘のエキスパート。今はだらしのない私生活を送っており、遠方に住む母親からは小言の電話がよくかかってくる。勤務中に空から降ってきた謎の女性リー・ルーを助けたことにより、彼女を巡る争いから地球の存亡をかけた戦いに巻き込まれてゆく。
一日に吸う煙草を4本と決めているが、フィルターの部分が極端に長いため結局4本合わせてキングサイズ1本分、またはそれ以下である。
リー・ルー(ミラ・ジョヴォヴィッチ
本作のヒロイン。フルネームは「リルミナイ・ダラビナベナチャイ・エバデセバド」。突如超高層ビルの窓から落ちてきた、オレンジ色の髪を持つ謎の女性。ゾーグの手下マンガロワ人に殺害されたモンドシャワン人の片腕より、リンドバーグ大統領らによって体を再生させられたが、パニックを起こして研究施設を脱出しコーベンと出会う。その正体は、悪を滅ぼす武器のキーである5番目の要素(フィフス・エレメント)“愛”。残りは四大元素(水・火・土・風)。最初は大昔に宇宙で使われていた言語(モンドシャワン語)しか話すことが出来なかった。地球人の5000倍のDNA情報を持ち、普通の人間よりも遥かに高い学習能力を持つ。
ゾーグ(ゲイリー・オールドマン
本作の悪役である武器商人。フルネームは「ジャン・パプチスト・エマニュエル・ゾーグ」。主人公のタクシー会社の親会社の社長でもある。本作の悪役だが主人公とは接点がほとんど無く、フロストンパラダイス行きの船のエレベーターで行き違いになっただけで、主人公であるコーベンと直接対決することはないという珍しいタイプの敵役。頭の半分を剃り上げて透明なカバーで覆うという妙な髪型をしている。足が悪く器具をつけているため、歩き方も不自然である。哲学的な面もあるが、部下や従業員への配慮がない冷徹な性格。コーネリアス神父に生と死についての独自の持論を展開したあと、果物を喉に詰まらせて死にかけるなどドジな面もある。黒幕である「ミスター・シャドー」には頭が上がらず、非常に恐れている。宇宙の殺し屋マンガロワ人を手下にしている。
ライトアーム(トリッキー
ゾーグの片腕ともいえる存在。ゾーグから与えられた任務を実行するも、いつもタイミングが悪く失敗ばかりしている。
コーネリアス神父イアン・ホルム
遥か昔からフィフス・エレメントの誕生を待ち続けてきた者たちの子孫。リー・ルーに宇宙の歴史を学ばせ宇宙を救うものとしての教養を身につけさせる事に意欲を燃やす。反面、目的のためならば手段を選ばず、敵ではないコーベンを騙しもする。
マンロー将軍(ブライオン・ジェームズ
軍人でコーベンの元上官。フロストン星へと赴く任務に彼を抜擢し、懸賞旅行の当選を裏工作する。
リンドバーグ大統領(タイニー・リスター・Jr)
統一宇宙連邦の黒人大統領。
ルービー・ロッド(クリス・タッカー
ラジオ番組の司会者。ラジオなので映像はないのだが、公開収録であるためかド派手な衣装を着ている。フロストン星行きの宇宙船の中で遭遇し、懸賞の当選者であるコーベンに半ば強引につきまとう。ハイテンションの高音・高速トークが特徴。オカマ言葉を使うがホモセクシュアルではない模様。口癖は「Oh My God」「グリーン!」。
オペラ歌手ディーヴァ・プラヴァラグナ(マイウェン・ル・ベスコ)/歌の吹き替え(インヴァ・ムラ
宇宙船「フロストン・パラダイス」で行われるオペラ公演の歌手。数本の触手を頭と背中から生やした、光沢のある青色の肌をしている。本来の目的はあるものを渡すため、連邦政府の人間と接触する事である。同じ肌の付き人が多数いる。
パッコリー教授(ジョン・ブルータル
1914年のエジプトにモンドシャワン人が現れたシーンに登場。ピラミッドの壁画の秘密を解読している老教授。
ビリー(ルーク・ペリー
1914年のエジプトにモンドシャワン人が現れたシーンに登場。パッコリーの助手の青年。
司祭(ジョン・ベネット
1914年のエジプトにモンドシャワン人が現れたシーンに登場。先祖代々モンドシャワン人に仕えてきた一族の末裔。壁画の秘密を知りすぎたパッコリーを毒殺しようとした。だが、失敗する。
強盗(マチュー・カソヴィッツ
コーベンの家に押しかけて銃を突きつけるが、不意を突かれて撃退される。
マンガロワ人
宇宙の殺し屋一族で、戦士としてのプライドが非常に高い。変装の技術にも長けている。ゾーグと手を結んではいるが反りが合わない。
ミスター・シャドー(ジャン・レノ(声のみの登場))
ゾーグを手下に使う、意思を持つ邪悪な黒い小惑星。壁画に記された世界を滅ぼす邪悪な存在で黒幕。核ミサイルなどの全ての攻撃を吸収して無効化し、逆に自らの力に変えてしまう。電波を吸収しゾーグに電話で指令を出す。弱点はフィフス・エレメント“愛”と四大元素を組み合わせた最終兵器。

日本語吹替[編集]

役名 DVDVHS BD 日本テレビ テレビ朝日
コーベン・ダラス 大塚芳忠 安原義人 野沢那智
リー・ルー 松本梨香 愛河里花子 松本梨香
ゾーグ 山寺宏一 佐古正人 磯部勉
コーネリアス神父 大木民夫 佐々木梅治 小林恭治 永井一郎
ルービー・ロッド 山寺宏一 三ツ矢雄二 山寺宏一 三ツ矢雄二
パッコリー教授 峰恵研 辻親八 清川元夢 岩崎ひろし
ビリー 伊藤栄次 庄司将之 小杉十郎太 小野健一
司祭 稲葉実 水野龍司
マンロー将軍 坂口芳貞 廣田行生 阪脩 藤本譲
リンドバーグ大統領 玄田哲章 斎藤志郎 有本欽隆 内海賢二
フォッグ 室園丈裕 根本央紀
役不明又はその他 子安武人
佐々木優子
石波義人
荒川太朗
徳丸完
糸博
長島雄一
浅野まゆみ
島香裕
小山裕香
掛川裕彦
斎藤志郎
沢田敏子
大友龍三郎
渡辺美佐
藤巻恵理子
樋浦茜子
幸田夏穂
児玉孝子
山野井仁
遠藤純一
加瀬康之
平野稔
廣田行生
内田直哉
小室正幸
竹口安芸子
石井隆夫
松本大
楠大典
林佳代子
海老原英人
朴璐美
土田大
小池亜希子
山門久美
よのひかり
小野塚貴志
高森奈緒
翻訳 石原千麻 武満真樹
演出 中野洋志 小山悟
調整 蝦名恭範 金谷和美
録音 浜松町スタジオ
効果 南部満治 サウンドボックス
プロデューサー 宮崎啓子
北島有子
プロデューサー補 野地玲子
村井多恵子
制作 乃村守蔵
(ACクリエイト)
ケイエスエス
初回放送 1999年1月8日
金曜ロードショー
2002年4月14日
日曜洋画劇場

製作[編集]

脚本は監督のリュック・ベッソンが16歳の時に考えた物語を基にしている。

ベッソンは『フィフス・エレメント』を映画化すべく行動を始め、実際に映画化寸前まで話は進行していたものの、資金面で実現不可能との結論に達した。 解決案として低コストで別の映画を製作してそれを本作品の資金の足しにする計画を立てた。そのためにベッソンは2日間で『レオン』の脚本を完成させる。当初は資金の足しにするつもりで製作された『レオン』は大ヒットし、最高のスタッフ・条件で本作を制作することが可能になった。衣装もジャン=ポール・ゴルチエが担当することになった。当初、リールーの設定は「フロストン星の海岸に住む若く美しい女性だが、年齢2000歳の砂女」になる筈だったと云う。リールーが語っていた言語(古代宇宙語)は、ベッソン自らがラテン語やヘブライ語から考察し、辞書まで作り上げられた造語。左記の事はDVD化された際の特典映像でも語られている。

配役[編集]

今作でヒロイン役を射止めたミラ・ジョヴォヴィッチは、一度今作のオーディションに落ちている。その後リュック・ベッソンがロサンゼルスに滞在しているとき、単独で再び乗り込み役を得た。どのようにして役を得たかは様々な憶測が飛び交っている。余談ながら、ミラは映画公開後ベッソン監督と結婚。

ベッソン作品には常連であったジャン・レノは出演予定ではなかったが、ベッソンの計らいにより声のみで登場すると言う形になった。ジャン・レノの声はルービー・ロッド(クリス・タッカー)の登場シーンで効果音として「ジェミナイ(Gemini)」と発言している。なお「Gemini」とはルービーの出演する番組のスポンサー企業名で、コーベンが当たった懸賞の「ジェミニ・コロッケ」を販売している食品会社。

スタッフ[編集]

歌:インヴァ・ムラ(ソプラノ。なお、フィルムではInva Mulla Tchakoとクレジットされているが、Inva Mula)
指揮:フレデリック・シャズラン

Blu-ray Disc/DVD[編集]

パラマウント ジャパンよりBlu-ray Disc/DVDの2フォーマットをリリース。

  • Blu-ray Disc
    • フィフス・エレメント スペシャル・エディション
  • DVD
    • フィフス・エレメント ※通常版
    • フィフス・エレメント アドバンスト・コレクターズ・エディション ※DTS音声版

書籍[編集]

テリー・ビッスンによるノベライズ作品が刊行されている。こちらはロッドの名前が「ロック」になっていたり、ダラスとゾーグが対面するシーンがあるなど、映画版とは微妙に内容が異なっている。

邦訳版は1997年にソニーマガジンズより刊行(ISBN 978-4-7897-1232-3)。

ゲーム[編集]

1998年にハドソンよりプレイステーション用ソフトとして3Dアクションゲーム化されている。

キャッチコピー[編集]

  • 誰も見たことのない未来。

参考文献[編集]

  1. ^ The Fifth Element”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]