アナスタシア (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナスタシア
Anastasia
監督 ドン・ブルース
ゲイリー・ゴールドマン
脚本 スーザン・ゴーシャー
ブルース・グレアム
ボブ・ツディカー
ノニ・ホワイト
製作 ドン・ブルース
ゲイリー・ゴールドマン
製作総指揮 モーリーン・ドンリー
出演者 メグ・ライアン
ジョン・キューザック
音楽 デヴィッド・ニューマン
編集 フィオナ・トレイラー
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年11月21日
日本の旗 1997年12月20日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ロシア語
フランス語
製作費 $50,000,000
興行収入 $139,804,348[1]
テンプレートを表示

アナスタシア』(Anastasia)は、1997年アニメ映画。1956年公開の『追想』のリメイクであり、20世紀フォックスが初めてアニメ製作した作品。アンナ・アンダーソンが実は17歳で殺害されたはずのロシア皇帝ニコライ2世の末娘アナスタシア皇女では無いかという20世紀で最も有名の謎の一つ、アナスタシア伝説が元になっている。

第70回アカデミー賞主題歌賞と音楽賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

ロマノフ朝アナスタシア皇女は8歳。あるパーティーで彼女は、大好きな祖母である皇太后に子守唄のオルゴールになっている宝石箱と、宝石箱の鍵のペンダントを贈られる。ペンダントには“いつかパリで一緒に暮らそう”というメッセージが刻まれていた。

しかし、そのパーティーに邪悪な魔法使いラスプーチンが現れ、彼の呪いによってロシア革命が起こる。マリー皇太后と共に逃げるアナスタシアは逃げられなくなるが、召使の少年が壁の隠し扉から逃がしてくれる。だがアナスタシアは汽車から転落し、頭を打ち気絶。そのまま人混みに紛れ行方が分からなくなってしまう。

その後の彼女の消息は不明なまま10年が過ぎた。皇太后はアナスタシアを探し続けており、王女を連れて行けば皇太后から褒美が貰えるというニュースが全世界に広まった。それを信じた詐欺師ディミトリとウラジミールは偽のアナスタシアに仕立てた娘を渡すことで褒美をせしめようとする。街でオーディションを開くもいい娘は見つからず、二人は白旗を上げた。

その頃、過去の記憶を持たない孤児アーニャは孤児院を出る歳になり、家族との唯一の手がかりのペンダントに刻まれたパリに行こうとしていた。途中で出会った犬のプーカを連れ、駅に着き、パリまでの切符を買おうとしたが出国ビザがないので切符が買えない。老婆のアドバイスを受け、切符をくれるという「ディミトリ」に会うべくアーニャは城に入る。城の空気にアーニャは何かを思い出しかけるが、全ての記憶を思い出すことはなかった。アーニャに会ったディミトリは彼女の境遇を聞き、お誂えだとして彼女を騙す形で旅に出ることにする。

一方、ロマノフ朝を滅ぼした張本人であるラスプーチンは地底のアジトに潜伏し、ロマノフ家最後の生き残りであるアナスタシアの命を狙っていた。 ラスプーチンは配下のコウモリ・バルトークの話を聞き、アーニャこそがアナスタシアであると確信する。

道中は騒がしくも楽しく、ディミトリは屈託のないアーニャと過ごすうちに彼女に心惹かれていく。そして彼女を騙していることに罪の意識を覚え始めていた。

その頃皇太后は相次ぐ偽アナスタシアの登場にうんざりしていた。そして彼女は言った「もうアナスタシアと名乗る人とは会わない」と。

いよいよパリに着き、皇太后の侍女だったソフィーに面会したアーニャは、道中で叩き込まれた「アナスタシアの知識」をばっちり披露する。しかし最後の思いがけない質問にディミトリは焦燥する。それはディミトリが教えていないことだった。しかしアーニャは何故かそれにさえもしっかり答えられ、彼女の答えを聞いたディミトリはアーニャの正体に思い至る。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Anastasia (1997)”. Box Office Mojo. 2010年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]