コンタクト (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンタクト
Contact
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 マイケル・ゴールデンバーグ
原作 カール・セーガン
製作 スティーヴ・スターキー
ロバート・ゼメキス
製作総指揮 ジョーン・ブラッドショウ
リンダ・オブスト
出演者 ジョディ・フォスター
マシュー・マコノヒー
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ドン・バージェス
編集 アーサー・シュミット
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年7月11日
日本の旗 1997年9月13日
上映時間 153分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $100,920,329[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$171,120,329[1] 世界の旗
テンプレートを表示
アレシボ天文台

コンタクト』(Contact)は、1997年アメリカ映画カール・セーガン[2]によるSF小説の映画化作品。SETIプロジェクト、人類宗教科学政治地球外生命、などをテーマとする娯楽SF映画に仕上がっている。

あらすじ[編集]

SETIプロジェクトの研究者エリナー・アロウェイ(愛称エリー)はアレシボ天文台で探査と研究をしていた。しかし先の見えないSETIプロジェクトに対し懐疑的な天文学の権威ドラムリンによってエリーのチームは研究費とアレシボの利用権を打ち切られ、研究は中断を余儀なくさせられてしまう。

エリーは独自の資金源を求め各企業を渡り歩き、ついにハデンというスポンサーを得ることに成功する。こうしてニューメキシコ超大型干渉電波望遠鏡群を独自の資金で渡りをつけ探査を再開したある日、彼女は遂にヴェガから断続的に発信し続けられる有意な電波信号を受信。チームは色めき立ち、早速その解析を進めるが、独断でこれを公にしたことでドラムリンや政府(NSA)が介入。探査は進むが、次第にエリーの思惑とは関係ない方向へと事態が進行していく。政府の宗教顧問パーマーやカルト宗教家、さらに出資者ハデンまでもがそれぞれの思惑で動き始めたことで、探査の主導権や解析結果の解釈を巡る駆け引きは政治科学宗教を巻き込んだ展開を見せ始める。

エリーとパーマーは親しくなるが、パーマーが神を信じていることを語ると、実証主義のエリーはそれをオッカムのかみそりを例に一笑に付す。パーマーは、愛する父親を幼くして失ったエリーに、父親を愛していた証拠はあるのかと問いかける。

ハデンの助言によりエリーはメッセージの解読に成功。メッセージに含まれる設計図をもとにヴェガへの移動装置が建設される。エリーは乗組員に志願するが、審議会でパーマーに「神の存在を信じるか」と問われ、実証主義の立場から否定する。結果、神を信じる多くの人々を思い込みだと思っていることを理由にエリーは落選し、表向きに神の存在を認めたドラムリンが乗組員に選ばれてしまう。しかし動作テストの日、カルト宗教家の自爆テロによりマシーンは破壊され、ドラムリンも死亡する。

失意のエリーのもとに、ハデンから北海道で極秘に建造されていたマシーン2号機の存在が知らされ、乗組員として誘われる。エリーが乗り込むと、ワームホールを経由しヴェガにたどり着く。エリーはそこで父親を見つけるが、ただ父親の容姿をした異星人であることに気づく。彼らはそこで何億年もの間知的生命体とコンタクトを取っているのだといい、エリーは地球に送り戻される。

地球に到着したエリーは、発射時刻から全く時が経っていないことに気づく。管制室の人々も、実験は失敗したと思い込んでいた。エリーが身に着けていたカメラにはノイズのみで他は何も写っておらず、エリーの話を聴いた政府はエリーが妄想を言っていると信じようとしない。しかし後の報告書で、カメラはノイズしかなかったものの、18時間もの間録画されていることが判明した。

エリーは再びニューメキシコに戻り、望遠鏡と向き合う生活を再開する。望遠鏡は増設されていた。エリーが経験した地球外知的生命との接触の真偽について、作中では政府の公式見解が明確にされていないが、少なくとも以前よりも宇宙観測の環境が整う結果につながったことを控えめに示唆している。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ東京
エリナー"エリー"・アロウェイ ジョディ・フォスター 勝生真沙子 戸田恵子
パーマー・ジョス マシュー・マコノヒー 森田順平 てらそままさき
S・R・ハデン ジョン・ハート 大塚周夫
デイヴィッド・ドラムリン トム・スケリット 江角英明 菅生隆之
マイケル・キッツ ジェームズ・ウッズ 佐々木勝彦 大塚明夫
テッド・アロウェイ デヴィッド・モース 関根信昭 内田直哉
少女時代のエリー ジェナ・マローン 吉田愛理
ケント・クラーク ウィリアム・フィクナー 大滝寛 江原正士
レイチェル・コンスタンティン アンジェラ・バセット 藤生聖子 唐沢潤

大村崑の次男岡村政治が端役ながら出演している。

演出:佐藤敏夫 翻訳:佐藤恵子 調整:高久孝雄

エピソード[編集]

  • アメリカ大統領が会見を行うシーンで、当時のクリントン大統領の実際の会見映像をデジタル加工した物を使用し、物議を醸した。
  • 手のひらのクローズアップなどいくつかのシーンで円弧状に並んだ光点のパターンが繰り返しあらわれる。これはカール・セーガンのお気に入りの星座で、その形が電波望遠鏡を思わせるかんむり座の星の並びになっている。
  • リアリティの追求のため、「メッセージ」に対する世界の反応を追うニュース発信源としてCNNが使われ、実際にCNNのリポータが25人以上出演している。また、「ラリー・キング・ライブ」や「クロスファイア」といった番組も使われている。
  • 北海道上陸の際、日本文化を意識した船室が登場するが、洋画でよく目にする「不自然な日本」が描かれている。(床の間に鏡餅、木の引き戸など)

原作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Contact (1997)”. Box Office Mojo. 2009年12月1日閲覧。
  2. ^ 原作者のカール・セーガンは天文学者であり、NASAの発足以来、宇宙計画に関わり、アポロ計画では宇宙飛行士の指導にあたった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]