永遠に美しく…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
永遠に美しく…
Death Becomes Her
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 マーティン・ドノヴァン
デヴィッド・コープ
製作 ロバート・ゼメキス
スティーヴ・スターキー
出演者 メリル・ストリープ
ブルース・ウィリス
ゴールディ・ホーン
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ディーン・カンディ
編集 アーサー・シュミット
配給 ユニヴァーサル映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年7月31日
日本の旗 1992年12月12日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[1](概算)
興行収入 $58,422,650[1] アメリカ合衆国の旗
$149,022,650[1] 世界の旗
テンプレートを表示

永遠に美しく…』(とわにうつくしく、Death Becomes Her)は、1992年アメリカ映画ロバート・ゼメキス監督。不老不死の秘薬を飲んだ女性達の騒動を通して、「いつまでも若く美しくありたい」という願望をブラックに描くコメディ映画。出演はブルース・ウィリスメリル・ストリープゴールディ・ホーン他。

ストーリー[編集]

人気女優だったが最近落ち目のマデリーン。そんな彼女を昔からのライバルであるヘレンが訪ね、有名な美容外科医のアーネストと婚約したと自慢する。マデリーンはアーネストを誘惑、アーネストはマデリーンを選んだ。失意のヘレンは激太りし、7年後には病院送りになる。それからさらに7年後。50代となり容姿の衰えに悩むマデリーンの元へ、若いとき同様の美しさを保ったヘレンからパーティの招待状が届いた。焦るマデリーンは、不思議な女性リスルから受け取った「永遠に若くいられる秘薬」を飲んで若返り、不死となる。だが、薬で得られる“不死”には落とし穴があった……。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ
マデリーン・アシュトン メリル・ストリープ 池田昌子 一柳みる
ヘレン・シャープ ゴールディ・ホーン 井上瑤 藤田淑子
アーネスト・メルヴィル ブルース・ウィリス 羽佐間道夫 樋浦勉
リスル・フォン・ローマン イザベラ・ロッセリーニ 高島雅羅 駒塚由衣
医師 シドニー・ポラック 青森伸 小林清志

スタッフ[編集]

(以下アカデミー視覚効果賞受賞スタッフ)

エピソード[編集]

特殊メイクは大御所のディック・スミスがサポートした。アカデミー授賞式ではテレビ中継でカットされてなるものかと4人が壇上で簡潔に感謝の言葉を述べアッという間に終了。司会のビリー・クリスタルが腕時計を見ながら「今のは新記録だね」と言って客席を沸かせた。

ケン・ローストンは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』以来ゼメキス監督作品の常連である。この2年後『フォレスト・ガンプ/一期一会』で再びゼメキス監督作品でオスカーを手にする事になる。

ILMがオプチカル・プリンターを使った最後の作品となった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Death Becomes Her (1992)”. Box Office Mojo. 2009年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]