ホワット・ライズ・ビニース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホワット・ライズ・ビニース
What lies Beneath
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 クラーク・グレッグ
製作 スティーヴ・スターキー
ロバート・ゼメキス
ジャック・ラプケ
製作総指揮 ジョーン・ブラッドショウ
マーク・ジョンソン
出演者 ハリソン・フォード
ミシェル・ファイファー
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ドン・バージェス
編集 アーサー・シュミット
製作会社 イメージムーバーズ・デジタル
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年7月21日
日本の旗 2000年12月9日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $155,464,351[1] アメリカ合衆国の旗
$291,420,351[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ホワット・ライズ・ビニース』(原題:What lies Beneath)は、2000年アメリカ映画ハリソン・フォードミシェル・ファイファー主演のサスペンス・スリラーアルフレッド・ヒッチコックの映画技法を意識した作品でもある。

ストーリー[編集]

ノーマンとクレアの夫婦は、娘のケイトリンが大学進学で独立したことをきっかけに、ノーマンの父が所有していたヴァーモント州の湖畔沿いにある家に引っ越してきた。自然に囲まれる中で、夫婦ではなく恋人同士の時代を思い返す二人、しかし、隣の家でこそこそと”大きな人型の荷物を捨てる”住人に不信感を抱き、また家の中では奇妙な音が鳴り始め、クレアは都会とは違う奇妙な出来事に興味を持ちはじめ、探偵まがいの撮影・録音などを楽しむようになる。

一方、ノーマンは何故か全く興味を示さず、クレアは説明を繰り返しながら不満が募っていった。

やがて、クレアの心の中に忘れていた1年前の自殺未遂事件の記憶が蘇ってきた。なぜ忘れていたのか、どういう事情があったのか、自分のことなのに自分の記憶の曖昧さにも疑問を抱き、誠実に受け答えはするが行動が一致しない夫へも不信感と疑問を強くする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版
ノーマン・スペンサー ハリソン・フォード 磯部勉
クレア・スペンサー ミシェル・ファイファー 小山茉美
ジョディ ダイアナ・スカーウィッド 藤生聖子
ドクター・ドレイトン ジョー・モートン 仲野裕
ウォーレン・フューアー ジェームズ・レマー 有本欽隆
メアリー・フューアー ミランダ・オットー 渡辺美佐
マディソン・エリザベス・フランク アンバー・ヴァレッタ 谷育子
ケイリトン・スペンサー キャサリーン・トーネ
ドクター・スタン・ポーエル レイ・ベイカー
エレナ ウェンディ・クルーソン

日本語版スタッフ、翻訳:栗原とみ子、演出:蕨南勝之、調整:土屋雅紀

脚注[編集]

  1. ^ a b c What lies Beneath (2000)”. Box Office Mojo. 2009年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]