ユーズド・カー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーズド・カー
Used Cars
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 ロバート・ゼメキス
ボブ・ゲイル
製作 ボブ・ゲイル
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
ジョン・ミリアス
出演者 カート・ラッセル
音楽 パトリック・ウィリアムズ
撮影 ドナルド・M・モーガン
編集 マイケル・カーン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年7月11日
日本の旗 1980年11月22日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $11,715,321[1]
テンプレートを表示

ユーズド・カー』(原題: Used Cars) は、1980年アメリカ映画

ストーリー[編集]

アリゾナ州フェニックスの中古車販売会社に勤めるルディは、上院議員になるという目標を実現するために必死で働いて軍資金を稼ぎ、社内でトップの営業成績を誇っていた。ある日、社長のルークが心臓発作で倒れて亡くなってしまう。そこでルディら社員たちは、社長は長期休暇に出かけたということにして会社を乗っ取り、自分たちの好きなように車を売り始め、ルークの弟が経営するライバル会社を圧倒する。しかしあるとき、失踪中だったルークの娘が戻ってきて真実に気づく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]