ラリー・キング・ライブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・キング・ライブ
ジャンル トーク番組
放送時間 平日 21:00 - 22:00(60分)
放送期間 1985年6月3日 - 2010年12月16日
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 CNN
企画 ラリー・キング
出演者 ラリー・キング
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク Larry King Live
テンプレートを表示

ラリー・キング・ライブ』(Larry King Live)は、1985年6月3日 - 2010年12月16日CNNで放送されていた、1時間の生放送トーク番組である。通称「L.K.L」。番組ホストはラリー・キングが務めた。

番組概要[編集]

毎回原則的に1人か1組のゲストを招き、キングとの対談を進める[1]。そのインタビュー形式によるトークにはキングならではのスタイルや味があり、視聴者・ゲスト共に信頼され「他の番組なら出ないが『ラリー・キング・ライブ』だから出演した」というゲストも多い。通常はロサンゼルスのCNNスタジオからの放送されるが、ニューヨークワシントンD.C.から放送されることもある。

視聴者電話で参加してゲストに直接質問したり、意見を話したりできるのも特徴のひとつ。

最高視聴率を記録したのは1993年11月9日の放送で、アル・ゴア副大統領(当時)とロス・ペロー北米FTAの是非について討論を交わした回で1,117万人を記録した。この視聴者数は当時、アメリカでのケーブルテレビ専門チャンネルの最多視聴者数であり2006年秋からESPNマンデーナイトフットボールの放送を開始するまで塗り替えられることはなかった。

番組は2010年12月16日放送分をもって終了[2][3]。放送期間は25年に及んだ。後継番組はイギリスのジャーナリストピアーズ・モーガンによる『ピアース・モーガン・トゥナイト(Piers Morgan Tonightで、2011年1月17日に放送を開始している[4]

日本での視聴方法[編集]

日本ではCS放送スカパー!スカパー!e2)やケーブルテレビのチャンネル「CNNj」で視聴でき、日本時間の午後7時から録画放送されている。

Podcastでも無料配信されている(当然、字幕や同時通訳は無い)。

ゲスト[編集]

番組に出演した主なゲスト。

日本人[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日本のテレビ番組では『ラリー・キング・ライブ』を見たことが無い日本人にも、それがどのような番組なのか直感的に分かるように伝えるために、"アメリカ版『徹子の部屋"と表現していることがある(TBS系列の番組『ピンポン!』他。2007年現在)
  2. ^ Michael Thurston (2010年12月15日). “Veteran CNN host Larry King hangs up suspenders” (English). AFP. 2010年12月16日閲覧。 “Veteran CNN talk show host Larry King hangs up his famous suspenders Thursday, after a quarter of a century of interviewing the powerful and famous.”
  3. ^ “ラリー・キング氏の人気番組、25年の歴史に幕” (日本語). 読売新聞. (2010年12月18日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101218-OYT1T00646.htm 2010年12月18日閲覧。 
  4. ^ Frazier Moore (2010年12月15日). “After 25 Years, King Is Giving up His CNN Throne” (English). ABC. 2010年12月16日閲覧。 “The focus is on Piers Morgan, whom CNN named as the new guy in September. It is busily promoting his January debut. Morgan, a 45-year-old British journalist and TV personality (omitted)”
  5. ^ 『<緊急>トヨタ自動車の豊田章男社長に独占インタビュー!』 - CNNj
  6. ^ 『トヨタ社長、公聴会後に従業員らと対話 涙ぐむ場面も』 - 日本経済新聞 2010年2月25日
  7. ^ 『豊田社長、人気番組に生出演「問題に正確に答えたい」』 - レスポンス 2010年2月25日
  8. ^ 『トヨタ問題めぐる米公聴会、豊田社長は電子制御の問題否定』 - ロイター通信 2010年2月25日

外部リンク[編集]