Queen Victoria 至上の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Queen Victoria 至上の恋
Mrs. Brown
監督 ジョン・マッデン
脚本 ジェレミー・ブロック
製作 サラ・カーティス
製作総指揮 ダグラス・レイ
アンドレア・コールダーウッド
レベッカ・イートン
ナイジェル・ウォール・グリーン
出演者 ジュディ・デンチ
ビリー・コノリー
音楽 スティーヴン・ウォーベック
撮影 リチャード・グレートレックス
編集 ロビン・セールズ
配給 イギリスの旗 ブエナビスタ
アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年7月18日
イギリスの旗 1997年9月5日
日本の旗 1999年1月30日
上映時間 106分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $9,229,808[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

Queen Victoria 至上の恋』(原題: Mrs. Brown)は、1997年イギリス映画。広告では『Her Majesty, Mrs. Brown』(ミセス・ブラウン陛下)というタイトルも使用された。出演はジュディ・デンチビリー・コノリージェフリー・パーマーアントニー・シャージェラルド・バトラー、脚本はジェレミー・ブロック、監督はジョン・マッデンである。

第70回アカデミー賞主演女優賞メイクアップ賞にノミネートされた。

この映画はBBCによりテレビ用に制作されたが、ミラマックスに取得されて劇場公開され、予想外の成功を収めた。興行収入は世界中で1300万ドル以上にのぼった。

あらすじ[編集]

ヴィクトリア女王(デイム・ジュディ・デンチ)とスコットランドの使用人ジョン・ブラウン(コメディアンのビリー・コノリー)との交流と、それが引き起こした騒動の物語。

夫君アルバート公の死後、塞ぎこんでしまったヴィクトリア女王の心痛を癒し、公務に復帰してもらうため、側近たちはアルバート公の信頼厚い使用人であったジョン・ブラウンを女王の個人的な使用人として召し出すことにした。

ジョン・ブラウンはその宮廷儀礼にとらわれない素朴な対応によって女王の気持ちを解きほぐすことに成功するが、ブラウンに対する女王の過度な寵愛は、王族や側近のみならず、政治家や国民をも巻き込む大騒動を引き起こす。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主な受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mrs. Brown (1997)”. Box Office Mojo. 2010年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]