ベアトリス (イギリス王女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベアトリス王女

ヘンリー・オブ・バッテンバーク公子妃ベアトリス・メアリ・ヴィクトリア・フィオドアBeatrice Mary Victoria Feodore, Princess Henry of Battenberg, 1857年4月14日1944年10月26日)は、イギリス女王ヴィクトリアアルバート公の五女で末子。ニックネームは“ベービィ”。

幼少の時、ナポレオン3世の皇太子ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ(ナポレオン4世)と結婚話もあがっていたが、ルイは戦死し、実現しなかった。その後、姪ヴィクトリア・アルベルタヘッセン大公ルートヴィヒ4世と姉アリスの娘)とバッテンベルク公ルートヴィヒ・アレクサンダーの結婚式で、新郎の弟であるバッテンベルク公子ハインリヒ・モーリッツを見初め、結婚した。夫との間にスペインアルフォンソ13世の妃となるヴィクトリア・ユージェニー(家族間では“エナ”と呼ばれた)など、3男1女をもうける。血友病保因者であり、彼女を通じてスペイン王室に血友病がもたらされた。

母ヴィクトリアの生前は秘書の役割をしており、後に母の日記を編纂した。秘書役に重宝がられたのが災いして、婚期が遅れた面もある(ハインリヒは三男で領地も肩書きもなく、末娘を秘書としてそばに置きたい女王には好都合の婿だった)。

子女[編集]