ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ
Wag the Dog
監督 バリー・レビンソン
脚本 ヒラリー・ヘンキン
デヴィッド・マメット
製作 ジェーン・ローゼンタール
バリー・レビンソン
ロバート・デニーロ
出演者 ロバート・デニーロ
ダスティン・ホフマン
アン・ヘッチ
音楽 マーク・ノップラー
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 ステュー・リンダー
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ・コミュニケーション
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年12月17日
日本の旗 1998年5月23日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $64,256,513[1]
テンプレートを表示

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ』(Wag the Dog)は1997年に製作されたアメリカ映画。選挙戦を控えた大統領のセックススキャンダルをもみ消すために暗躍する揉み消し屋を描く。ベルリン国際映画祭審査員特別賞受賞作品。

題名[編集]

原題のWag the dogは映画の冒頭のWhy does a dog wag its tail?Because a dog is smarter than its tail.If the tail were smarter,the tail would wag the dog.(なぜ犬は尻尾を振るのか?それは尻尾より犬が賢いから。尻尾のほうが賢けりゃ尻尾が犬を振る)のwag the dogからきている。この映画では大統領のスキャンダルから国民の目をそらすため、架空の戦争をでっち上げようとする。民主主義国家では国民が主人(a dog)で大統領や周辺のスタッフ(the tail)は国民に仕えるのが本来だが、国民より大統領やスタッフのほうが賢いので国民は政府に振り回され、また、大統領自身も裏で暗躍している揉み消し屋の思惑に振り回されているという二重の皮肉がこめられている。

ストーリー[編集]

大統領選挙中、現職大統領がセックス・スキャンダルを起こした。スキャンダルを国民の目からそらすためにスピン・ドクターと呼ばれる揉み消し屋コンラッド・ブリーン(ロバート・デ・ニーロ)を緊急招集する。コンラッドは国民の目からスキャンダルをそらすためにアルバニアとの架空の戦争、B3爆撃作戦を画策する。コンラッドは実際には存在しない架空の戦争、架空の部隊、架空の英雄を国民に信じ込ませるためにハリウッドの敏腕プロデューサー、スタンリー・モッツ(ダスティン・ホフマン)に協力を依頼する。かくして、彼らによるスキャンダル揉み消し工作が始まる。まず、手始めに架空の敵国に選ばれたアルバニアの非道さを全米中に知らしめ、戦争の正当性を捏造していく。スタンリーはハリウッド仕込みの映像合成テクニック、愛国心を盛り上げる歌で“非道なアルバニア”、“非道なアルバニアからアルバニア国民を守ったアメリカ”というイメージを作り上げていく。架空の映像でアメリカ人の愛国心が盛り上がるが、そこには何かが欠けていた。戦争につき物の英雄だ。その英雄を捏造するためにまた、策を練る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
スタンリー・モッツ ダスティン・ホフマン 小川真司
コンラッド・ブリーン ロバート・デ・ニーロ 麦人
ウィニフレッド・エームス アン・ヘッチ 安達忍
ウィリアム・シューマン軍曹 ウディ・ハレルソン 荒川太朗
ファド・キング デニス・レアリー 内田直哉
ジョニー・グリーン ウィリー・ネルソン 宝亀克寿
リズ・バツキー アンドレア・マーティン 沢田敏子
グレース スージー・プラクソン 宮寺智子
トレイシー・ライム キルスティン・ダンスト 武田佳子
CIAエージェント ウィリアム・H・メイシー 御友公喜
本人役 ジェームズ・ベルーシ 山野井仁
本人役 ジェイ・レノ 山野井仁
大統領 マイケル・ベルソン 大木民夫
ジョン・ニール上院議員 クレイグ・T・ネルソン 塚田正昭

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Wag the Dog (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2010年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]