スリーパーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリーパーズ
Sleepers
監督 バリー・レヴィンソン
脚本 バリー・レヴィンソン
原作 ロレンツォ・カルカテラ英語版
製作 バリー・レヴィンソン
スティーヴ・ゴリン英語版
製作総指揮 ピーター・ジュリアーノ
出演者 ジェイソン・パトリック
ブラッド・ピット
ロバート・デ・ニーロ
ダスティン・ホフマン
ケヴィン・ベーコン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 スチュー・リンダー英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年10月18日
日本の旗 1997年4月12日
上映時間 147分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $165,615,285[1]
テンプレートを表示

スリーパーズ』(Sleepers)は、1996年アメリカ合衆国のドラマ映画及び同名の原作小説。

ストーリー[編集]

あるいたずらが原因で過失傷害を問われ、少年院に送られたロレンツォ(シェイクス)、マイケル、トミー、ジョンの4人の少年を待っていたのは、看守たちからの性的虐待だった。圧倒的な暴力を前になすすべもなく、少年たちは心に深い傷を負う。

ある日の院内のフットボールの試合中、リーダー格でギャングの息子であるリゾを引き込み、日頃の虐待の恨みを暴力で晴らすが、その後リゾは「殴る場所がなくなるまで」殴られて死んだ。

やがて成人した4人のうち、トミーとジョンがレストランでかつての看守であるノークスに出会い、射殺してしまう。検事補になり、今事件を担当することになったマイケル、新聞記者となったロレンツォは2人を無罪に、そして少年院であった虐待を公にすることを誓い、奮闘する。

まず、呑んだくれの弁護士スナイダーに、マイケルが密かに用意した台本どおりに弁護をさせ、裁判に証人として出廷した元看守の1人であるファーガソンに虐待があったことを認めさせる。次に、もう1人の元看守はリゾを院内で撲殺したことをギャングの兄に密告され、射殺される。残りの1人で現在は刑事となっていた男は、ロレンツォの密告によって収賄と殺人の容疑で逮捕される。

レストランにいた客が2人を見たと証言した不利な状況で、ロレンツォは4人をよく知るボビー神父に聖職者は嘘をつかないと知った上で偽の証言をしてほしいと懇願する。少年院であった出来事を幼馴染のキャロルや神父に打ち明け、数週間後、神父は出廷し、事件当夜は被告の2人とバスケットボールの観戦をしに行っていたと偽の証言をする。

看守への復讐が着々と進み、残るは無罪判決のみ。判決は無罪。その後、4人とキャロルは祝杯をあげる。これが5人が集まった最後の夜となった。

数年後、ジョンとトミーは30歳を迎える前に何者かに殺害された。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ
ロレンツォ・カルカテラ英語版 (シェイクス) ジェイソン・パトリック 原康義 江原正士
マイケル・サリヴァン ブラッド・ピット 平田広明 堀内賢雄
トミー・マルカノ ビリー・クラダップ 森川智之 室園丈裕
ジョン・ライリー ロン・エルダード 矢尾一樹 星野充昭
少年時代のロレンツォ ジョー・ペリーノ英語版 岡野浩介 佐々木望
少年時代のマイケル ブラッド・レンフロ 遠近孝一 私市淳
少年時代のトミー ジョナサン・タッカー まるたまり
少年時代のジョン ジェフリー・ウィグダー英語版 くまいもとこ
ショーン・ノークス ケヴィン・ベーコン 江原正士 中田和宏
キャロル ミニー・ドライヴァー 勝生真沙子 水谷優子
ボビー神父 ロバート・デ・ニーロ 大塚明夫 羽佐間道夫
ダニー・スナイダー弁護士 ダスティン・ホフマン 堀勝之祐 小川真司
キング・ベニー ヴィットリオ・ガスマン 江角英明 納谷悟朗
ラルフ・ファーガソン テリー・キニー 小島敏彦
ロレンツォの父 ブルーノ・カービー 原田一夫 青野武

スタッフ[編集]

ノンフィクションか否か[編集]

原作(および映画)は当時、ノンフィクションと謳われ、著者のロレンツォ・カルカテラ英語版が少年院で体験した仕打ちと復讐を綴った小説とされ、ベストセラーになった。だが、実際には本にあるような看守殺害の裁判の記録は一切なく、裁判所と検事局は事実無根であると声明を出した。またロレンツォが学校を長期欠席、または退学した事実はなく、少年院へ行っていないことが判明した。

参考文献[編集]

  1. ^ Sleepers (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]