ウディ・ハレルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウディ・ハレルソン
Woody Harrelson
Woody Harrelson
2009年
本名 Woodrow Tracy Harrelson
生年月日 1961年7月23日(53歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ミッドランド
身長 180 cm
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1978年 -
配偶者 ナンシー・サイモン(1985年 - 1986年)
ローラ・ルイ(1998年 - )

ウディ・ハレルソンWoody Harrelson, 本名: Woodrow Tracy Harrelson, 1961年7月23日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ミッドランド生まれの俳優。悪役やスキャンダラスな役を得意とする。

略歴[編集]

マフィアの雇われ殺し屋の父[1]と、弁護士秘書の母の間に生まれる。父チャールズは1968年と1978年に殺人を犯し(1978年の事件は連邦判事を銃殺)、終身刑となり、服役中に死去[1]。父はまた、ジョン・F・ケネディ暗殺の実行者の一人と名乗っていたこともある。兄と弟がおり、弟のブレット・ハレルソンは俳優である。

ハノーヴァー大学卒業後、ニューヨークへ渡り、演技を学ぶ。ニール・サイモンの舞台でデビューし、テレビ・シリーズ『チアーズ』でお茶の間の人気を獲得した。1992年から本格的に映画界に活動の場を移し、1994年、オリバー・ストーン監督の話題作『ナチュラル・ボーン・キラーズ』で頭角を現す。翌々年には、ミロシュ・フォアマン監督の『ラリー・フリント』で実在のポルノ雑誌編集者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされた。危険な男だけでなく間抜けな男も演じられるのが強み。

演技の実力はあるものの、数々の問題行動を起こすことでも有名。1983年、道路で踊り狂い交通渋滞を引き起こした上に警官を殴って逮捕されたのを皮切りに、1996年にマリファナを栽培して逮捕、同じ年には環境保護を訴えてゴールデンゲートブリッジに登り逮捕、2002年にはロンドンでタクシーの後部座席を破壊して逮捕されている[2]。2009年には空港でパパラッチを殴るという事件を起こしたが、パパラッチがゾンビに見えたと釈明した[3]。また、環境保護運動家、反戦活動家、ヨガのインストラクターと様々な顔を持っているが、とりわけ大麻合法化活動家として有名である。

私生活[編集]

私生活では、1985年にニール・サイモンの娘で歌手のナンシー・サイモンと結婚したが入籍翌日に離婚を申請。10ヶ月後に正式に離婚した[4]。1987年テレビ番組の撮影現場で出会った元アシスタントのローラ・ルイと交際[5]、デニ、ゾーイ、マカーニの3人の娘がいる。一家揃ってコスタリカで原始的な暮らしをしている。2008年12月28日、長年交際してきたローラ・ルイと結婚[6]。ハワイのマウイで挙げた結婚式には、オーウェン・ウィルソンショーン・ペンアラニス・モリセットなど内輪の友人と親族が招かれた。

これまで公式な来日はないが、プライベートで来日したことはあるらしく、両国国技館において相撲を観戦している[7]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1985 ワイルドキャッツ
Wildcats
クルシンスキー
1987 デビルアイランド
Bay Coven
スレイター テレビ映画
1988 恋人たちのキャンパス
Cool Blue
ダスティン
1991 L.A.ストーリー/恋が降る街
L.A. Story
ハリスの上司 クレジットなし
ドク・ハリウッド
Doc Hollywood
ハンク・ゴードン
1992 ハード・プレイ
White Men Can't Jump
ビリー
1993 幸福の条件
Indecent Proposal
デヴィッド・マーフィー ゴールデンラズベリー賞最低助演男優賞 受賞
1994 カウボーイ・ウェイ/荒野のヒーローN.U.へ行く
The Cowboy Way
ペッパー・ルイス
ナチュラル・ボーン・キラーズ
Natural Born Killers
ミッキー・ノックス
1995 マネー・トレイン
Money Train
チャーリー
1996 心の指紋
The Sunchaser
マイケル・レイノルズ
キングピン/ストライクへの道
Kingpin
ロイ・マンソン
ラリー・フリント
The People vs. Larry Flynt,
ラリー・フリント
1997 ウェルカム・トゥ・サラエボ
Welcome to Sarajevo
フリン
ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ
Wag the Dog
ウィリアム・シューマン軍曹
1998 パルメット/邦題:レア・魔性の肉体
Palmetto
ハリー・バーバー
シン・レッド・ライン
The Thin Red Line
ケック
ハイロー・カントリー
The Hi-Lo Country
ビッグ・ボーイ・マットソン
エドtv
Edtv
レイ
1999 マイ スウィート ガイズ
Play It to the Bone
ヴィンス
オースティン・パワーズ:デラックス
Austin Powers: The Spy Who Shagged Me
本人
2000 N.Y.式ハッピー・セラピー
Anger Management
ギャラクシア
2004 ダイヤモンド・イン・パラダイス
After the Sunset
スタン・ロイド
2005 ビッグホワイト
The Big White
レイモンド・バーネル
スタンドアップ
North Country
ビル・ホワイト
2006 今宵、フィッツジェラルド劇場で
A Prairie Home Companion
ダスティ
スキャナー・ダークリー
Scanner Darkly
アーニー・ラックマン
2007 ノーカントリー
No Country for Old Men
カーソン・ウェルズ
南京
Nanking
2008 バトル・イン・シアトル
Battle in Seattle
デイル
暴走特急 シベリアン・エクスプレス
Transsiberian
ロイ
2008 俺たちダンクシューター
Semi-pro
エド・モニックス
10日間で彼女の心をうばう方法
Management
ジャンゴ
7つの贈り物
Seven Pounds
エズラ・ターナー
2009 メッセンジャー
The Messenger
トニー・ストーン インディペンデント・スピリット賞助演男優賞 受賞
アカデミー助演男優賞 ノミネート
ディフェンドー 闇の仕事人
Defendor
アーサー・ポピントン/ディフェンドー
ゾンビランド
Zombieland
タラハシー
2012
2012
チャーリー・フロスト
2010 BUNRAKU
Bunraku
バーテンダー
2011 ステイ・フレンズ
Friends with Benefits
トミー
ランパート 汚れた刑事
Rampart
デヴィッド・ダグラス・ブラウン
2012 ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女
Game Change
スティーヴ・シュミット テレビ映画
ハンガー・ゲーム
The Hunger Games
ヘイミッチ・アバナシー
セブン・サイコパス
Seven Psychopaths
チャーリー・コステロ
2013 グランド・イリュージョン
Now You See Me
メリット・マッキニー
ハンガー・ゲーム2
The Hunger Games: Catching Fire
ヘイミッチ・アバナシー

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1985-1993 チアーズ
Cheers
ウッディ・ボイド 200エピソード
1996 スピン・シティ
Spin City
トミー エピソードMeet Tommy Dugan
1999 そりゃないぜ!? フレイジャー
Frasier
ウッディ・ボイド エピソードThe Show Where Woody Shows Up
2001 ウィル&グレイス
Will & Grace
ネイサン 7エピソード

参照[編集]

  1. ^ a b “Woody Harrelson's Father Dies in Prison”. Associated Press (ABC News). (2007年5月21日). http://abcnews.go.com/Entertainment/wireStory?id=2969564&CMP=OTC-RSSFeeds0312 
  2. ^ “W・ハレルソン、ロンドンで逮捕”. シネマトゥデイ. (2002年6月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0001948 2012年12月28日閲覧。 
  3. ^ “パパラッチに殴りかかったウディ・ハレルソン、「ゾンビだと思った」と釈明”. シネマトゥデイ. (2009年4月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0017666 2012年12月28日閲覧。 
  4. ^ Woody Harrelson”. hollywood.com (2007年). 2013年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月9日閲覧。 “whimsically married in Tijuana in 1985 intending to divorce the following day, but when the couple returned to the storefront marriage/divorce parlor, they found it closed because it was Sunday; marriage lasted 10 months; Harrelson would later tell USA TODAY's Tom Green, "We had to get a summary dissolution through Jacoby and Meyers. I think at the time Neil was a little bit worried I might try to go after her money.”
  5. ^ Woody Harrelson (HTML)”. yahoo (2007年). 2007年9月9日閲覧。 “wife Laura Louie: born c. 1965; co-founded Yoganics, an organic food home delivery service in 1996; worked as Harrelson's assistant for over two years (1987 to c. 1990)”
  6. ^ “『ノーカントリー』のウディ・ハレルソン、結婚!交際20年の恋人と”. シネマトゥデイ. (2008年12月31日). http://www.cinematoday.jp/page/N0016437 2012年12月28日閲覧。 
  7. ^ http://www.cinematoday.jp/page/A0002312

外部リンク[編集]