ナチュラル・ボーン・キラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナチュラル・ボーン・キラーズ
Natural Born Killers
監督 オリバー・ストーン
脚本 デヴィッド・ヴェロズ
リチャード・ルトウスキー
オリヴァー・ストーン
原案 クエンティン・タランティーノ
製作 ジェーン・ハムシャー
ドン・マーフィ
クレイトン・タウンゼント
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
トム・マウント
出演者 ウディ・ハレルソン
ジュリエット・ルイス
音楽 ブレント・ルイス
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 ハンク・コーウィン
ブライアン・バーダン
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年8月26日
日本の旗 1995年2月4日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000
テンプレートを表示

ナチュラル・ボーン・キラーズ』(原題:Natural Born Killers)は1994年製作のアメリカ映画である。監督はオリバー・ストーン、原案はクエンティン・タランティーノ[1]

行く先々で殺人を繰り返すカップルの逃避行を描いたバイオレンス映画。欧米各国で年齢制限公開や上映禁止となり、話題を呼んだ。

フィルム、VTR、アニメ合成など、MTV風の目まぐるしく移り変わる映像が特徴。

ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞を受賞した。

ストーリー[編集]

片田舎の場末レストランに立ち寄ったミッキーとマロリーは、音楽に合わせて踊るマロリーに卑俗な言葉を浴びせる客との大乱闘と殺戮の上、レジの金を掴むと、生かしておいた男性客に「ミッキーとマロリーがやったと言え」と告げる。実は彼らは凄惨な生い立ちを抱えていた。父親から性的虐待を受けて育ったマロリーは肉屋の配達のバイトをしていたミッキーと恋に落ち、マロリーは両親を殺し、ミッキーとマロリーは逃避行に走るがそこから愛と殺戮の旅路が始まり、やがてミッキーとマロリーは時の英雄のごとくマスコミから注目される。TV番組キャスターのウェイン・ゲールと所長ドワイト・マクラスキーが彼らを追う。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ミッキー・ノックス ウディ・ハレルソン 中多和宏
マロリー・ノックス ジュリエット・ルイス 雨蘭咲木子
ウェイン・ゲール ロバート・ダウニー・Jr 大塚芳忠
ドワイト・マクラスキー トミー・リー・ジョーンズ 樋浦勉
ジャック・スキャグネッティ トム・サイズモア 江原正士
エド・ウィルソン(マロリーの父親) ロドニー・デンジャーフィールド 増岡弘
マロリーの母親 エディ・マックラーグ 磯辺万沙子
デイル・リグレー巡査 デイル・ダイ 有本欽隆
ガソリンスタンド店員 バルサザール・ゲティ
ダンカン ジョー・グリファシ
メーベル(ウェイトレス) オーラン・ジョーンズ
日本人少女 / TVリポーター 中村佐恵美

[編集]

  1. ^ タランティーノは脚本を書いたが、オリバー・ストーンによる、タランティーノの意図とは異なる大幅なストーリーの変更に強い不満を示し、激怒した。と言われている[要出典]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]