ロドニー・デンジャーフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロドニー・デンジャーフィールド
Rodney Dangerfield
Rodney Dangerfield
1978年撮影
本名 Jacob Cohen
別名義 Jack Roy
生年月日 1921年11月22日
没年月日 2004年10月5日(満82歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカニューヨーク州
民族 ユダヤ系アメリカ人
ジャンル コメディアン
俳優
声優
プロデューサー
活動期間 1940年-1949年
1960年-2004年
配偶者 Joyce Indig (1940年-1970年)
Joan Child (1993年-2004年)
受賞
グラミー賞 (1981)
American Comedy Awards (1995)

ロドニー・デンジャーフィールドRodney Dangerfield1921年11月22日 - 2004年10月5日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州生まれのコメディアン俳優声優である。

来歴[編集]

米国内でコメディアンの大物として知られるデンジャーフィールドは、1921年ニューヨーク州ロングアイランドのバビロンに生まれる。父親はヴォードヴィリアンだった。19歳のときに“ジャック・ロイ”という芸名でスタンダップ・コメディアンとしてキャリアをスタートさせるも、なかなか芽が開かずウェイターなども兼任。しかしあまりにうまくいかず、家族を養うためにアルミ板のセールスマンへ転身して芸能界を一時はあきらめている。

しばらくはセールスマンとしての仕事を続けていたが、1960年代初頭にやはり夢を捨て切れなかった彼は、“ロドニー・デンジャーフィールド”という芸名で再び活動を再開。そんな時に出演した「エド・サリヴァン・ショー」で人気に火がつき、コメディアンとしての再挑戦は功を奏した。その後も独特なユーモアとハスキーで特徴的な声で数多くのテレビ番組などへ出演してさらに知名度と人気を上げていったデンジャーフィールドは、その後数多くのコメディアンたちに影響を与える大物にまで上り詰める。1969年にはマンハッタンにナイトクラブを買い上げて、そこに立ったコメディアンで有名になった者も少なくない。例としてジェリー・サインフェルドロザンヌ・バージム・キャリーボブ・サゲットなどがいる。1981年に発売したコメディ・アルバム“No Respect”はグラミー賞においてベスト・コメディ・レコード賞を受賞した。テレビ番組のほかに、映画にも出演しており、代表作として『バック・トゥ・スクール』などがある。

心臓弁手術のため入院していた病院で脳梗塞を起こし、2004年10月5日に死去。2006年にはケーブルチャンネルのコメディ・セントラルにおいて彼を追悼する「Legends: Rodney Dangerfield」というタイトルの特別番組が組まれ、アダム・サンドラークリス・ロックジェイ・レノをはじめとする大物コメディアンや司会者が彼を追悼した。これまで二度結婚をしており、最初の妻との結婚で息子と娘をそれぞれもうけた。しかしその結婚も離婚に終わり、1993年に再婚を果たした。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • The Projectionist (1971)
  • ボールズ・ボールズ Chaddyshack (1980)
  • イージーマネー/ 一攫千金 Easy Money (1983)
  • バック・トゥ・スクール Back to School (1986)
  • 恋のレディ&レディ? Ladybugs (1992)
  • ナチュラル・ボーン・キラーズ Natural Born Killers (1994)
  • キャスパー Casper (1995)
  • キャスパー - 誕生編 - Casper: A Spirited Beginning (1997)
  • Meet Wally Sparks (1997)
  • The Godson (1998)
  • My 5 Wives (2000)
  • リトル★ニッキー Little Nicky (2000)
  • Back by Midnight (2002)
  • The 4th Tenor (2002)
  • Angels with Angles (2005)
  • The Onion Movie (2008)

声の出演[編集]

  • ROver Dangerfield (1991)
  • Rusty: A Dog's Tale (1998)

テレビアニメ[編集]

テレビ番組[編集]

アルバム・リリース[編集]

  • No Respect (1981)

外部リンク[編集]