ナチュラル・ボーン・キラーズ (サウンドトラック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 星5つのうち4.5つ[1]
Los Angeles Times 星4つのうち3.5つ[2]
Chicago Tribune 星5つのうち4つlink

ナチュラル·ボーン·キラーズ(Natural Born Killers (soundtrack))は、1994年映画『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のサウンドトラックである。

ナイン・インチ・ネイル​​ズのトレント・レズナーが製作した。

レズナーはツアーの最中にポータブルPro Toolsを使用してサウンドトラックを制作した。

ホテルの部屋で。[3][4]

サウンドトラックをコンパイルするアプローチについてレズナーはMTVに語った。:

あたしはオリバーに提案したのよ。サントラをコラージュにしようって。編集を行ってダイアログを追加し、面白いものを作ろうって。以前にリリースされた曲の束にするだけじゃくてよ。[5]

いくつかの曲はフィルムやサウンドトラックのために特別に書かれた。『バーン』など。ナイン·インチ·ネイル​ズによって。


曲目一覧[編集]

  1. レナード・コーエン - 「奇跡を待っています」
  2. L7 - "ブラックリスト"
  3. ダンZanes - 「グリーン郡の上の月」
  4. パティ・スミス - 「ロックンロールニガー」(洪水 ·リミックス)
  5. カウボーイ・ジャンキーズ - 」スウィート·ジェーン」
  6. ボブ・ディラン - " あなたは私に属して」
  7. デュアン・エディ - 「震動」
  8. ナイン·インチ·ネイル ​​ズ - " バーン "
  9. 「ルート666」
  10. ロバート・ダウニーJr、ブライアンBerdan 「BBトーン」
  11. 「全く熱い」
  12. レミィOngala管弦楽団とスーパーMatimila「Kipenda Roho」
  13. パッツィ・クライン - "赤ちゃんのアームズ戻る"
  14. ピーター・ガブリエルヌスラット・ファテ・アリ・ハーン「タブー」
  15. 「セックスは激しい」
  16. ジェーンズ・アディクション「テッドは、ただ...それを認める」
  17. Diamanda GALAS - " 私はあなたにスペルを入れる "
  18. AOS - 「履歴(リピート自体)」
  19. ナイン·インチ·ネイルズ- 「私が持っていることはありません」
  20. ラッセル・ミーンズ - 「私は家に行くことができます」
  21. ハリウッドPersuaders -「ゴーゴーをドラム」
  22. 「ハングリーな蟻」
  23. バリー·アダムソン 「チェックポイント·チャーリー」と「期待の侵害」
  24. ドクター・ドレー - 「niggaz引き継いだ」
  25. ジュリエット・ルイス 「誕生悪い」
  26. セルジオCervetti - 「反逆天使の秋」
  27. ラード - "Forkboy"
  28. 「BatongavilleでBatonga」
  29. ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団「ベアマウンテンでの夜を」 抜粋
  30. ナイン·インチ·ネイル ​​ズ - 「暖かい場所」
  31. 「アッラー、モハメッド、CHAR、Yaar」ヌスラットファテ·アリ·ハーン&パーティー(抜粋)
  32. レナード・コーエン- 「未来」
  33. THAドッグパウンド - 「Uは何をしますか?」

トラック9、10、13、18、21、23及び25は、種々の録音から組み立てられる対話もの。

サントラ未収録・映画で使用曲[編集]

  • レイジ·アゲインスト·ザ·マシーン「パワーバックを取ることで」
  • マリリン·マンソン"サイクロプス"
  • レナード·コーエン「アンセム」
  • ピーター·ガブリエル「熱のリズム」
  • カウボーイ·ジャンキーズ「あなたが女性だったのと、私が男だった場合」
  • ロバート·ゴードンによる「私ウォーク」のカバー
  • スペシャル「ゴーストタウン」
  • シャングリラス「パックのリーダー」
  • スティーブン・ジェシー・バーンスタイン「なしなしマンパート1」
  • この映画のバスルームのシーンではMELVINS「フーディーニ」が流れる。

プロの批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 星5つのうち4.5つ[1]
Los Angeles Times 星4つのうち3.5つ[2]
Chicago Tribune 星5つのうち4つlink
  • 1995年のベスト三位。とはニュー·ミュージカル·エクスプレス(1994年12月24日号)の評価。
  • 「1990年代の90枚のベストアルバム」の一枚に選ばれた。Q誌(1999年12月1日号)に。


売れ行き[編集]

アルバムはゴールド・レコードで、米国で50万枚を販売している。

参照[編集]

  1. ^ a b Huey, Steve. Review: Natural Born Killers. Allmusic. Retrieved on 2011-07-15.
  2. ^ a b Hillburn, Robert (1995年8月28日). “Hurtling Down 'Killers' Road With Trent Reznor at the Wheel”. Los Angeles Times. 2010年1月7日閲覧。
  3. ^ “Natural Born Thriller”. Los Angeles Times. (October 1995). 
  4. ^ “An Interview with Charlie Clouser”. Scene Magazine. (September 1995). 
  5. ^ Box Set: NIN On "Doing The Soundtrack For Natural Born Killers"”. MTV.com. 2008年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]