今宵、フィッツジェラルド劇場で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今宵、フィッツジェラルド劇場で
A Prairie Home Companion
監督 ロバート・アルトマン
脚本 ギャリソン・キーラー
製作 ロバート・アルトマン 他
製作総指揮 フィッシャー・スティーヴンス
出演者 メリル・ストリープ
リリー・トムリン
ギャリソン・キーラー
ケヴィン・クライン
音楽 リチャード・ドヴォスキー
撮影 エドワード・ラックマン
編集 ジェイコブ・クレイクロフト
配給 ムービーアイ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年6月9日
日本の旗 2007年3月3日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000
興行収入 $20,300,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

今宵、フィッツジェラルド劇場で』(原題: A Prairie Home Companion)は、2006年アメリカ映画。打ち切りの決まったラジオ音楽番組の最後の公開生放送を、劇場の舞台裏とともに描いた群像劇。ロバート・アルトマン監督の遺作となった。

2006年2月の第56回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に選出された。アメリカでは2006年6月9日に760館で公開され、週末興行成績で初登場7位になった。日本では2007年3月3日銀座テアトルシネマBunkamura ル・シネマで公開された後、全国順次公開された。

なお、この映画で描かれているラジオ番組『プレーリー・ホーム・コンパニオン』は現在も放送中の実在する番組である。

ストーリー[編集]

いつものようにフィッツジェラルド劇場で、ラジオ局WLTが放送する音楽番組『プレーリー・ホーム・コンパニオン』の収録が行われようとしていた。今夜がいつもと違うのは、今回の放送をもって30年以上続いたこの番組が終了してしまうことである。劇場が開場され、保安係のガイ・ノワールは向かいのダイナーから劇場に向かい、ジョンソン・ガールズのロンダとヨランダは、ヨランダの娘ローラを連れて楽屋に到着する。司会のギャリソンは、オンエア直前になっても、ギタリストとのおしゃべりをやめる気配をいっこうに見せず、ステージマネージャー助手のモリーをやきもきさせていた。そんななか、舞台の幕が上がり、とうとう最終回の放送が始まるのだった……。

キャスト[編集]

番組スタッフ

  • ガイ・ノワール(保安係) - ケヴィン・クライン(吹替:大塚芳忠
  • アル(ステージマネージャー) - ティム・ラッセル
  • モリー(ステージマネージャー助手、妊婦) - マーヤ・ルドルフ(吹替:加納千秋
  • ドナ(ヘアメイク担当) - スー・スコット
  • エヴリン(サンドイッチ配膳係) - メアリールイーズ・バーク
  • 効果音担当 - トム・キース(吹替:浦山迅

番組出演者

その他

ラジオ番組『プレーリー・ホーム・コンパニオン』について[編集]

『プレーリー・ホーム・コンパニオン』 (A Prairie Home Companion) は、1974年に始まり現在も放送中の実在するラジオ番組である。フィッツジェラルド劇場 (Fitzgerald Theater) を本拠に放送しており、司会はギャリソン・キーラーが務めている。キーラーはこの映画の原案・脚本を担当し、司会役で映画初出演を果たした。また、私立探偵ガイ・ノワールやカウボーイのダスティ&レフティが主人公のドラマ劇が番組内で放送されている。なお、この番組は、日本でもAFN東京局のAMラジオ放送 (810kHz) で日曜午後4時から聴くことができる。

外部リンク[編集]