第67回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第67回アカデミー賞
開催日 1995年3月27日
会場 ロサンゼルスシュライン・オーディトリアム
司会 デイヴィッド・レターマン
ハイライト
作品賞 フォレスト・ガンプ/一期一会
最多部門受賞 『フォレスト・ガンプ/一期一会』(6)
最多部門
ノミネート
『フォレスト・ガンプ/一期一会』(13)
TV放映
放送局 ABC
 < 第66回 アカデミー賞 第68回 > 

第67回アカデミー賞は、1995年3月27日に発表・授賞式が行われた。司会はテレビプレゼンターのデイヴィッド・レターマン。[1]ロバート・ゼメキスの『フォレスト・ガンプ/一期一会』が作品賞をはじめとする6部門を受賞した。[2]

式典[編集]

第67回のアカデミー賞授賞式はシュライン・オーディトリアムで行われ、3時間32分という長さであった。[3]司会のデイヴィッド・レターマンはトーク番組の人気ホストであったが、オスカーでの司会は大変な不評で、その後に彼の番組 “The Late Show's” の視聴率が下がる結果となってしまった。[4]

候補と受賞の一覧[編集]

太字は受賞である。[5] また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。
作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
外国語映画賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞 短編アニメ映画賞
作曲賞 歌曲賞
音響編集賞 録音賞
美術賞 撮影賞
メイクアップ賞 衣裳デザイン賞
編集賞 視覚効果賞

アカデミー名誉賞[編集]

ジーン・ハーショルト友愛賞[編集]

アービング・G・タルバーグ賞[編集]

統計[編集]

複数候補:

候補数 作品名
13 フォレスト・ガンプ/一期一会
7 ブロードウェイと銃弾
ショーシャンクの空に
パルプ・フィクション
4 ライオン・キング
英国万歳!
クイズ・ショウ
3 レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い
若草物語
スピード
トリコロール/赤の愛
2 今そこにある危機
エド・ウッド
フォー・ウェディング
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
ノーバディーズ・フール
愛しすぎて/詩人の妻

複数受賞:

受賞数 作品名
6 フォレスト・ガンプ/一期一会
2 エド・ウッド
ライオン・キング
スピード

プレゼンター・パフォーマー[9][編集]

プレゼンター[編集]

プレゼンター
Thomas, RandiRandi Thomas アナウンサー
ヒラー, アーサーアーサー・ヒラー (AMPAS会長) 開会挨拶
リー・ジョーンズ, トミートミー・リー・ジョーンズ 助演女優賞
ストーン, シャロンシャロン・ストーン 衣裳デザイン賞
サーマン, ユマユマ・サーマン メイクアップ賞
ジェシカ・パーカー, サラサラ・ジェシカ・パーカー 音響編集賞
マーティン, スティーヴスティーヴ・マーティン 編集賞
パキン, アンナアンナ・パキン 助演男優賞
ウィンフリー, オプラオプラ・ウィンフリー ジーン・ハーショルト友愛賞 (クインシー・ジョーンズ)
ニューマン, ポールポール・ニューマン 撮影賞
リー・カーティス, ジェイミージェイミー・リー・カーティス Academy Award for Technical Achievement
ゴードン・E・ソーヤー賞
アレン, ティムティム・アレン 短編実写映画賞
バニー, バッグスバッグス・バニー
ダフィー・ダック
短編アニメ映画賞
ロビンス, ティムティム・ロビンス
スーザン・サランドン
美術賞
セーガル, スティーヴンスティーヴン・セーガル 視覚効果賞
L・ジャクソン, サミュエルサミュエル・L・ジャクソン
ジョン・トラボルタ
短編ドキュメンタリー映画賞
長編ドキュメンタリー映画賞
バーキン, エレンエレン・バーキン 録音賞
ニコルソン, ジャックジャック・ニコルソン 名誉賞 (ミケランジェロ・アントニオーニ)
グラント, ヒューヒュー・グラント
アンディ・マクダウェル
作曲賞
スタローン, シルヴェスターシルヴェスター・スタローン 歌曲賞
アイアンズ, ジェレミージェレミー・アイアンズ 外国語映画賞
ホプキンス, アンソニーアンソニー・ホプキンス 脚本賞
脚色賞
ウィーヴァー, シガニーシガニー・ウィーヴァー In Memoriam
シュワルツェネッガー, アーノルドアーノルド・シュワルツェネッガー アービング・G・タルバーグ賞 (クリント・イーストウッド)
ハンクス, トムトム・ハンクス 主演女優賞
ハンター, ホリーホリー・ハンター 主演男優賞
スピルバーグ, スティーヴンスティーヴン・スピルバーグ 監督賞
デ・ニーロ, ロバートロバート・デ・ニーロ
アル・パチーノ
作品賞

パフォーマー[編集]

名前 内容
コンティ, ビルビル・コンティ 編曲
指揮者
オーケストラ
カリー, ティムティム・カリー
キャシー・ナジミー
マーラ・ウィルソン
パフォーマー "Make 'Em Laugh" (雨に唄えば)
ニューマン, ランディランディ・ニューマン パフォーマー "Make Up Your Mind" (ザ・ペーパー)
スマイス, パティパティ・スマイス パフォーマー "Look What Love Has Done" (ジュニア)
ヒントン・バトル パフォーマー "Circle of Life" (ライオン・キング)
アラン・グリア, デヴィッドデヴィッド・アラン・グリア
アーニー・サベラ
パフォーマー "Hakuna Matata" (ライオン・キング)
ジョン, エルトンエルトン・ジョン パフォーマー 愛を感じて」 (ライオン・キング)

In Memoriam[編集]

シガニー・ウィーヴァーがプレゼンターを務めた。In Memoriam では、昨年亡くなった俳優のフェルナンド・レイキャメロン・ミッチェルバリー・サリヴァンジュリエッタ・マシーナピーター・カッシングジェシカ・タンディドナルド・プレザンスライオネル・スタンダーバート・ランカスタージョージ・ペパードミルドレッド・ナトウィックロッサノ・ブラッツィラウル・ジュリア、ジャズ・ミュージシャンのキャブ・キャロウェイ、監督のテレンス・ヤング、プロデューサーのハリー・サルツマン、作曲家のヘンリー・マンシーニ、アニメーターのウォルター・ランツ等、映画界に貢献した人物が紹介された。[10]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Archerd, Army (1995年1月12日). “Letterman to skip bowling, host Oscars”. バラエティ (Penske Media Corporation). http://variety.com/1995/voices/columns/letterman-to-skip-bowling-host-oscars-1117862616/ 2015年5月10日閲覧。 
  2. ^ Grimes, William (1995年3月28日). “'Forrest Gump' Triumphs With 6 Academy Awards”. ニューヨーク・タイムズ (Arthur Ochs Sulzberger, Jr.). http://www.nytimes.com/1995/03/28/movies/forrest-gump-triumphs-with-6-academy-awards.html 2015年5月10日閲覧。 
  3. ^ Wiley & Bona 1996, p. 987
  4. ^ Schruers, Fred (1996年5月30日). “Dave vs. Dave: Forget Leno & Koppel - Letterman May Be His Own Worst Enemy”. Rolling Stone. http://www.geocities.com/davidletterman82/RollingStone1996Interview.html 
  5. ^ 第67回アカデミー賞 (1995) ノミネート・受賞”. oscars.org. 2015年5月10日閲覧。
  6. ^ Snow, Shauna (1995年1月21日). “Morning Report”. ロサンゼルス・タイムズ (トリビューン・カンパニー). http://articles.latimes.com/1995-01-20/entertainment/ca-22101_1_pioneer-award-recipients 2015年5月2日閲覧。 
  7. ^ “Golden Globes, prelude to Oscars, given tonight Awards...”. Orlando Sentinel (トリビューン・カンパニー). (1995年1月19日). http://articles.orlandosentinel.com/1995-01-21/news/9501201143_1_quincy-jones-oscars-are-presented-beach-concert 2015年5月2日閲覧。 
  8. ^ “Eastwood to be honored with Thalberg Award”. サンフランシスコ・エグザミナー (San Francisco Newspaper Company LLC). (1995年1月19日) 
  9. ^ Wiley & Bona 1996, p. 972
  10. ^ Wiley & Bona 1996, p. 982

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト

分析

その他