ザ・ペーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ペーパー
The Paper
監督 ロン・ハワード
脚本 デヴィッド・コープ
スティーヴン・コープ
製作 ブライアン・グレイザー
フレデリック・ゾロ
デヴィッド・コープ
製作総指揮 ディラン・セラーズ
トッド・ハロウェル
音楽 ランディ・ニューマン
主題歌 ランディ・ニューマン
撮影 ジョン・シール
編集 ダニエル・P・ハンリー
マイケル・ヒル
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年3月18日
日本の旗 1995年5月20日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $48,424,341[1]
テンプレートを表示

ザ・ペーパー』(原題: The Paper)は、1994年アメリカ映画

ストーリー[編集]

NYのタブロイド紙「サン」の編集局。編集次長のヘンリーは、臨月の妻マーサを抱え、他社の編集局からの引き抜きに乗るかどうか迷っていた。編集局長のアリシアは、特ダネを他紙に出し抜かれたことを気に病み、夫とは離婚の危機。編集長のバーニーは疎遠になった娘との関係に悩み、しかも前立腺の病気まで見つかってしまう。コラムニストのマイケルは、公務員のスキャンダルを暴いたことで筆禍におびえていた。

そんなある日、下町で2人の少年が殺人容疑で逮捕される。嫌疑は濃厚であったが証拠不十分なことから、ヘンリーは冤罪を確信する。他社との激しい競争、局内の意見の対立、時間との勝負である記事の執筆、警察への困難な取材をくぐりぬけながら、「サン」紙の編集局は朝刊第一面のスクープのため、また少年たちの無実を証明するため奔走する。

やがて回りだす輪転機と、それぞれの記者たちの運命を交錯させながら、新聞が作られるまでの一日が描かれていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヘンリー・ハケット マイケル・キートン 谷口節
マーサ・ハケット マリサ・トメイ 土井美加
アリシア・クラーク グレン・クローズ 吉田理保子
マイケル・マクドゥーガル ランディ・クエイド 荒川太朗
バーニー・ホワイト ロバート・デュヴァル 上田敏也
グラハム・キーリー ジェイソン・ロバーズ 糸博
マリオン・サンダスキー ジェイソン・アレクサンダー 中多和宏
スーザン キャサリン・オハラ
ディアンヌ・ホワイト ジル・ヘネシー

スタッフ[編集]

賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Paper (1994)”. Box Office Mojo. 2009年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]