太陽に灼かれて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽に灼かれて
Утомлённые солнцем
(Utomlyonnye solntsem)
監督 ニキータ・ミハルコフ
脚本 ニキータ・ミハルコフ
ルスタム・イブラギムベコフロシア語版
製作 ニキータ・ミハルコフ
ミシェル・セイドゥー
製作総指揮 レオニド・ヴェレシュチャギンロシア語版
ジャン=ルイ・ピエール
ウラジミール・セドフ
出演者 オレグ・メンシコフ
インゲボルガ・ダクネイト
ニキータ・ミハルコフ
ナージャ・ミハルコフロシア語版
音楽 エドアルド・アルテミエフロシア語版
撮影 ヴィレン・カルタロシア語版
編集 エンツォ・メニコーニ
製作会社 スタジオ・トリート
キャメラ・ワン
配給 フランスの旗 Pyramide Distribution
日本の旗 ヘラルド・エース/日本ヘラルド映画
公開 フランスの旗 1994年8月31日
日本の旗 1995年7月15日
上映時間 135分
製作国 ロシアの旗 ロシア
フランスの旗 フランス
言語 ロシア語
フランス語
製作費 $2,800,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $2,302,338[1]
次作 戦火のナージャ
テンプレートを表示

太陽に灼かれて』(たいようにやかれて、Утомлённые солнцем)は1994年ロシアフランス合作のドラマ映画。1930年代の大粛清時代のソ連を舞台に描かれる人間ドラマである。ニキータ・ミハルコフ製作・監督・脚本・主演。

続編として2010年の『戦火のナージャ[2]と2011年の『遥かなる勝利へ』がある。

ストーリー[編集]

1936年、ある長い夏の夜。ドミトリはマルーシャの家にやって来た。彼女にとっては10年ぶりに会う、かつての恋人の姿だった。彼女はすでにロシア革命の英雄コトフ大佐の妻となり、ナージャという娘がいた。時代はスターリンが独裁体制を強化、まさに大粛清の嵐が吹き荒れようとしていた頃。ドミトリが突如戻ってきた事にはある目的があった。

キャスト[編集]

受賞[編集]

舞台化作品[編集]

2009年にイギリス・ロンドンで舞台化され、2011年、日本での初演には成宮寛貴が4年ぶりの舞台出演としても話題を集めた。

キャスト

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]