第75回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第75回アカデミー賞は、2003年3月23日に発表・授賞式が行われた。司会はスティーヴ・マーティン

受賞結果一覧[編集]

概要[編集]

75回目という節目の授賞式であったが、同じ時間帯に放映されていたアメリカン・アイドルに次いで2番目の視聴率しか得られなかった。13部門にノミネートされていたミュージカル映画『シカゴ』が作品賞をはじめとする6部門を受賞した。

また、ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞していた日本映画『千と千尋の神隠し』が長編アニメ映画賞を受賞して話題となった。

式典[編集]

授賞式の数日前にイラク戦争が始まり、長編ドキュメンタリー賞を受賞した『ボウリング・フォー・コロンバイン』のマイケル・ムーアはスピーチで痛烈にジョージ・W・ブッシュ政権を批判、” Shame on You, Mr. Bush! Shame on You!” (ブッシュよ、恥を知れ!)[1]と語り、会場からブーイングを受けた。

また、主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディがプレゼンターのハリー・ベリーに熱烈なキスをしたことも話題になった。

In memoriam[編集]

昨年亡くなった映画人を偲ぶIn memoriamにはスーザン・サランドンが登場し、Music Corporation of Americaのエージェントであったルー・ワッサーマン、監督のジョージ・シドニージョン・フランケンハイマーJ・リー・トンプソンジョージ・ロイ・ヒルビリー・ワイルダー、俳優のケティ・フラドダドリー・ムーアロッド・スタイガーホルスト・ブッフホルツレオ・マッカーンミルトン・バールリチャード・クレンナローズマリー・クルーニーシグネ・ハッソキム・ハンターアルベルト・ソルディリチャード・ハリスジェームズ・コバーン、撮影監督のコンラッド・L・ホールなどの功績を称えた。

候補と受賞の一覧[編集]

太字は受賞である。 また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。

作品賞[編集]

監督賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

脚本賞[編集]

脚色賞[編集]

撮影賞[編集]

編集賞[編集]

美術賞[編集]

衣装デザイン賞[編集]

メイクアップ賞[編集]

  • タイムマシン – ジョン・M・エリオット・Jr、バーバラ・ロレンツォ
  • フリーダ – ベアトリス・デ・アルバ、ジョン・E・ジャクソン

作曲賞[編集]

歌曲賞[編集]

録音賞[編集]

音響編集賞[編集]

視覚効果賞[編集]

外国語映画賞[編集]

長編アニメ映画賞[編集]

長編ドキュメンタリー映画賞[編集]

短編ドキュメンタリー映画賞[編集]

  • Mighty Times: The Legacy of Rosa Parks – ロバート・ハドソン
  • The Collector of Bedford Street – アリス・エリオット
  • Twin Towers - ビル・グッテンタグ
  • Why Can't We Be a Family Again? - Roger Weisberg、Murray Nossel

短編アニメ映画賞[編集]

  • 頭山 - 山村浩二
  • 岩のつぶやき - クリス・ステナー、ハイディ・ヴィトリンゲル
  • チャブチャブズ - エリック・アームストロング
  • マイクとサリーの新車でGO! - ピーター・ドクター、ロジャー・グールド
  • Katedra - Tomek Baginski

短編実写映画賞[編集]

  • Der er en yndig mand - Martin Strange-Hansen
  • Fait d'hiver - Dirk Belien、アニャ・ダールマンス
  • Inja (Dog) - Steve Pasvolsky、Joe Weatherstone
  • J'attendrai le suivant... - Philippe Orreindy、Thomas Gaudin
  • Johnny Flynton - レクシー・アレクサンダー、アレクサンダー・ブオーノ

参照[編集]

  1. ^ Michael Moore 2003 Oscar Acceptance Address for Best Documentary Film

外部リンク[編集]