名もなきアフリカの地で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名もなきアフリカの地で
Nirgendwo in Afrika
監督 カロリーヌ・リンク
脚本 カロリーヌ・リンク
製作 ベルント・アイヒンガー
ペーター・ヘルマン
ミヒャエル・ウェバー
音楽 ニキ・ライザー
撮影 ゲルノット・ロール
編集 パトリシア・ロンメル
配給 日本の旗 ギャガ
公開 ドイツの旗 2001年12月27日
日本の旗 2003年8月9日
上映時間 141分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
英語
スワヒリ語
製作費 €7,000,000
テンプレートを表示

名もなきアフリカの地で』(原題:Nirgendwo in Afrika、英題:Nowhere in Africa)は、カロリーヌ・リンク監督による2001年ドイツの映画ナチスの迫害から逃れてアフリカに移住した一家を描く。原作はシュテファニー・ツヴァイクの自伝。

2002年のアカデミー外国語映画賞を受賞した。

ストーリー[編集]

父は弁護士として働く権利を奪われ、祖父はホテルを奪われた。それは、彼らがユダヤ人だからだった。

1938年。母イエッテルと娘レギーナは、ナチスの迫害から逃れるため、先にケニアへ行っている父ヴァルターの元へ向かった。すぐにアフリカに馴染み、黒人の子どもたちや料理人のオウアとも仲良くなったレギーナ。一方、母イエッテルは現実が受け入れられず、オウアに辛くあたり夫には不平不満ばかり言うのだった。そして、家族のために慣れない労働や狩りなどをするも上手くいかない父ヴァルターは自分の無力さを感じ、夫婦の間には小さないさかいが絶えなくなる。

しかし、時がたちイエッテルもケニアでの生活に少しずつ慣れ、「違う」ことの価値を認識し始める。やがて第二次世界大戦は終わり、ドイツに戻れることとなった。祖国に帰り判事として働きたい父、一方ケニアに残りたいと主張する母…はたして家族の選択は?

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
イエッテル・レドリッヒ ユリアーネ・ケーラー 高島雅羅
ヴァルター・レドリッヒ メラーブ・ニニッゼ 堀内賢雄
レギーナ(10代) カロリーネ・エケルツ 今野宏美
レギーナ(幼少時代) レア・クルカ 金田朋子
ジュスキント マティアス・ハビッヒ 小林勝彦
料理人オウア シデーデ・オンユーロ

外部リンク[編集]