シベールの日曜日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シベールの日曜日
Cybele ou les Dimanches de Ville d'Avray
監督 セルジュ・ブールギニョン
脚本 セルジュ・ブールギニョン
アントワーヌ・チュダル
原作 ベルナール・エシャスリオー
『ビル・ダヴレイの日曜日』
製作 ロマン・ピヌス
出演者 ハーディ・クリューガー
音楽 モーリス・ジャール
撮影 アンリ・ドカエ
配給 東和
公開 フランスの旗 1962年11月21日
日本の旗 1963年6月15日
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

シベールの日曜日』(原題:Cybele ou les Dimanches de Ville d'Avray、英題:Sundays and Cybele)は、1962年製作のセルジュ・ブールギニョン監督によるフランス映画。原作はベルナール・エシャスリオーの『ビル・ダヴレイの日曜日』。白黒。

あらすじ[編集]

元空軍のパイロットで、第一次インドシナ戦争での戦傷による記憶喪失が原因で無為な毎日を送っているピエールは、ある日ひとりの少女に出会う。父親に捨てられ、天涯孤独の身となったその少女はフランソワーズと名乗った。お互いに深い孤独を抱えるピエールとフランソワーズは日曜日ごとにビル・ダヴレイを訪れ、疑似的な親子とも恋人同士とも言える関係で触れ合う。しかし、幸福な週末は長くは続かなかった。クリスマスの日に、ピエールはフランソワーズの望みを叶えようとするが……。

キャスト[編集]

受賞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]