インドシナ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドシナ
Indochine
監督 レジス・ヴァルニエ
脚本 レジス・ヴァルニエ
ルイ・ガルデル
エリック・オルセンナ
カトリーヌ・コーエン
製作 エリック・ウーマン
ジャン・ラバディ
出演者 カトリーヌ・ドヌーヴ
ヴァンサン・ペレーズ
音楽 パトリック・ドイル
撮影 フランソワ・カトンヌ
編集 ジュヌヴィエーヴ・ウィンディング
配給 日本の旗 ヘラルド・エース
公開 フランスの旗 1992年4月15日
日本の旗 1992年10月3日
上映時間 159分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

インドシナ』(Indochine)は、カトリーヌ・ドヌーヴ主演のフランスの映画。1930年代のフランス領インドシナを舞台としたドラマ。

あらすじ[編集]

独立運動の拡大しつつあった旧フランス領インドシナで、ゴム園を経営するフランス人女性ドュブリーは、現地の少女カミーユを養女として育てる。

キャスト[編集]

備考[編集]

  • 作中に、ベトナムの世界遺産に登録されているハロン湾の風景が登場する。
  • 多和田葉子の小説『旅をする裸の目』にて、物語の重要な要素の一つとして描かれている。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]