海を飛ぶ夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海を飛ぶ夢
Mar adentro
監督 アレハンドロ・アメナーバル
脚本 アレハンドロ・アメナーバル
マテオ・ヒル
製作 アレハンドロ・アメナーバル
フェルナンド・ボバイラ
出演者 ハビエル・バルデム
音楽 アレハンドロ・アメナーバル
撮影 ハビエル・アギーレサロベ
編集 アレハンドロ・アメナーバル
配給 日本の旗 東宝東和
公開 スペインの旗 2004年9月3日
日本の旗 2005年4月16日
上映時間 125分
製作国 スペインの旗 スペイン
フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 スペイン語
カタルーニャ語
ガリシア語
製作費 €10,000,000
テンプレートを表示

海を飛ぶ夢』(スペイン語: Mar adentro, 「内なる海」の意)は2004年製作のスペインの映画

25歳の時に頸椎を損傷し、以来30年近くものあいだ全身の不随と闘った実在の人物、ラモン・サンペドロの手記『地獄からの手紙』(西: Cartas desde el Infierno; 1996)をもとに、尊厳死を求めて闘う主人公を描いたドラマ。

ハビエル・バルデムメイクアップも話題になった。

ストーリー[編集]

ノルウェー船の搭乗員として世界中を旅していたラモンだったが、25歳の夏、ある事故で首より下が不随となってしまう。

それ以来、実家で寝たきりの生活となったラモンは、農夫の兄ホセとその妻マヌエラなど家族の献身的な世話に支えられ余生を送っていた。だが事故から26年後、「依存する人生」に絶望したラモンは自らの死を渇望する。尊厳死を望むラモンとその家族・友人の葛藤や、それを取巻く様々な問題を描いたヒューマンドラマ。

尊厳死団体のジュネ、弁護士のフリア、子連れで離婚したロサと出会う。フリアは無料で弁護し住み込みでラモンとコミュニケーションを取り、情報を集める。その過程でラモンとフリアに想いを寄せていく。尊厳死の法廷での闘いの最中、フリアが発作で倒れてしまう。進行性の難病を患っていると診断されたフリアは、自らも尊厳死を迎える決意をし、ラモンとともに誰も犯罪にならずに済むよう死の計画を立てる。この時、ラモンは書き溜めていた詞を出版する計画を立てており、フリアは出版社を捜してアメリカを飛び回っていた。

しかし、出版社が見つかりラモンの自伝が製本された頃、フリアは認知症を発症し、もはやフリアの協力でラモンは死を遂げることができなくなる手紙が届く。そのためラモンに思いを寄せ執拗に付きまとっていたロサの協力の下、遠く離れた郊外で誰の殺人の罪にもならないように綿密に計画した、自殺計画をロサの「手伝い」のもと行うことにする。ビデオカメラをまわし、最後のメッセージを残し、青酸カリを飲み死亡する。フリアは症状が進みながらも、夫と暮らしていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ラモン ハビエル・バルデム 大塚明夫
ジュリア(フリア) ベレン・ルエダ 高島雅羅
ロサ ロラ・ドゥエニャス 紗ゆり
ヘネ クララ・セグラ 唐沢潤
マヌエラ マベル・リベラ 久保田民絵
ホセ セルソ・ブガーリョ 幹本雄之

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]